オカルト雑誌『ムー』なぜあんなに夢中で読んでいたのか
2015年12月2日 更新

オカルト雑誌『ムー』なぜあんなに夢中で読んでいたのか

今もちょっと気になる雑誌『ムー』。あの頃信じてワクワクしながら読んだものだ。

4,976 view

スーパーミステリーマガジン「ムー」

そう これです!

そう これです!

変わらぬ感じ。
キャッチコピーは「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」。主な内容はUFOや異星人、超能力、UMA、怪奇現象、超古代文明やオーパーツ、超科学、陰謀論などのオカルト全般である。全般的にオカルトに肯定的な記述がされている。
創刊号(1979年11月号)からNo.13(1981年11月号)までは隔月刊だった。またそのNo.13より、本のサイズが創刊号からのA4サイズから現行のB5サイズに変更されている。初期の一年間はアニメや小説、芸能ネタも掲載されており、総合誌的な雑誌であった。[1]
同誌発刊後、トワイライトゾーンやマヤなどいくつか類似の雑誌も刊行されたが、長続きせず休刊に追い込まれており、このジャンルでは2013年現在唯一発刊され続けている最長寿のオカルト雑誌である。自然現象や遺跡などを掲載していることもあるためか、書店ではしばしば 「自然科学」 の書棚に配架されている。
当初は興味本位の非科学的な記述が目立った。鼻行類(本誌では事実のように記事が掲載されたが、生物学者による意図的なジョーク)やオクロの天然原子炉(本誌では人工物のように取り上げられた)など、意図的なゴシップも多い。近年は科学的に説明しようとする方向性に変遷しようとしているが、エセ科学との批判も多い。
キャッチコピーがあったとは知らなかった(^_^;)

確か私は中学生だった気がする

この雑誌学校の図書館にもありました。

普段は読書はしない私でしたが、友人と連れ立って図書館に行ったもの。

本やでもついつい手に取ってしまう雑誌ムー。

なぜあんなに興奮したのだろう?
この頃は1999年ノストラダムス大予言とかが流行っていたり、真剣にこのことについて悩み悩み・・・泣いたりもした。

宇宙人やミステリーサークル。世界の様々なミステリーものも流行っていた。
ミステリーサークル

ミステリーサークル

ニュースでもミステリーサークルは持ちきりだった。

そして・・・・まさか何年後かに繋がるなんて

鮮明に覚えている記事

鮮明に覚えている記事

みんなで集まりこのページを見たことを今でも鮮明に覚えている・・・
その昔、雑誌ムーと言えば、麻原彰晃さんが空中浮揚などと称して無理やり飛び跳ねていた写真をのせていますた。

これを見て、すごい!超能力だ!などと驚愕し、オウムに入ってしまったイタいけな若者も多かったと聞いています。
有名大学卒の幹部などはそういう連中だったのでしょう。
今や単なる殺人犯として、堀の中にいますが。
結局のところ、そういう人は感覚が育ってなかったのでしょう。

この写真、誰がどう見たって無理やり飛んでるようにしか見えないではないですか。
ワタスだって、毎日恐怖におびえてピョンピョン飛びはねています。
おかげで最近かなりの跳躍力になりますた。
これぐらいの高さならワタスなら朝ごはんを食べながら飛べます。
梅干し食べてすっぱーいぐらいでこんぐらいは飛べるのですた。
金玉浮遊力をなめてはいけません。

そして今もなお発売されています 雑誌ムー

学研 ムー HPより

学研 ムー HPより

ムーの滅亡予報

近年の主な滅亡予報
1985年に人類が滅亡することを予報(エホバの証人による寄稿)
1995年に人類が滅亡することを予報(麻原彰晃による寄稿)
1997年に人類が滅亡することを予報(麻原彰晃による寄稿)
1999年に人類が滅亡することを予報(五島勉らノストラダムス学者らによる寄稿)
2000年に人類が滅亡することを予報(麻原彰晃、エドガー・ケイシーらによる寄稿)
2001年に人類が滅亡することを予報(福永法源らによる寄稿)
2003年に人類が滅亡することを予報(麻原彰晃らによる寄稿)
2012年に人類が滅亡することを予報(古代マヤ文明研究共同チームによる寄稿)
2015年04月20日に人類が滅亡することを予報(アンサイクロペディアンの総意)
きっと又本屋で見かけたら、たぶん開いてみると思います(笑)
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 李小龍 2019/1/27 23:53

    『Don't thinking,Don't anger,& feel...,&Fire&Fire&Fire...

                  Enter the D R A G O N ! 』

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

この夏は胸元に「ミステリーサークル」が描かれたTシャツはいかが?月刊ムー×ハードコアチョコレート!

この夏は胸元に「ミステリーサークル」が描かれたTシャツはいかが?月刊ムー×ハードコアチョコレート!

有限会社ハードコアチョコレートは、月刊ムーとコラボレーションしたデザインアパレル商品「ミステリーサークル」のTシャツを発売しました。
〝謎〟一筋40年! 我らが「ムー」を記念して〝創刊40周年記念ムー展〟が開催!

〝謎〟一筋40年! 我らが「ムー」を記念して〝創刊40周年記念ムー展〟が開催!

2018年10月12日から池袋パルコで〝創刊40周年記念ムー展〟が開催される。1979年から謎と不思議をオカルトを追いかけ続けて40周年。1年早いのはご愛嬌!
ニュースFレン | 1,756 view
オカルト雑誌・ムーが創刊37周年!10月に史上初の「ムーフェス」を開催!「ムー検定」も実施!

オカルト雑誌・ムーが創刊37周年!10月に史上初の「ムーフェス」を開催!「ムー検定」も実施!

10月8日(土)、ムー2016年11月号で、「ムー」は創刊37周年を迎える。これを祝して史上初の「ムーフェス」が開催されることになった。「ムー」は1981年に月刊化され、人気を博した。読者は「ムー民」と呼ばれている。
科学誌「ニュートン」がオカルト雑誌「月刊ムー」に「どこまで信じて書いているんですか?」とTwitterで質問!ブロック覚悟のやり取りにハラハラ!

科学誌「ニュートン」がオカルト雑誌「月刊ムー」に「どこまで信じて書いているんですか?」とTwitterで質問!ブロック覚悟のやり取りにハラハラ!

科学誌「ニュートン」とオカルト雑誌「月刊ムー」。相反する二誌がついに交わりました。Twitterでの緊張のツイートをお伝えします!
昭和時代にやった占い。花占い、あきすとぜねこ。そして忘れられない占い師。

昭和時代にやった占い。花占い、あきすとぜねこ。そして忘れられない占い師。

今では「当たるも八卦当たらぬも八卦」と思えるようになった占いですが、昔は信じきって心がアップダウンしてました。昭和時代は、どんな占いを信じていたのかなあと思い、よくやっていた占いを振り返ってみました。そして、大人気だった雑誌やテレビでも話題になった、「こんなんでましたけど」の占い師も思いだしましたので書いてみました。
らびっこ | 226 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト