もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』は80年代で最も売れた曲だった!
2017年11月7日 更新

もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』は80年代で最も売れた曲だった!

1980年4月にリリースされた、もんた&ブラザーズのデビュー曲にして彼らの最大のヒット曲『ダンシング・オールナイト』。80年代オリコンシングル売り上げランキング1位の名曲にまつわるエピソードと、ハスキーボイスで有名なもんたよしのりの活動履歴を紹介。

16,463 view

1980年代で最も売れたシングル『ダンシング・オールナイト』

『ダンシング・オールナイト』もんた&ブラザーズ

『ダンシング・オールナイト』もんた&ブラザーズ

作詞:水谷啓二
作曲:もんたよしのり
1980年4月21日発売。

ソロ歌手としては思うようなヒットを出せなかったもんたよしのりが、レコード会社と再起をかけてとの思いで結成した5人組バンド・もんた&ブラザーズのデビュー曲。
発売当初は話題にならなかったが、同年5月最終週付のオリコンシングルチャートで19位に登場し、その後翌週には一気に4位まで浮上。
その翌週には同チャートで1位を獲得し、そこから10週連続で1位を独占した。
TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』でも通算7週1位を獲得。

年末には第11回日本歌謡大賞で放送音楽特別賞、次いで第13回全日本有線放送大賞で大賞を獲得。
第22回日本レコード大賞でも金賞を受賞するなどの賞レースで数々の賞を獲得した。

1980年代(集計期間:1979年12月~1989年11月)
オリコンシングル売り上げランキング1位。
累計売上は200万枚。

【動画】もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』

もんた&ブラザーズ ダンシングオールナイト

1980年 もんたよしのり(29歳)
小柄な体型と整った顔立ちからは想像できないパワフルな歌唱で、聴く人の度肝を抜いた。

ダンシング・オールナイト/もんたよしのり(92年OA) - YouTube

もんたよしのり 本名:門田 頼命(かどた よしのり)

1951年1月8日生まれ
兵庫県神戸市東灘区出身
1968年 高校を中退し、本格的に音楽活動を開始。
1970年 全日本フォークジャンボリーに中川イサトらと共に「インスタンツ」として出演。
1971年 上京し、シングル「この足の鎖ひきちぎりたい」でソロ歌手としてデビュー。
1979年 東京での活動に限界を感じ実家の神戸へ戻るも、音楽活動をあきらめきれず作曲活動を続ける。
1980年 自身最後のチャンスとの決意で「もんた&ブラザーズ」として再デビューし、「ダンシング・オールナイト」をリリース。

もんたの個性的なハスキーボイスは危険な賭けの産物だった

もんたよしのりは、元々は綺麗で女性のような声だったという。
しかし、ヒットが出ず悩んで悩んで危険であることを承知で賭けに出る。

特徴的な声で目立つことを意図して声を潰そうと、布団に口を押し当てて3日間叫び続けた。

そして、喉を潰し独特のしわがれたハスキーボイスが生まれたのだった。

苦労に苦労を重ねて生み出した『ダンシング・オールナイト』

もんたよしのりは、この時、歌手活動9年目。
スタートはR&Bグループで“神戸のジェームス・ブラウン”と呼ばれていたが、歌手として今後生きていくためにどうしてもメジャーシーンでのヒットが欲しかった。

そこで作曲に専念するため2年間充電。
100曲を超す作品の中から選んでシングルカットした曲がこの『ダンシング・オールナイト』だった。

レコーディング当日の朝には、ヒットを祈念し水浴びをして臨んだという。

「もんたよしのりは一発屋だ」と言われるが…。

『ダンシング・オールナイト』の大ヒットが強烈すぎるため、一発屋の代表とも言われることがある。

しかし、次作「赤いアンブレラ」や後の「デザイアー」もオリコンチャートでTOP10入り、累計売上も20万枚以上のヒットを記録している。

赤いアンブレラ - YouTube

DESIRE もんた&ブラザーズ - YouTube

1983年、もんたが西城秀樹に提供した『ギャラドゥ』が大ヒット

1983年 作詞・作曲を手がけた「ギャランドゥ」が西城秀樹のシングルとしてリリースされ、西城は6年連続となる第25回日本レコード大賞金賞を受賞、さらに第34回NHK紅白歌合戦でも歌唱した。

タイトルは、「gal un do」や「gal and do」という意味であると所属事務所側がコメントしていたが、この曲を作詞したもんたよしのりによると、デタラメ英語であると語っている。

西城秀樹--ギャランドゥ

さすがヒデキ。ダンスもキレッキレ!
歌い方・踊り・振付け・表情。
全てが一体となって曲の持つ華やかさを完全に引き出している。

もんたよしのり--ギャランドゥ

「ギャランドゥ」の作詞・作曲を手がけたもんたよしのり自身が歌った貴重な動画。
強烈な個性を持つもんたが歌った「ギャランドゥ」と比較しても、ヒデキの「ギャランドゥ」は打ち消されることなく独自の存在感を放っている。
こうなると他のもんたソングも歌ってもらいたくなる…。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

まわり道でも・・・君に会えたらいいね【松山千春】の「人生の空から」を聴き直す

まわり道でも・・・君に会えたらいいね【松山千春】の「人生の空から」を聴き直す

名曲揃いの松山千春さんの楽曲ですが、今回はその中から「人生の空から」(たびのそらから)をピックアップしてみました。短い曲ですが、大変心に沁みる名曲なので、是非最後まで読んでみてくださいね(^^)/
つきねこ | 299 view
寺尾聰の都会的なセンスが光る名曲「SHADOW CITY」タイアップCMにはF1レーサーニキ・ラウダが出演!

寺尾聰の都会的なセンスが光る名曲「SHADOW CITY」タイアップCMにはF1レーサーニキ・ラウダが出演!

俳優としても有名であり、「ルビーの指環」で歌手としても有名な寺尾聰さん。この記事ではそんな寺尾聰さんの隠れた名曲である「SHADOW CITY」について振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 1,787 view
この夏、機動戦士ガンダム「ガンプラ」と「一番くじ」がコラボ!全6等級24種の中から必ずいずれかが当たる!!

この夏、機動戦士ガンダム「ガンプラ」と「一番くじ」がコラボ!全6等級24種の中から必ずいずれかが当たる!!

機動戦士ガンダムシリーズの大人気プラモデル「ガンプラ」と、ハズレなしのキャラクターくじで話題の「一番くじ」が、『一番くじコラボ 機動戦士ガンダム ガンプラ』として2018年8月22日(水)より順次発売されます。
【わたしを弘前城の桜祭りに連れてって】1980年の国鉄で東京から弘前まで行ってみたら。

【わたしを弘前城の桜祭りに連れてって】1980年の国鉄で東京から弘前まで行ってみたら。

全国的にも非常に有名な、青森県弘前市の弘前城の桜。北国であるため、大都市圏で桜が完全に咲き終わった後に再び桜を楽しめるところとして貴重な観光地です。そこに、1980年の時刻表で行ったらどんな旅になるのでしょうか。
「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」の歌手 鹿取洋子さんは、実業家として活躍中

「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」の歌手 鹿取洋子さんは、実業家として活躍中

松田聖子や田原俊彦と同じ1980年に「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」で歌手デビューした鹿取洋子。モデル並に長身でスタイリッシュな彼女は、他のアイドルとは一線を画した都会的なイメージでした。歌手から女優活動、そして現在は、実業家として活躍している鹿取洋子さんについて。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト