世界最高のサッカー選手だったレアルのジダン監督!長男が公式戦デビューでいきなり初ゴール!
2016年12月2日 更新

世界最高のサッカー選手だったレアルのジダン監督!長男が公式戦デビューでいきなり初ゴール!

1998年のワールドカップで開催国フランスを優勝に導いたジネディーヌ・ジダン(44)現レアルマドリード監督。その長男MFエンソ・ジダン(21)が公式戦のデビューで、いきなり初ゴールを挙げる活躍をみせた。

601 view

レアルのジダン監督、長男がデビュー戦で初ゴール!

1998年のワールドカップで開催国フランスを優勝に導いたジネディーヌ・ジダン(44)現レアルマドリード監督。その長男MFエンソ・ジダン(21)が公式戦のデビューで、いきなり初ゴールを挙げる活躍をみせた。
後半18分、公式戦デビュー戦で初ゴールを決めたMFエン...

後半18分、公式戦デビュー戦で初ゴールを決めたMFエンソ・ジダン(右)

11月30日、レアルマドリードはコパ・デル・レイのラウンド32でクルトゥラル・レオネサと対戦。

敵地での1stレグを1-7で勝利していたこと、さらには対戦相手が3部チームであることをふまえ、ジダン監督は若手選手を積極起用した。
そして、長男のエンソ・ジダンは後半開始からMFイスコに代わって入ると、その18分後の63分にペナルティアーク付近で受けたFWマリアーノ・ディアスのパスから右足でグラウンダーのシュートをゴールに流し込んだ。

普段はカスティージャに在籍するエンツォ。
今季はプレシーズンマッチでプレーしたが、トップチームで公式戦に出場するのはこれが初めてのことだった。

Enzo Zidane Fernández vs Cultural Leonesa (Official Debut for Real Madrid) 30.11.2016

長男のゴールについてジダンは「彼の父親としてはとてもうれしい」とコメントする一方、「しかし、私は指導者として彼がピッチ上でどういうプレーをしているのかを見ているし、チーム全員のプレーに満足している」と監督としてのコメントも忘れなかった。

偉大なるサッカー選手だったジネディーヌ・ジダン

1972年6月23日生まれ。フランス・マルセイユ出身。

選手としては1988年から2006年まで攻撃的ミッドフィルダーとして司令塔の役割を務め、柔らかなボールコントロールとイマジネーション溢れるドリブルやパスで多くのサッカーファンを魅了し続けた。

FIFA最優秀選手賞、バロンドール、ゴールデンボール賞などの個人タイトルに加え、所属チームではワールドカップ、欧州選手権、トヨタカップ、チャンピオンズリーグなどの主要タイトルをすべて獲得した。
1996年~2001年はセリエAのユベントスでプレーした

1996年~2001年はセリエAのユベントスでプレーした

【ジダン】伝説的スーパープレイ集!

オススメの特集記事

14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

狙ったボールは逃がさない!守備の達人!フランス代表マケレレ

狙ったボールは逃がさない!守備の達人!フランス代表マケレレ

小柄ながらハードなマークでボールを奪った守備的MFクロード・マケレレ。フランス代表やレアル・マドリード、チェルシーで活躍した。中盤の底のポジションは「マケレレロール(Makélélé Role)」と呼ばれた。
ひで語録 | 2,862 view
悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!

悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!

世界最高の左サイドバックと賞賛されると共に、歴代最高の左サイドバックとも評されたロベルト・カルロス。果敢な攻撃参加によりサイドバックの概念を変えた選手とも言われるが、サッカー始めたのはなんと13歳からだった。
ひで語録 | 4,282 view
「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

スポーツにおいて選手の代名詞となりうる存在の背番号。野球のエースナンバーは「18」番ですが、サッカーは「10」番がエースナンバーとされています。1954年スイス大会の予選初参加から1997年にフランス大会で初出場が決まるまで実に43年の長い年月がかかりました。今回はワールドカップに最も近づいたと言われる1980年代半ばから本大会出場が決まるまで背番号10番をつけた日本のエースの中から数人紹介したいと思います。
pepe | 3,275 view
「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

1998年6月。サッカー日本代表初のワールドカップ出場となるフランス大会直前。エース・カズ(三浦知良)の代表落ちが話題をさらった。スイス「ニヨンの屈辱」とも言われるカズの落選から、成田空港に金髪で現れるまでの空白の足取りを振り返ってみる。
ひで語録 | 7,244 view
「オウンゴールをありがとう」と言われ射殺されたコロンビア代表DF『エスコバルの悲劇』

「オウンゴールをありがとう」と言われ射殺されたコロンビア代表DF『エスコバルの悲劇』

1994年のワールドカップ・アメリカ大会。コロンビア代表DF・エスコバルがオウンゴールを献上してしまい、優勝候補でもあったコロンビア代表の敗退へと繋がってしまいます。その後、帰国したエスコバルが射殺された事件『エスコバルの悲劇』を取り上げます。
ひで語録 | 45,437 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト