オメガと言えば「ジャック・マイヨール」イルカと人間との共存を訴えた彼の晩年とは…
2015年12月1日 更新

オメガと言えば「ジャック・マイヨール」イルカと人間との共存を訴えた彼の晩年とは…

親日家で、千葉の館山に別荘を持っていたジャック・マイヨール氏。時計のオメガや映画グランブルーで知った方も多いだろう。海に愛されたジャック・マイヨール氏の晩年とは…

8,844 view

ジャック・マイヨール

ジャック・マイヨールは、(Jacques Mayol ...

ジャック・マイヨールは、(Jacques Mayol 1927年4月1日- 2001年12月23日)は、 上海生まれのフランスのフリーダイバー、そしてイルカの友、イルカに導かれた男。

4歳の時、母親に初めて水とのつき合い方を教わる。10歳の時に、佐賀県唐津市の七つ釜ではじめてイルカと出会い、その後の生活の原点となる。12歳で一家でフランス・マルセイユに移住。17歳で父の設計事務所で働きながらバカロレアを取得。高校を出ると北極圏でイヌイットと暮らすなど、以後コペンハーゲンを起点に旅を繰り返す。
佐賀県唐津市の唐津湾

佐賀県唐津市の唐津湾

フリーダイビング

22歳の時、ヴィブケ・ボージュ・ワズショルドと間に長女ドッティをもうける。正式な結婚は後の25歳の時、コペンハーゲンにて執り行われた。その後水夫としてカナダ・アルバータ州、アメリカ・マイアミに移住。その間、レポーター、ジャーナリストとして働き、長男ジャン・ジャックが誕生する。 フロリダではフランス語系新聞の手伝いやラジオ番組のリポーターを務めながら、マイアミ水族館で働く。そこで1957年にイルカの調教を担当したことから水中での泳ぎ方などを体得。
その後水族館をやめてカイコス諸島に移住し、素潜りによる伊勢エビ漁を島民に教える。その頃になると周りの勧めでフリーダイビングに挑戦するようになり、1966年にハバナにて60メートルを記録したのを皮切りにエンゾ・マイオルカと共に記録合戦を繰り広げた。1973年、イタリアに居を移し、10余りの潜水実験に参加。それにより数十メートルの深度でフリーダイビング中のマイヨールの脈拍が毎分26回になっていることや赤血球が著しく増加していることが、スキューバで潜った医師によって測定されたこともある。1976年11月23日、エルバ島にて人類史上初めて素潜りで100メートルを超える記録をつくる。この時49歳であった。

ジャック・マイヨールの記録

1966年 : 60 m
1976年 : 100 m
1983年 : 105 m(55歳にて)
http://france33.up.seesaa.net/image/mayol0.jpg (131808)

http://france33.up.n.seesaa.net/france33/image/mayol2-thumbnail2.jpg?d=a27 (131809)

マイヨールといえばオメガ

http://www.gressive.jp/adv/110901-omega/image/01_01_05_l.jpg (131811)

多くのプロダイバーに愛されてきたシーマスターだが、中でも有名なのが、フランス人ダイバーであるジャック・マイヨールとの関係だろう。彼は「シーマスター120m」を愛用し、様々な記録をこの時計と共に打ち立てている。さらにコラボレーションモデルとして、分間の時間経過を示す赤いシグナルを持つ「シーマスター アプネア マイヨール」も発売し、海との蜜月関係を示した。
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51BIqA1s5VL._SY300_.jpg (131813)

映画「グラン・ブルー」

『グラン・ブルー』(Le Grand Bleu)は、1...

『グラン・ブルー』(Le Grand Bleu)は、1988年に公開されたフランスとイタリアの合作映画。監督はリュック・ベッソン。

フリーダイビングの世界記録に挑む2人のダイバーの友情と軋轢、そして海に生きる男を愛してしまった女性の心の葛藤を描く海洋ロマン。
10代からダイビングに親しんできたベッソン監督が、長年の夢だった“イルカに魅せられた潜水夫の物語”を、実在の天才ダイバー、ジャック・マイヨールの協力を得て映画化。撮影は1987年6月から約9ヵ月に渡り、フランス、ニューヨーク、パリなどで行われた。
公開後、ハイティーンの若者達の絶大な支持を集め、映画館前は長蛇の列。上映前と終わりには、割れんばかりの拍手が映画館を埋めるような狂騒となった。フランス国内の観客動員数は1000万人、パリでは187週連続上映という記録を打ちたてた。彼らは「Grand Bleu Generation」と呼ばれ、社会現象にまでなった。
1983年、母親の葬儀に参列するためにマルセイユに行った折にリュック・ベッソンと出会う。1988年、自伝をもとにした映画「グラン・ブルー」が同監督により製作され、世界中の人にその存在を知られる。

映画『グラン・ブルー 完全版 -デジタル・レストア・バージョン-』予告編 - YouTube

『グラン・ブノレー』制作日誌 (1988年) ── リュック・ベッソン他 - YouTube

ダイビングの第一線から引退、そして…

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

デビュー40周年突入!沢田聖子のラジオ公開収録&ライブに密着

デビュー40周年突入!沢田聖子のラジオ公開収録&ライブに密着

1979年に『イルカの妹』としてデビュー、以降シンガーソングライターとして多くの歌を世に送り出してきた沢田聖子。 デビュー40周年目に突入した彼女が9/2にラジオ公開収録&ライブを開催。今も圧倒的なパワーでファンを魅了する沢田聖子と活動をレポート
【週刊 20世紀Walker】Vol.12 「聖子」「明菜」もいいけれど覚えてますか?B級アイドル達の一瞬の輝きを!!アナログレコードの世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.12 「聖子」「明菜」もいいけれど覚えてますか?B級アイドル達の一瞬の輝きを!!アナログレコードの世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
デビュー45周年のイルカ、小田和正と「言葉にできない」をデュエット!「なごり雪」を南こうせつ、伊勢正三とセッション!!

デビュー45周年のイルカ、小田和正と「言葉にできない」をデュエット!「なごり雪」を南こうせつ、伊勢正三とセッション!!

デビュー45周年の歌手・イルカと放送開始から25年を迎えたニッポン放送「イルカのミュージックハーモニー」が、それを記念して東京国際フォーラムでコンサートを開催。小田和正とオフコースの楽曲「言葉にできない」をデュエットした。
red | 1,071 view
伊勢正三がデビュー45周年!自身初のオールタイムベスト盤をリリース!かぐや姫、風、ソロでの名曲が4枚組CDに!

伊勢正三がデビュー45周年!自身初のオールタイムベスト盤をリリース!かぐや姫、風、ソロでの名曲が4枚組CDに!

伊勢正三がデビュー45周年を記念して『ISE SHOZO ALL TIME BEST~Then & Now~』を発売した。往年の名曲以外にも、現在進行形の"伊勢正三"を聴いてもらいたいという新曲やREMIX、アーカイブ&最新LIVE音源などが収録されている。
シチリア・地中海が色濃い映画グラン・ブルー。ラストの台詞が儚かった!

シチリア・地中海が色濃い映画グラン・ブルー。ラストの台詞が儚かった!

シチリア・地中海を舞台にした映画「グラン・ブルー」。ラストの台詞や主人公ジャックとイルカのシーンも印象深い本作。このグラン・ブルーには多くのバージョンが存在していた。カルトムービーとして日本でも人気を博したグラン・ブルーを特集する。
ひで語録 | 33,450 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト