アニメ『ガサラキ』二足歩行ロボットが登場!能を取り込んだ和風テイストのSF作品!!
2016年8月30日 更新

アニメ『ガサラキ』二足歩行ロボットが登場!能を取り込んだ和風テイストのSF作品!!

『装甲騎兵ボトムズ』を手がけた高橋良輔が、『蒼き流星SPTレイズナー』以来、13年ぶりに監督を務めたテレビシリーズのロボットアニメです。高橋が手がけるリアルロボットテレビアニメとしては、初めての半年2クールシリーズでした。第1話から最終話まで全て見なければ理解できないSFアニメ作品です。

11,069 view

ガサラキ

アニメ『ガサラキ』

アニメ『ガサラキ』

1998年10月4日から1999年3月28日まで全25話にわたってテレビ大阪発テレビ東京系列で放送されたサンライズ制作のアニメーション作品。
『ボトムズ』の高橋良輔監督が20世紀末の世に問うたリアルロボットアニメ。自衛隊派兵など現実の日本に直結する政治・経済の問題にも深く踏みこんだ意欲作である。みどころは特務自衛隊の直立二足型兵器“タクティカルアーマー(TA)”と古くから伝わる骨嵬(くがい)を結ぶ関係。この2つを関連づけてデザインした出渕裕のメカデザインは、実に見事だ。餓沙羅鬼(がさらき)の謎は主役のユウシロウとミハルを結びつけていき、その行く末も興味をひく。サブタイトルに短歌を採用し、能を舞うと怪現象が起きるなど全体は和風テイスト。これに軍事的なリアル描写が合わさり、兵器としてのロボットに独特の存在感が生まれている。
本作の本質は、主人公・ユウシロウがヒロイン・ミハルと共に自分自身や「ガサラキ(餓沙羅鬼)」と呼ばれる存在の謎にせまる伝奇サスペンスであり、この伝奇としての部分を盛り上げるため、各話冒頭のサブタイトルに和歌を用いたり、ユウシロウがトランス状態に入るために能を舞う(「物依せ」の儀式)など和風の味わいを盛り込んでいる。
豪和一族の中でユウシロウだけが名をカタカナ表記をされていることも重要な伏線となっている。

あらすじ

自衛隊の全面的な協力の元に新型兵器の開発を進める総合企...

自衛隊の全面的な協力の元に新型兵器の開発を進める総合企業「豪和インスツルメンツ」。彼らが開発をしていたのは、古からの伝承を取り入れた二足歩行兵器「タクティカル・アーマー(TA)」だった。

シャーマンの能力を内に持つ、「嵬(かい)」と呼ばれる能...

シャーマンの能力を内に持つ、「嵬(かい)」と呼ばれる能力者「豪和ユウシロウ」は、豪和ファミリーの四男。

民間人でありながら、TA実験中隊に派遣されたユウシロウ...

民間人でありながら、TA実験中隊に派遣されたユウシロウは、嵬としての能力を発揮してTAの開発を前進させる。そして、彼の能力は「ガサラキ」と呼ばれる巨大な力を呼ぶためにも必要とされていた。

もともと嵬の一族であった豪和ファミリーは、能の舞いを通...

もともと嵬の一族であった豪和ファミリーは、能の舞いを通じて「餓沙羅(がさら)の鬼」と呼ばれる現象を呼び起こし、

「骨嵬(くがい)」と呼ばれる鎧の巨人をロボットのように...

「骨嵬(くがい)」と呼ばれる鎧の巨人をロボットのように操ることができる一族だった。中でも嵬の能力者は、唯一「骨嵬」の操縦が行えた者として利用され続けていたのである。

※骨嵬は、ガサラキの降臨によってもたらされたとされる武具もしくは神器 。
その骨嵬を基にして極秘裏に開発されたのがタクティカル・...

その骨嵬を基にして極秘裏に開発されたのがタクティカル・アーマーだったが、何と同じようなサンプルを元に、二足歩行兵器「イシュタル」を開発した謎の企業があった。

ユウシロウと同じ能力を持つ「ミハル」を利用し歴史の影で...

ユウシロウと同じ能力を持つ「ミハル」を利用し歴史の影で暗躍してきた「シンボル」である。

同じ伝承が発端となり、別々の企業で作られた2種類の二足...

同じ伝承が発端となり、別々の企業で作られた2種類の二足歩行兵器。

そして同じ能力を持ち、互いに惹かれあうように出逢ったユ...

そして同じ能力を持ち、互いに惹かれあうように出逢ったユウシロウとミハル。2人は共に行動するうちに自分たちのルーツを知ることとなる。そして世界情勢に暗雲がたちこめ、クーデターの発生やアメリカとの全面対決を経て、ユウシロウとミハル、特務自衛隊の面々は自分たちが日本や世界のために何を成すべきかを知っていく。

このアニメでは、2つの話が併走します。1つめの物語は、ユウシロウとヒロイン・ミハルとが自らの出自と「ガサラキ(餓沙羅鬼)」の謎に翻弄される様子が描かれています。そして2つめは、日本とアメリカの物語で、世界的な政情不安と食料不足の中、アメリカが穀物の輸出停止を宣言した事によりクーデターが起きます。

ユウシロウとミハル、二人が使用するメカニックについて

豪和ユウシロウ

豪和ユウシロウ

表向きは豪和兄弟の四男だが、実際には空知の孫に死亡した憂四郎の記憶を移した存在。民間人ながらタクティカル・アーマーの操縦者として特務自衛隊に出向しており、特自では便宜上「大尉」の肩書きを与えられている。「嵬(かい)」と呼ばれるシャーマンの素質を持つユウシロウは、「餓沙羅(がさら)の舞」を舞うことによって強大な力を呼び出すことができ、そのための実験材料として扱われている。家族にも実験材料としか見なされていないため、感情を押し殺した部分があり、あまり明るい表情を見せない。
ミハルとの出逢いを契機に自分の出生の秘密を知ったユウシロウは、一度は豪和や特自から離れるものの、国際情勢や嵬としての運命から逃れられず度々戦闘の日々に引き戻されてしまった(12話、21話)。平安時代に生きていた前世の自分がそうであったように、戦いの道具として利用されていたユウシロウとミハルだったが、最後には自分の手で未来を選び取り、永く自分たちを苛んできた悲しい運命から脱して、限りある命を精一杯生きようとする。
ユウシロウが使用するTA「壱七式戦術甲冑 雷電(ライデン)」

ユウシロウが使用するTA「壱七式戦術甲冑 雷電(ライデン)」

豪和総研が総力を挙げて開発した新型二足歩行型兵器。ひとつのコンピューターに全システムを制御させるのではなく、腕、足といったパーツごとにコンピューターを搭載させることで複雑な駆動システムの制御に成功した。つまり搭乗者は、その末端のコンピューターを更に統括するマスターコンピューターに指示を与えるだけでいいのだ。その方法は極めて簡略化されており、音声入力システムを採用することで刻々と変化する戦況にフレキシブルに対応できるようになっている。
ただし誰でも扱えるものではなく、100%のポテンシャルを引き出すのはユウシロウのような「嵬(かい)」に操縦させるか、嵬をひとりでも戦場に投入して、その能力を他の操縦者に波及(機能相転移)させるしかない。
もともと「骨嵬(くがい)」と呼ばれるオリジナルの巨大な鎧人形を復元させることが研究の目的だったが、骨嵬から抽出したサンプルが人工筋肉の特性を秘めていたため、タクティカル・アーマーの開発計画がスタート。100%の骨嵬の復元が難しいと判断された現在では、復元計画が一時凍結されタクティカル・アーマーの量産化が進められるようになる。ユウシロウがいるとTAの能力が上がる。

武器:スモークディスチャージャー、アルムブラスト、リフティングウインチ。
そんなユウシロウがある日、「飢沙羅の舞」の実験の途中に謎の少女ミハルと精神接触した事が物語の展開に繋がっていく
ミハル

ミハル

ユウシロウと同じ能力を持つ少女。シンボルではインヴィテイター(嵬)として実験に利用され、戦闘に於いては鈴蘭のマークの入ったイシュタルに搭乗。インヴィテイターとしての卓越した戦闘能力を発揮する。
1話で餓沙羅の舞いを舞っていたユウシロウと精神接触により出逢い、ベギルスタンの石窟教会で初めて生身のユウシロウと再会する。実はユウシロウとミハルは前世でも同じ境遇にあり、やはり嵬として利用される存在だった。淡い想いを抱きながらも悲しい運命に翻弄され、成就させることなく果てた前世を引きずっていたミハルは、現世でもユウシロウと邂逅し、共に惹かれあう存在となる。そして共に行動するうちに深い絆でユウシロウと結ばれた彼女は、ついに24話でシンボルとの決別を決心。父親のように世話をしてくれた評議員のメスに別れを告げ、ユウシロウの元に戻ってきた。
幼い頃からインヴィテイターとして育てられ、実験に利用されてきたため、感情の起伏がほとんどなく、常に険しい表情をしている。芯の強い性格も、悲しい境遇がそうさせてしまったのである。だがメスとの別れの際には、無意識に涙を流し、彼女の変化を体現した。
59 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

iPhone 11が似ているのはボトムズのスコープドッグか?鳥山明の自画像か?

iPhone 11が似ているのはボトムズのスコープドッグか?鳥山明の自画像か?

Appleが発表したiPhoneの最新モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」。発表されるや否や、全世界で注目の的となっています。そんな中、iPhone 11が“とあるアニメ”に出てくるロボットに似ているのでは?と指摘され、SNS上で話題となっています。
隣人速報 | 8,015 view
ダグラム、ボトムズ、ガリアン、レイズナー…アニメ監督・高橋良輔が自身の関わった作品を語りつくす書籍を刊行!

ダグラム、ボトムズ、ガリアン、レイズナー…アニメ監督・高橋良輔が自身の関わった作品を語りつくす書籍を刊行!

80年代のロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」「太陽の牙ダグラム」などの監督として有名な高橋良輔が、書籍「アニメ監督で…いいのかな? ダグラム、ボトムズから読み解くメカとの付き合い方」を刊行することが明らかとなりました。発売予定日は2月9日。
隣人速報 | 2,050 view
サンライズのSFロボットアニメ「勇者王ガオガイガー」がまさかの美少女フィギュアに!!

サンライズのSFロボットアニメ「勇者王ガオガイガー」がまさかの美少女フィギュアに!!

ホビーメーカー株式会社壽屋より、90年代に放送されたサンライズ制作のSFロボットアニメ「勇者王ガオガイガー」の新作プラモデル「クロスフレーム・ガール ガオガイガー」が発売されます。発売予定時期は2019年6月。
隣人速報 | 1,694 view
ガンダム、ボトムズ、レイズナー…サンライズのメカが美少女に!?漫画「サン娘」が連載決定!!

ガンダム、ボトムズ、レイズナー…サンライズのメカが美少女に!?漫画「サン娘」が連載決定!!

サンライズのWeb小説配信サイト「矢立文庫」で連載された「サン娘 ~Girl's Battle Bootlog」の漫画化が決定しました。レイズナー、ザンボット3、ボトムズといった、懐かしのサンライズアニメが新解釈の漫画になって蘇る!
隣人速報 | 11,948 view
アニメ「空想科学世界ガリバーボーイ」左手に宿った力で敵と戦う!味方が敵になったり、闇を抱えたキャラクターなど見所満載!!

アニメ「空想科学世界ガリバーボーイ」左手に宿った力で敵と戦う!味方が敵になったり、闇を抱えたキャラクターなど見所満載!!

アニメ「空想科学世界ガリバーボーイ」は、主人公が父の仇と世界の平和を取り戻すために旅をする冒険アクションアニメでした。独自の世界観、壮大なストーリーが魅力的な作品です。主人公は、旅をしながら敵と戦い成長していきます。
星ゾラ | 18,048 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト