もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』は80年代で最も売れた曲だった!
2017年11月7日 更新

もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』は80年代で最も売れた曲だった!

1980年4月にリリースされた、もんた&ブラザーズのデビュー曲にして彼らの最大のヒット曲『ダンシング・オールナイト』。80年代オリコンシングル売り上げランキング1位の名曲にまつわるエピソードと、ハスキーボイスで有名なもんたよしのりの活動履歴を紹介。

19,553 view

1980年代で最も売れたシングル『ダンシング・オールナイト』

『ダンシング・オールナイト』もんた&ブラザーズ

『ダンシング・オールナイト』もんた&ブラザーズ

作詞:水谷啓二
作曲:もんたよしのり
1980年4月21日発売。

ソロ歌手としては思うようなヒットを出せなかったもんたよしのりが、レコード会社と再起をかけてとの思いで結成した5人組バンド・もんた&ブラザーズのデビュー曲。
発売当初は話題にならなかったが、同年5月最終週付のオリコンシングルチャートで19位に登場し、その後翌週には一気に4位まで浮上。
その翌週には同チャートで1位を獲得し、そこから10週連続で1位を独占した。
TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』でも通算7週1位を獲得。

年末には第11回日本歌謡大賞で放送音楽特別賞、次いで第13回全日本有線放送大賞で大賞を獲得。
第22回日本レコード大賞でも金賞を受賞するなどの賞レースで数々の賞を獲得した。

1980年代(集計期間:1979年12月~1989年11月)
オリコンシングル売り上げランキング1位。
累計売上は200万枚。

【動画】もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』

もんた&ブラザーズ ダンシングオールナイト

1980年 もんたよしのり(29歳)
小柄な体型と整った顔立ちからは想像できないパワフルな歌唱で、聴く人の度肝を抜いた。

ダンシング・オールナイト/もんたよしのり(92年OA) - YouTube

もんたよしのり 本名:門田 頼命(かどた よしのり)

1951年1月8日生まれ
兵庫県神戸市東灘区出身
1968年 高校を中退し、本格的に音楽活動を開始。
1970年 全日本フォークジャンボリーに中川イサトらと共に「インスタンツ」として出演。
1971年 上京し、シングル「この足の鎖ひきちぎりたい」でソロ歌手としてデビュー。
1979年 東京での活動に限界を感じ実家の神戸へ戻るも、音楽活動をあきらめきれず作曲活動を続ける。
1980年 自身最後のチャンスとの決意で「もんた&ブラザーズ」として再デビューし、「ダンシング・オールナイト」をリリース。

もんたの個性的なハスキーボイスは危険な賭けの産物だった

もんたよしのりは、元々は綺麗で女性のような声だったという。
しかし、ヒットが出ず悩んで悩んで危険であることを承知で賭けに出る。

特徴的な声で目立つことを意図して声を潰そうと、布団に口を押し当てて3日間叫び続けた。

そして、喉を潰し独特のしわがれたハスキーボイスが生まれたのだった。

苦労に苦労を重ねて生み出した『ダンシング・オールナイト』

もんたよしのりは、この時、歌手活動9年目。
スタートはR&Bグループで“神戸のジェームス・ブラウン”と呼ばれていたが、歌手として今後生きていくためにどうしてもメジャーシーンでのヒットが欲しかった。

そこで作曲に専念するため2年間充電。
100曲を超す作品の中から選んでシングルカットした曲がこの『ダンシング・オールナイト』だった。

レコーディング当日の朝には、ヒットを祈念し水浴びをして臨んだという。

「もんたよしのりは一発屋だ」と言われるが…。

『ダンシング・オールナイト』の大ヒットが強烈すぎるため、一発屋の代表とも言われることがある。

しかし、次作「赤いアンブレラ」や後の「デザイアー」もオリコンチャートでTOP10入り、累計売上も20万枚以上のヒットを記録している。

赤いアンブレラ - YouTube

DESIRE もんた&ブラザーズ - YouTube

1983年、もんたが西城秀樹に提供した『ギャラドゥ』が大ヒット

1983年 作詞・作曲を手がけた「ギャランドゥ」が西城秀樹のシングルとしてリリースされ、西城は6年連続となる第25回日本レコード大賞金賞を受賞、さらに第34回NHK紅白歌合戦でも歌唱した。

タイトルは、「gal un do」や「gal and do」という意味であると所属事務所側がコメントしていたが、この曲を作詞したもんたよしのりによると、デタラメ英語であると語っている。

西城秀樹--ギャランドゥ

さすがヒデキ。ダンスもキレッキレ!
歌い方・踊り・振付け・表情。
全てが一体となって曲の持つ華やかさを完全に引き出している。

もんたよしのり--ギャランドゥ

「ギャランドゥ」の作詞・作曲を手がけたもんたよしのり自身が歌った貴重な動画。
強烈な個性を持つもんたが歌った「ギャランドゥ」と比較しても、ヒデキの「ギャランドゥ」は打ち消されることなく独自の存在感を放っている。
こうなると他のもんたソングも歌ってもらいたくなる…。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • MetalHead 2020/11/20 23:56

    このB面曲の「Journey」がまた隠れた名曲なんだよなぁ…。むしろ、ヒットしたA面曲より好きなくらい♪

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?

”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?

1980年10月5日 日本武道館で「幸せになります。」とマイクを置き引退した"山口百恵"さん、1970年代を鮮やかに彩り駆けぬけていった昭和の歌姫の引退にアイドル界はざわめきたちました。 空いた"百恵"ちゃんの座を狙い次々と新人アイドルがデビュー、80年代はアイドル黄金期となります。 そんな中で、「雰囲気が似ている」「百恵ちゃんを意識している」など、"ポスト百恵"と期待されたアイドル達のその後を追ってみました。
いろは | 25,103 view
血のつながらない兄妹と彼女の三角関係!?「みゆき」を振り返ろう!

血のつながらない兄妹と彼女の三角関係!?「みゆき」を振り返ろう!

あだち充さん原作でアニメ化、実写化もされた「みゆき」。ここでは原作漫画について振り返ってみましょう。
saiko | 562 view
1980年に行われた『第22回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

1980年に行われた『第22回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

紅白歌合戦と共に行われている年末の風物詩でもある「日本レコード大賞」。レコード大賞を受賞した楽曲の売上が大きく伸びると言われた時代もありました。時代を表すレコード大賞を主な受賞作と共に振り返ってみましょう!
もこ | 1,307 view
長嶋監督退任、野村克也引退…80年のプロ野球を特集した『よみがえる1980年代のプロ野球 Part.6』が発売中!

長嶋監督退任、野村克也引退…80年のプロ野球を特集した『よみがえる1980年代のプロ野球 Part.6』が発売中!

ベースボール・マガジン社より、80年代のプロ野球を特集した書籍「よみがえる1980年代のプロ野球」の第6弾『よみがえる1980年代のプロ野球 Part.6 [1980年編] (週刊ベースボール別冊青嵐号) 』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 818 view
キャバレーメトロで白いドレスが似合うのは「準子」だけ。星由里子主演「ぬかるみの女」を覚えていますか?

キャバレーメトロで白いドレスが似合うのは「準子」だけ。星由里子主演「ぬかるみの女」を覚えていますか?

戦後の高度成長期、水商売という「ぬかるみ」に身を沈めざるを得なかった女性たちを中心に、偏見から立身し、正業とし登りつめていく姿をドロドロした人間関係と女のド根性を描いた昼ドラ作品「ぬかるみの女」。
かわうそ | 583 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト