BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります
2019年2月28日 更新

BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります

BOØWYは1981年に結成されてから1987年の解散までにオリジナルアルバムを6枚残しています。今回はこの6枚のアルバムを少し紐解いて振り返ってみたいと思います。

25,190 view

はじめに

BOØWY(ボウイ)は、日本のロックバンド。1980年代に活躍。1981年結成、1987年解散。

メディアなどで稀に「BOΦWY」などと誤記されることがあるが、正しいグループ名は、3文字目がギリシャ文字の「Φ」(ファイ)ではなく「Ø」(ストローク符号を付したO)である。
Amazon.co.jp | LAST GIGS COMPLETE [DVD] DVD・ブルーレイ - BOΦWY(ボウイ) (2087052)

伝説となっているバンドBOØWYですが、短い活動期間の中で6枚のオリジナルアルバムを残しています。

今回はそのオリジナルアルバムを振り返ってみたいと思います。

1982年 MORAL

『MORAL』は1982年3月にリリースされたBOØWYのファーストアルバムです。

当時は6人編成であり、アルバムジャケットは6人で写ったものになっています。
Amazon | MORAL(K2HD/紙ジャケット仕様) | BOΦWY, MOONLIGHT, 布袋寅泰 | J-POP | 音楽 (2087081)

1. INTRODUCTION
2. IMAGE D0WN
3. SCHOOL OUT
4. ELITE
5. GIVE IT TO ME
6. NO N.Y
7. MASS AGE
8. WATCH YOUR BOY
9. RATS
10. MORAL
11. GUERRILLA
12. ON MY BEAT
13. ENDLESS
布袋寅泰さん曰く、アマチュアのミュージシャンがスタジオで練習しているのをそのまま録ったようなアルバムであり、音楽に関する技術的なことをメンバーが認識出来ていないこともあり、レコーディングは困難を極めたと言われています。

レコーディングを繰り返し、レコード会社へ音源を持ち込むも、理解されずにリリースが決定するまでに時間がかかったそうです。

NO N.Y.

この曲は最初に制作された段階では「NEWYORK NEWYORK」というタイトルだったそうです。

LAST GIGSの2回目のアンコールの最後に歌われた曲であり、BOØWYとして最後に演奏された曲でした。

これぞ当時のバンド少年達にとっての登竜門的な曲ではなかったですか?
私が生まれて初めてバンドで演奏したのが、この「NO N.Y.」でした。演奏しきった時の高揚感は今でも鮮明に覚えています。

一生忘れらない曲です。

NO N.Y

1983年 INSTANT LOVE

『INSTANT LOVE』は1983年9月にリリースされたBOØWYのセカンドアルバムです。

『MORAL』では在籍していたギターの諸星アツシさんとサックスの深沢和明さんが脱退し、4人編成のBOØWYとなった初アルバムでもあります。
Amazon | INSTANT LOVE | BOΦWY | J-POP | 音楽 (2087083)

1. INSTANT LOVE
2. MY HONEY
3. OH! MY JULLY Part 2
4. FUNNY-BOY
5. OH! MY JULLY Part 1
6. TEENAGE EMOTION
7. LONDON GAME
8. SYMPHONIC
9. THIS MOMENT
氷室京介さん曰く、ファーストアルバムが怒りなら、今回は自分達の中にあるシラケ感覚がテーマであり、前作『MORAL』が怒りに斧を振り上げているイメージに対し、今作はドスをチラリと見せる様なシャープなイメージであるとのこと。

このアルバムはストレートなロックンロールをベースに、ファンク、レゲエ、ダブ、プログレなど様々なスパイスが散りばめられている名作でした。

INSTANT LOVE

アルバムタイトルにもなったこの曲のタイトルは、布袋寅泰さんのデモテープの仮タイトルがそのまま採用されたそうです。
当初は「DON'T KEEP OUT」というタイトルで演奏されたこともありました。

1986年頃まではセットリストに残っていた曲で、この曲が最もBOØWYらしいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

6人編成時代から演奏されていた名曲ですね。

レア動画 BOØWY Instant Love インスタントラブ

1985年 BOØWY

『BOØWY』は1985年6月にリリースされたBOØWYのサードアルバムです。

アルバムタイトルは、再出発の意味も込めてバンド名の『BOØWY』がそのまま使われることになった作品です。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ありリンパ 2019/3/7 00:06

    φであってると思う。布袋さんがφがいいと決めたということが真実だから。

    ちゃま 2019/3/2 23:25

    φの件ですが、どこにも属さないという意味で付けたと何かで見たか聞いたような記憶があるのですが、あれは気のせいだったのかな?表記はBOØWYでしたけどね。興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

BOØWYが解散宣言をした1987年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の模様を収めた「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」の発売を記念し、フジテレビTWOとJ:COMにて「BOØWY 35th Anniversary Dec.2017 -THE TV SPECIAL-」が放送されます。
隣人速報 | 17,439 view
夏になったら聴きたくなる!【RCサクセション】の「サマーツアー」

夏になったら聴きたくなる!【RCサクセション】の「サマーツアー」

毎年夏になると聴きたくなる不思議な魅力のあるRCサクセションの「サマーツアー」。RCサクセションの楽曲の中でもノリノリな仕上がりになっていたと思います。夏に向けてさっそく聴き直してみたいと思います!
つきねこ | 361 view
軽快なロックン・ロール!【三原順子】の「だって・フォーリンラブ・突然」を聴き直そう!

軽快なロックン・ロール!【三原順子】の「だって・フォーリンラブ・突然」を聴き直そう!

1982年にリリースされた三原順子さんの「だって・フォーリンラブ・突然」を覚えてますか?軽快なロックン・ロールナンバーで、めちゃくちゃ早い楽曲だった印象があります。さっそく聴き直してみましょう!
つきねこ | 708 view
元BOØWYのメンバー・布袋寅泰、高橋まこと、松井常松が集結!31年ぶりに新曲を制作!!

元BOØWYのメンバー・布袋寅泰、高橋まこと、松井常松が集結!31年ぶりに新曲を制作!!

元BOØWYのメンバーで、現在はソロで活躍する布袋寅泰(57)が、かつてBOØWYでともに活動していた盟友、高橋まこと(65)及び松井常松(58)と31年ぶりにタッグを組むことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,862 view
明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

映画『はいからさんが通る』の主題歌となったこの曲は、聴いているとこちらまで明るくなれました。今回はそんな南野陽子さんのシングル「はいからさんが通る」をしっかり聴き直してみたいと思います!
つきねこ | 579 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト