20周年のギルティギア!アーケード初となる「GUILTY GEAR X -BY YOUR SIDE-」を振り返る
2020年6月14日 更新

20周年のギルティギア!アーケード初となる「GUILTY GEAR X -BY YOUR SIDE-」を振り返る

ゼネラルディレクター、石渡太輔のシリーズ「ギルティギア」。今年で20年を迎え、発表された「ギルティギア ストライヴ」は更なる進化で話題となっています。根強いファンを持つ切っ掛けとなったアーケードでの第一作目「ギルティギア ゼクス」に振り返ります。

276 view

アーケード初となった「GUILTY GEAR X -BY YOUR SIDE-」

Guilty Gear X Opening and All Characters [PS2]

1998年にプレイステーションのみで発売された2D格闘ゲーム「ギルティギア」の続編、「ギルティギア ゼクス」。通称「ゼクス」と呼ばれ、表記は「GGX」。現在では業界の有名人となる石渡太輔のシリーズで、更に新しい感覚を乗せ2000年にアーケードで稼働されました。グラフィック処理が高くアーケードゲームの主流となったNAOMI基板で、2D格闘ゲームとしては鮮明で新しい印象がありました。業界の中心であるカプコンやSNKに肩を並べるほどの人気となり、現在では新作「GUILTY GEAR -STRIVE-」の発表で話題を呼ぶシリーズとなります。
当時は格闘ゲームの衰退期でプレイヤーは離れる一方でしたが、独自のシステム・キャラクター・デザイン・BGMと新たなファンを呼び、現在では続編の「GUILTY GEAR Xrd REV 2」がeスポーツ公認タイトルとされています。

GGXでしか味わうことができない多彩なシステムとスピード感

グラフィックだけではなく、独自のシステムや操作性も斬新です。若干の変化はありますが、多彩であった初代のギルティギアに加え、大きく3つの要素が追加されます。1.ガードをすればする程に高ダメージやカウンターとして受けてしまう「ガードバランス(GB・GG)」。2.テンションゲージを50%消費することにより打撃技をキャンセルしてニュートラル状態にさせる「ロマンキャンセル(RC)」。3.足払いの発生を強制的にFDでキャンセルをし硬直をなくす「フォルトレスディフェンスキャンセル(フォルキャン・FDC)」」。
※3の「フォルトレスディフェンスキャンセル」は公式の仕様ではなく稼働後の前~中期に見つかったバグとされ、キャラの強さや有利・不利の相性などが一気に変わりました。
対戦での流れとしては「ストリートファイター」の様にジリジリと慎重に立ち回るというよりかは、2段ジャンプ・空中ダッシュ・ジャンプキャンセル・ダウン追い打ち・起き攻めなどで撹乱して攻め合うシーンが多いです。よって、画面位置の入れ替わりは多く、スピーディーな攻防が人気に火を付けた理由かと思われます。逆に、正統派な格闘ゲームプレイヤーには邪道とされ、受け付けられないこともありました。

魔法と科学をイメージした近未来の世界

GUILTY GEAR 10th メモリアルブック (enterbrain mook―ARCADIA EXTRA) | アルカディア編集部 |本 | 通販 | Amazon (2180496)

人気の理由はシステムや操作感だけではなく、ゼネラルディレクター石渡太輔のデザインや世界観にもあります。格闘ゲームといったら道着に拳とイメージする方が多いかもしれませんが、ギルティギアは独特で、簡単に表現をすると「SF+ファンタジー+ロックテイスト=ギルティギア」。他にはない特徴のある外見と武器を持つ姿が印象的ではあるものの、未来を意識した造形物や国旗を目にすることもあります。
実際にプレイをせずともストーリーやキャラクターを知り、文庫本やコスプレを主とするファンも多く存在します。

旋律が走るアップテンポなHeavy Rock

サブタイトルやキャラクター・必殺技名から感じ取れる様に、洋楽ロックから由来した名称がいくつもあります。実際のBGMも爽快感のあるハードロック・メタルな曲調で、現在ではサウンドラック以外にもボーカルを乗せたアレンジ版の発売やライブまで行われる人気となります。GGXのアーケード版のみ生演奏ではなく基盤の内蔵音源となりますが、それはそれでゲームのBGMらしい音という声もあります。
公式サイト「ベストオブギルティギアミュージック!」の投票で一位となった曲「Holy Orders (Be just or be dead)」は以降の作品「GUILTY GEAR XX(GGXX)」のものとなりますが、GGXの頃から最もな人気がありました。アーケード版と家庭版がこちらです。

Holy Orders(Be just or be dead)

(アーケード NAOMI基板音源)

初代「ギルティギア」のカイ=キスクのテーマを継ぎ、基盤の音源となってしまいますがイメージを崩さず根強いファンもいます。

Guilty Gear X OST - Holy Orders ~ Be Just Or Be Dead - Ky Kiske's Theme.

(家庭版 生音源)

派手なギター音に戻りゲームのイメージは増し、初代からのプレイヤーは待ちに待った石渡太輔サウンドとなります。

強さでのキャラクターランキング

シリーズにより対戦でのキャラクターの強さや相性は変わりますが、GGXでの順位としては一般に

ミリア>ジョニー>紗夢>ディズィー>ソル>チップ>ヴェノム>ザトー>メイ>ファウスト>梅喧>闇慈>カイ>アクセル>テスタメント>ポチョムキンとされています。

大きなポイントはやはりFDCと起き攻め。ガードバランスの上昇率は高く、現在の様にサイクバーストは存在せず、ダウン追い打ちを受けても受け身を取ることができないためです。アーケード初の作品だけに、驚く様な攻撃レベルや発生・判定も多く見られます。

稼働数は僅かの「GUILTY GEAR X ver1.5」

日本では2003年に新作として「GUILTY GEAR XX」が稼働されましたが、ATOMISWAVE基板を海外へ普及させることを目的に「GUILTY GEAR X ver1.5(GGX1.5)」が発売されました。日本版のデータも入っているため、国内ではごく僅かの店舗のみで稼働されていました。GGXと大きく違う点は、FDCが使用不可、ダウン追い打ちを受けた際に受け身が可能、一部の必殺技がGGXX仕様、ポチョムキンが移動起き上がり可能であることです。分かりやすく表現をしますとGGXとGGXXの中間の様な作品です。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代のゲーセンを席捲していたセガ「アストロシティ」が『アストロシティミニ』になって復活!気になる収録タイトルは?

90年代のゲーセンを席捲していたセガ「アストロシティ」が『アストロシティミニ』になって復活!気になる収録タイトルは?

株式会社セガトイズより、90年代に一世を風靡したゲーム筐体「アストロシティ」を小型化した『アストロシティミニ』が発売されます。気になる収録タイトルも一部公開!
隣人速報 | 6,184 view
豪華なキャストが勢揃い!『Summer Snow』覚えてる?

豪華なキャストが勢揃い!『Summer Snow』覚えてる?

2000年に放送されたドラマ『Summer Snow』を覚えていますか?広末涼子さん、堂本剛さん主演、その他小栗旬さんや今井翼さんなど豪華キャストが勢揃いしていました。そして忘れられない衝撃の最終回。振り返ってみたいと思います!
「イース」の古代祐三も参加!80年代を舞台にしたマルチジャンルゲーム『198X』が任天堂Switchで配信中!!

「イース」の古代祐三も参加!80年代を舞台にしたマルチジャンルゲーム『198X』が任天堂Switchで配信中!!

有限会社ハチノヨンより、80年代のゲームセンターと青春ストーリーを融合させたマルチジャンルゲーム『198X』のNintendo Switch版が現在好評配信中です。
隣人速報 | 1,015 view
「リアル春麗」なムキムキ過ぎる中国人美女が話題に!本業は超意外な職業だった!!

「リアル春麗」なムキムキ過ぎる中国人美女が話題に!本業は超意外な職業だった!!

世界各国で人気の高い格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズ。このたび「リアル春麗」にしか見えないと評判の中国人美女がいると、SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 4,760 view
ミドルエッジ男子必見!あの人気脱衣麻雀「スーパーリアル麻雀」を一挙収録したパッケージが発売!!

ミドルエッジ男子必見!あの人気脱衣麻雀「スーパーリアル麻雀」を一挙収録したパッケージが発売!!

80年代から90年代にかけて、健全なミドルエッジ男子の心を鷲掴みにした人気脱衣麻雀シリーズ「スーパーリアル麻雀」の2作目から7作目までを収録したNintendo Switch用ソフト『スーパーリアル麻雀 LOVE2~7!(らぶに~な)』の発売が決定しました。
隣人速報 | 2,871 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト