【1984年洋楽】アイ・ライク・ショパン!里見八犬伝!「日本」でヒットした洋楽トップ5
2023年5月1日 更新

【1984年洋楽】アイ・ライク・ショパン!里見八犬伝!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1984年の日本" のにフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。

898 view

1984年のオリコンから選出

邦楽も含めたオリコン総合シングルチャートを対象に、1984年の年間トップ100にランクインした洋楽の中から5曲を選出します。トップ100内で5曲に満たない場合は、全米ヒットチャートの中から、日本で人気になったと思われる曲を別途選出し、ちょうど洋楽5選としています。

今回は、人気映画の主題歌や、原曲とカバーの両方がヒットした当時の大ブーム曲が登場します。

アイ・ライク・ショパン / ガゼボ

『アイ・ライク・ショパン』は、イタリアのアーティスト、ガゼボの代表作で、当時ヨーロッパを中心に大ブレイクした世界的ヒット曲です。ヨーロッパでは、イタリア、西ドイツ、スイス、オーストリア、スペイン、フィンランドでナンバーワンを獲得。日本のオリコンシングルチャートでも年間66位、オリコン洋楽シングルチャートで13週連続ナンバーワンと大ヒットしました。

日本では、本曲のカバーも人気になり、小林麻美『雨音はショパンの調べ』というタイトルでオリコンナンバーワン(年間12位)を獲得しています。日本語詞は、友人の松任谷由実が手がけました。原曲とカバーがいずれも大ヒットした、珍しいケースと言えるでしょう。

I Like Chopin (Single Edit) (Single Edit)

ファー・フロム・オーヴァー / フランク・スタローン

『ファー・フロム・オーヴァー』は、シルヴェスター・スタローン監督、ジョン・トラボルタ主演の映画『ステイン・アライブ』の挿入歌です。歌は、シルヴェスター・スタローンの弟・フランク・スタローンで、彼にとっては(2023年現在)唯一のヒット曲です。アメリカでは最高位10位、年間93位ながら、日本のオリコンシングルチャートでは年間75位と健闘しています。

映画のサウンドトラックからは、ビー・ジーズの新曲『ウーマン・イン・ユー』や『よりそう二人』などもシングルカットされましたが、最大のヒット曲は本曲です。

Far from over-Frank Stallone - Travolta's film -Stayingalive

里見八犬伝 / ジョン・オバニオン

『里見八犬伝』は、薬師丸ひろ子と真田広之が主演する角川映画『里見八犬伝』の主題歌で、原題は『I Don't Want This Night To End』です。映画とともに本曲もヒットし、オリコンシングルチャートでは年間77位を記録しています。

ジョン・オバニオンは、本国アメリカでは大きなヒットに恵まれなかったものの、日本では大いに人気になりました。『里見八犬伝』の前年に催された第11回東京音楽祭では、『君だけのバラード』でグランプリを受賞しています。

その後は、音楽だけでなく俳優として映画にも出演。しかし、2007年、ニューオーリンズをツアー中に車にひかれ、その外傷で60歳を目前に亡くなっています。

John O'Banion - 里見八犬伝

セイ・セイ・セイ / ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン

『セイ・セイ・セイ』は、前作『ガール・イズ・マイン』に続く、ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンのデュエット曲で、全米6週連続ナンバーワン(年間3位)、日本のオリコンシングルチャートで年間81位を記録しました。

『ガール・イズ・マイン』のリリースは1982年、『セイ・セイ・セイ』のリリースは1983年ですが、実は先にレコーディングしたのは『セイ・セイ・セイ』の方です。本曲でポールは、複数の楽器(パーカッション、シンセサイザー、ギターなど)を演奏。また、ポールとのコラボでマイケルは「アーティストとしての自信を深めた」と述べています。

ミュージックビデオでは、"奇跡の薬" を売る詐欺師コンビを演じ、ポールの当時の妻リンダ・マッカートニーと、マイケルの姉ラトーヤ・ジャクソンがカメオ出演を果たしました。

Say Say Say

フットルース / ケニー・ロギンス

ケヴィン・ベーコン主演の映画『フットルース』は、当時、映画以上にサウンドトラックが注目を集め話題になりました。本曲はケニー・ロギンスが歌った映画の主題歌で、全米3週連続ナンバーワン(年間4位)の大ヒットを記録しています。サウンドトラックからは他に、デニース・ウィリアムスの『レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ』が2週連続ナンバーワン(年間13位)、アン・ウィルソン&マイク・レノの『パラダイス~愛のテーマ』が最高位7位(年間59位)など、続々とヒット曲が誕生しました。

また、日本では、ボニー・タイラーの『ホールディング・アウト・フォー・ア・ヒーロー』の日本語カバーが、ドラマ『スクール・ウォーズ』の主題歌(歌:麻倉未稀)としてヒット。同様に、ムーヴィング・ピクチャーズの『ネヴァー』の日本語カバーが、ドラマ『不良少女とよばれて』の主題歌(歌:MIE)として人気になりました。

因みに、本曲『フットルース』は、オリコンシングルチャートで年間94位を記録。後年、ケニー・ロギンスは、映画『トップガン』の主題歌『デンジャー・ゾーン』もヒットさせています。

Kenny Loggins - Footloose (Official Video)

17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?第2弾!

【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?第2弾!

日本のポピュラー音楽は、時代とともに多様化し、今日までに様々なジャンルが誕生しました。その一因とも言えるのが、洋楽の日本語カバー。今回は、1980年代のカバー曲ブームにフォーカスして、当時ヒットした洋楽カバーと、その元となった楽曲を8選ご紹介します。2022年の記事に続く第2弾です。
izaiza347 | 799 view
【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

アメリカのビルボード誌は、毎年の年間チャートに加え、10年ごとに「◯◯年代の10年間チャート」を発表しています。今回は、1980年代(1980年〜1989年)の10年間シングルチャートから上位10曲をご紹介します。アメリカで最もヒットした洋楽を10位からカウントダウンで見てみましょう。
izaiza347 | 579 view
【1980年洋楽】ついにノーランズ登場!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1980年洋楽】ついにノーランズ登場!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1980年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 550 view
懐かしの洋楽クリスマスソング

懐かしの洋楽クリスマスソング

1970年代から2000年頃に聞いた懐かしい洋楽クリスマスソング。アーティストや名曲や定番曲にまつわる隠されたエピソードをご紹介!
【80年代洋楽】カッコいい!シブい!男同士の超豪華デュエット5選

【80年代洋楽】カッコいい!シブい!男同士の超豪華デュエット5選

デュエットの名曲が多かった1980年代。男女のデュエットがメインだったものの、それに勝るとも劣らない男同士のデュエットもありました。しかも、その顔ぶれが超豪華!アーティストも曲もカッコいい!シブい!現代では決してお目にかかれない、超豪華デュエット5選をご紹介します。
izaiza347 | 404 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト