【歌謡曲】年末年始に聴きたい!題名に "雪" のつく歌謡曲7選
2022年12月21日 更新

【歌謡曲】年末年始に聴きたい!題名に "雪" のつく歌謡曲7選

冬本番の年末年始は、"雪" にまつわる曲が恋しくなる頃。冬の季節を歌った曲は多くあるものの、題名に "雪" が含まれる曲はさほど多くはないようです。今回は、1970〜1990年代のヒット曲の中から、題名に "雪" のつく人気歌謡曲を7曲ご紹介します。

360 view

なごり雪 / イルカ

リリース:1975年11月5日

作詞:伊勢正三
作曲:伊勢正三
編曲:松任谷正隆


『なごり雪』は、イルカの3枚目のシングルで、元々は、かぐや姫のアルバム『三階建の詩』の収録曲として、伊勢正三が作詞・作曲した楽曲です。本曲は、高校時代に寮住まいだった伊勢が、週末に実家に帰って寮に戻る際、ホームでの別れが辛かったエピソードが基になっています。伊勢の故郷にある津久見駅では、列車の到着の際、本曲のメロディが流れます。

イルカは当初、夫・神部和夫とともにシュリークスのメンバーとして活動していましたが、解散後にソロデビュー本曲の大ヒットでブレイクを果たしました。オリコンシングルチャートでは、最高位4位(年間11位)を記録しています。

なごり雪 / 伊勢正三・イルカ・南こうせつ

雪にかいたLOVE LETTER / 菊池桃子

リリース:1984年11月1日

作詞:秋元康
作曲:林哲司
編曲:林哲司


『雪にかいたLOVE LETTER』は、菊池桃子の3枚目のシングルで、初めて「ザ・ベストテン」にランクインした曲です。オリコンシングルチャートで最高位3位を記録し、彼女の楽曲の中では、『卒業-GRADUATION-』に次ぐ2番目のセールスを記録しています。

作詞・作曲は、デビュー曲の『青春のいじわる』から5枚目の『BOYのテーマ』まで、秋元康&林哲司のコンビが手がけました。曲の最後の「あなただけに〜」の後に入る「メリークリスマス」のささやきが印象的です。

雪にかいたLOVE LETTER / 菊池桃子

雪國 / 吉幾三

リリース:1986年2月25日

作詞:吉幾三
作曲:吉幾三
編曲:京建輔


『雪國』は、吉幾三の12枚目のシングルで、本格的な演歌歌手として新たな路線を切り開いた楽曲です。それまでの吉幾三は、『俺ら東京さ行ぐだ』『俺はぜったい!プレスリー』などのコミックソングが主流でしたが、本曲で演歌路線に転向。その試みは見事成功し、オリコンシングルチャートで1位、年間3位の大ヒットとなりました。作詞・作曲は吉幾三本人で、プロデュースは千昌夫です。

1988年には『酒よ』も大ヒットし、『雪國』と並ぶ彼の代表曲となっています。

雪國 / 吉幾三

雪の帰り道 / 渡辺美奈代

リリース:1986年10月15日

作詞:秋元康
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利


『雪の帰り道』は、渡辺美奈代の2枚目のシングルで、デビューから2曲続けて、オリコンシングルチャートでナンバーワンを獲得しました。当時はおニャン子クラブ全盛期で、おニャン子本体、ユニット、ソロにかかわらず、リリースする曲すべてがヒットする時代でした。

デビュー曲の『瞳に約束』は、アイドルらしいかわいらしさを前面に出した曲でしたが、本曲は哀愁を帯び、少しだけ大人になった彼女を感じさせてくれる曲です。次曲の『TOO ADULT』で再び元の路線に戻りました。

雪の帰り道 / 渡辺美奈代

雪椿 / 小林幸子

リリース:1987年6月25日

作詞:星野哲郎
作曲:遠藤実
編曲:斉藤恒夫


『雪椿』は、小林幸子の43枚目のシングルで、個人事務所を立ち上げてからリリースした最初の楽曲です。

小林は、星野哲郎に作詞を依頼した際、星野から故郷の話を教えてほしいと言われ、生まれ故郷の新潟の話をしたといいます。雪椿(ユキツバキ)は、新潟県の県木で、本曲は正に故郷のことを歌った曲です。紅白歌合戦ではこれまで三度披露され、特に1988年は紅組トリ、2004年は大トリを務めました。

『おもいで酒』『もしかしてPARTII』などと並ぶ、彼女の代表曲の一つです。

雪椿 / 小林幸子

雪のクリスマス / DREAMS COME TRUE

リリース:1990年11月21日

作詞:吉田美和
作曲:吉田美和、中村正人
編曲:中村正人


『雪のクリスマス』は、DREAMS COME TRUEの8枚目のシングルで、1990年のクリスマスシーズンにリリースされた楽曲です。オリコンシングルチャートでは、最高位5位を記録しています。カップリングも、『VERY MERRY CHRISTMAS (サンタと天使が笑う夜) 』というクリスマスソングです。

本曲は長年、DREAMS COME TRUE自身のアルバムには収録されていませんでしたが、2016年にリリースした裏ベストアルバムで初めてボーカルを再録音したバージョンが収録されました。

雪のクリスマス / DREAMS COME TRUE

悲しみは雪のように / 浜田省吾

リリース:1992年2月1日

作詞:浜田省吾
作曲:浜田省吾
編曲:星勝


『悲しみは雪のように』は、元々は、浜田省吾が1981年にリリースした14枚目のシングルでした。テレビドラマ『愛という名のもとに』の主題歌として起用され、1992年、23枚目のシングルとして再リリースされます。オリコンシングルチャートでは通算10週間ナンバーワン、1992年の年間チャートで2位に輝きました。

本曲の歌詞は、浜田の母親が意識不明の重体になった時に、悲しみに打ちひしがれ、優しい気持ちになれたエピソードが基になっています。アレンジは、アメリカのシンガーソングライター、ジュード・コールの楽曲(恐らく『Time For Letting Go』)が参考にされました。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【歌謡曲】冬の訪れとともに聴きたい!題名に "冬" のつく歌謡曲7選

【歌謡曲】冬の訪れとともに聴きたい!題名に "冬" のつく歌謡曲7選

師走を迎え、クリスマスや年末が近づく頃、冬を歌った曲が恋しくなります。季語や詞の内容から冬とわかる曲は多くあるものの、題名に "冬" がつく曲はさほど多くはないようです。今回は、1970〜1990年代のヒット曲の中から、題名に "冬" のつく人気歌謡曲を7曲ご紹介します。
izaiza347 | 377 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
【歌謡曲】春の訪れとともに聴きたい!題名に "春" のつく歌謡曲7選

【歌謡曲】春の訪れとともに聴きたい!題名に "春" のつく歌謡曲7選

冬が明けると、毎年のように別れと出会いの季節がやってきます。そんな心が揺れ動く季節に恋しくなるのが「春」を歌った曲。今回は、1970〜1990年代のヒット曲にフォーカスし、春の季節や風物詩を歌った楽曲の中から、題名に "春" のつく人気歌謡曲を7曲ご紹介します。
izaiza347 | 479 view
1曲100円の時代が懐かしい!昔のカラオケあるあるを集めてみました!

1曲100円の時代が懐かしい!昔のカラオケあるあるを集めてみました!

今では1人でも気軽に行けるカラオケ。思い返してみると昔のカラオケは今とはちょっと違いましたよね。昔のカラオケあるあるをまとめてみました。
saiko | 1,056 view
早すぎる死から27年…テレサ・テンのシングルレコードを集めた30枚組『アナログ・シングルBOX』が発売決定!!

早すぎる死から27年…テレサ・テンのシングルレコードを集めた30枚組『アナログ・シングルBOX』が発売決定!!

ユニバーサルミュージックより、歌手のテレサ・テン(1995年に42歳で死去)が遺したアナログシングル30枚をボックス化した『アナログ・シングルBOX』の発売が決定しました。
隣人速報 | 271 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト