「ラピ~ダ~」名優『西田敏行』実力派歌手としての一面を動画で確認。
2015年9月15日 更新

「ラピ~ダ~」名優『西田敏行』実力派歌手としての一面を動画で確認。

『釣りバカ日誌』や『探偵!ナイトスクープ』でお馴染み西田敏行の知られざる歌手としての一面を動画でチェック。

986 view

名優、西田敏行は歌手としても凄い?

映画『釣りバカ日誌』や数多くの大河ドラマへの出演で日本を代表する俳優として活躍している西田敏行。
しかし、歌手『西田敏行』も劣らぬ実力を発揮しているのです。

今回はそんな歌手『西田敏行』の姿を動画で確認しましょう。

【ラピーダ】(CM動画:タワー篇) - YouTube

「ラピ~ダ~」のワンフレーズだけでも歌のうまさがわかります。

「もしもピアノが弾けたなら」 - YouTube

1981年4月に発売した『もしもピアノが弾けたなら』(『池中玄太80キロ』第2シリーズ挿入歌)が大ヒット。
1981年暮れの『第32回NHK紅白歌合戦』に、西田はこの曲で初出場を果たした。

西田 敏行(もしもピアノが弾けたなら) - YouTube

紅白出場バージョンの「もしもピアノが弾けたらなら」
凄い格好です・・・。
NHK紅白歌合戦において、歌手、司会、審査員、応援の4パターン(ナレーションを含めると5パターン)全てで出演経験があるのは西田敏行のみである。

西田敏行/シャンソン風 『 与作 』 - YouTube

でたらめなフランス語を駆使して「シャンソン風」に歌いあげる。シャンソン風なので、サビの部分は「与作」を「ピエール」に変え、語りかける。
芸達者です!

バトンタッチ/西田敏行 - YouTube

2011年6月22日(水)に発売の西田敏行4年ぶりの新曲「バトンタッチ」は秋元康がプロデュース。
娘を嫁がせる父親の心境を描いたウエディングソングで、役者として数多くの娘を嫁がせ­てきた西田が、1人の父親として歌っているボーカルが心に沁みる仕上がりです。

LIVE福島より西田敏行「あの街に生まれて」 - YouTube

福島県出身の西田敏行が復興の思いを心に込めて歌う感動の一曲。

じっくり聴きたくなったら。

11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

鈴木亮平以外にこんな人も…歴代大河で西郷隆盛を演じた俳優

鈴木亮平以外にこんな人も…歴代大河で西郷隆盛を演じた俳優

2018年から始まる大河ドラマ『西郷どん』で、主人公・西郷隆盛を鈴木亮平が演じるとして話題になっています。では、過去の大河ドラマで彼以外に西郷さん役を演じた俳優には、どのような人がいたのでしょうか?今回、60年代~90年代の大河ドラマから調べてみました。
こじへい | 7,098 view
金田一耕助シリーズの異色作「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年)がTシャツになった!

金田一耕助シリーズの異色作「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年)がTシャツになった!

1979年に東映株式会社が製作した映画『悪魔が来りて笛を吹く』と有限会社ハードコアチョコレートがコラボしたTシャツが発売されている。定価は4,100円(税込)。
西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」をドラマ『池中玄太80キロ』と共に振り返る

西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」をドラマ『池中玄太80キロ』と共に振り返る

西田敏行さんの代表曲であり大ヒット曲でもある「もしもピアノが弾けたなら」は、西田さん自身が主演のドラマ『池中玄太80キロ』の主題歌でした。不器用な男の気持ちを表現した阿久悠さんの素晴らしい歌詞が、主人公の池中玄太のキャラクターにぴったりとマッチしている名曲です。
キヌガサダケ | 6,090 view
その名は鯉太郎!!はまちゃん待望の2世誕生誕生です。釣りバカ日誌4

その名は鯉太郎!!はまちゃん待望の2世誕生誕生です。釣りバカ日誌4

毎回豪華なゲストと話題の女優をマドンナとして迎え、心温まるストーリーで大人気のホームコメディー映画釣りバカ日誌。今回ご紹介する釣りバカ日誌4は尾美としのりと佐野量子、若い二人のラブロマンス、そしてはまちゃん一家には待望の第1子が誕生します。なんともハッピー第4話のお話です。
Kengreen | 2,875 view
焦り、絶望、奮起し、そして成し遂げた前人未到の単独冒険紀行「植村直己物語」

焦り、絶望、奮起し、そして成し遂げた前人未到の単独冒険紀行「植村直己物語」

数々の単独記録を打ち立て、1984年2月13日午前11時、マッキンリー冬期単独登頂に成功したとの交信を最後に消息を絶った植村直己。日本が誇る伝説の冒険家を西田敏行が、命がけで演じ切りました。迫真の演技を御覧下さい。
Kengreen | 3,173 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト