トヨエツ人気を決定付けた重要な初期の4作品『12人の優しい日本人』『NIGHT HEAD』『愛していると言ってくれ』『青い鳥』
2015年9月15日 更新

トヨエツ人気を決定付けた重要な初期の4作品『12人の優しい日本人』『NIGHT HEAD』『愛していると言ってくれ』『青い鳥』

多様な役を演じきれる貴重な俳優の豊川悦司さんの魅力を振り返る。ブレイクのきっかけとなったカルト作「ナイトヘッド」、人気を決定付けた「愛していると言ってくれ」と「青い鳥」を振り返ります。

29,599 view

豊川悦司(とよかわ えつし)

豊川悦司(とよかわ えつし)

豊川悦司(とよかわ えつし)

豊川 悦司(とよかわ えつし、1962年3月18日 - )は、日本の俳優。大阪府八尾市出身。所属事務所はアルファエージェンシー。愛称はトヨエツ。血液型はO型。身長186cm、体重79kg。以前は1959年生と公表していた。
八尾市立志紀中学校、大阪府立清水谷高等学校を経て、関西学院大学文学部中退。大学在学中は演劇部に所属。演劇集団 円の研究生を経て、渡辺えり子主宰の「劇団3○○」に入団する。
1992年、テレビドラマ『NIGHT HEAD』に武田真治と共に主演し、注目を浴びる。20代女性を中心にブレイクし、その後もフェロモン俳優として数々の作品に主演する。現在まで映画・テレビドラマを中心に第一線で活動している。
(出典:Wikipedia)

トヨエツ人気を決定付けた重要な初期の4作品

12人の優しい日本人(1991年) - 陪審員11号

12人の優しい日本人(1991年)

12人の優しい日本人(1991年)

『12人の優しい日本人』(じゅうににんのやさしいにほんじん)は、三谷幸喜が東京サンシャインボーイズのために脚本を書き下ろした舞台劇、およびそれを原作とした1991年制作の日本映画。
(出典:Wikipedia)
陪審員11号:豊川悦司

陪審員11号:豊川悦司

年齢不詳の役者男。 最初は議論に全く参加しなかったが、中盤で「自分は弁護士」だと言って積極的に参加し始める。
12人の優しい日本人(1991年)のあらすじ

12人の優しい日本人(1991年)のあらすじ

ある陪審審理のために、素性も考えも裁判への意気込みも全く異なる、12人の一般市民が陪審員として会議室に集められた。
http://plaza.jp.rakuten-static.com/img/user/26/51/4402651/38.jpg (462394)

評決は全員一致が原則である中、最初の決で12人全員が『無罪』に挙手。呆気なく審議終了・解散となりかけたところ、陪審員2号が「話し合いがしたいんです」と言って意見を『有罪』へと翻す。いざ話し合いが始まってみると、意見があやふやな人・やる気の乏しい人・他者に流される人・意固地な人・・・。議論するたび、有罪無罪の決をとるたびに各自の考えは二転三転。
http://buta-neko.net/img/movie/12/PDVD_122.jpg (462395)

こんな状況で、『良くも悪くも日本人らしい12人』がある男性の死をめぐって事件か事故か、有罪か無罪かで激論を交わす。
(出典:Wikipedia)

NIGHT HEAD(1992年、フジテレビ) - 霧原直人

NIGHT HEAD(ナイトヘッド)

NIGHT HEAD(ナイトヘッド)

『NIGHT HEAD』(ナイトヘッド)は、1992年10月8日から1993年3月18日までフジテレビ系で全21話が深夜に放送されたSF特撮テレビドラマ。超能力をもつ兄弟の過酷な運命を描き、カルト的な人気を得た。後に映画、小説、漫画、テレビゲームも製作される。

山奥のある研究所に隔離されていた霧原兄弟がそこを飛び出すところから物語は始まる。ストーリーは霧原兄弟を中心に動いていき、二人に対して過酷な運命が次々と襲いかかってくることとなる。最初から最後まで見ると納得できる骨太な構成となっており、超能力用語も多用されている。超古代文明や精神世界などの要素などもストーリーに組み込まれている。
(出典:Wikipedia)
カルト的な人気作。超能力を持った兄弟の悲劇。物語の進行...

カルト的な人気作。超能力を持った兄弟の悲劇。物語の進行とともに兄弟が持つ運命的な役割と意味を理解し始める。正しい力の使い方が分かるようになってくる。

妖しい魅力の豊川悦司さんと武田真治さんが一気に注目を受ける出世作。
霧原直人:豊川悦司

霧原直人:豊川悦司

直也の兄で、サイコキネシスの能力を持つ超能力者。精神の力で周囲の器物を破壊する程大きな能力を持っているが、コントロールが困難で、感情的になると怒りの大きさに比例して、無意識の内に周囲の物体や人を傷つけてしまう。
霧原直也:武田真治

霧原直也:武田真治

相手の心を読み取るリーディングの超能力を持つ少年。直人からは5つ年下の弟にあたる。直人と同じく能力のコントロールが難しく、特に他人に少しでも触れてしまうと強制的に相手の考えが見えてしまう。しかも、嫉妬や殺意や醜い欲望といった、時には本人ですら気づいていないようなマイナスの意識がより強調されて直也の頭に雪崩れ込んでくる性質があり、その度に大きなショックを受け昏倒してしまう。その為、常に他人との接触を避けながら生活せざるを得ず、兄の直人以上に「普通の生活」に強く憧れている。
『NIGHT HEAD』(ナイトヘッド)のあらすじ

『NIGHT HEAD』(ナイトヘッド)のあらすじ

「NIGHT HEAD」(ナイト・ヘッド)……それは、人間が使用していないとされている脳の容量である70パーセントの部分を指す言葉である。人間が持つ不思議な「力」は、この70パーセントの部分に秘められていると言われる。
http://i.ytimg.com/vi/YDBC6Nhz1eI/hqdefault.jpg (462402)

サイコキネシスなど攻撃的な超能力を持つ霧原直人、リーディングなどの超能力を持つ霧原直也の兄弟は、15年前の幼い頃から両親と離れ、人里離れた山の中にある御厨研究所に隔離されていた。研究所は絶大な超能力をもつ岬老人によって結界が張られており、霧原兄弟は脱走しようとしても跳ね返されるばかりであった。
http://rubese.net/twisoq/img/4ac5317f53afda6c7227a2357b890908.jpg (462403)

ある日、研究所に張られていた結界が無くなり、兄弟は研究所を脱走することに成功する。しかし彼らの持つ超能力は、外の世界にあふれていた「マイナスのエネルギー」を引き寄せることとなる。二人に降りかかる事件の数々。そんな二人を導くかのように現れる謎の少女、双海翔子。「変革」とは何なのか。そして「ミサキ」とは。
出典 rubese.net
https://i.ytimg.com/vi/NVeXgZtWMc4/mqdefault.jpg (462404)

豊川悦司さんは、脇役でも存在感を発揮し、主役でありながらモテ役も悪役も情けない役もこなせる貴重な俳優の1人だと思います。得体の知れない役、カルトな魅力が必要な役、誠実な男、どのような役も演じきる。上記の2作で豊川悦司という役者としてのウォーミングアップが出来上がった。
「この世の果て」「この愛に生きて」というドラマで主人公を悩ます敵役として登場して、さらに全国的な知名度の向上、人気向上のきっかけとなります。そして決定的な人気の獲得は以下の2作の主人公を演じることによって。
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ドラマ最終回シリーズ!】愛していると言ってくれ【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】愛していると言ってくれ【ネタバレしてます】

「あのドラマの最終回が気になる」そんなアナタの期待にお答えしちゃう【ドラマ最終回シリーズ!】 5月6日はドリカムのボーカル・吉田美和の50歳の誕生日でした。そんなドリカムの名曲「LOVE LOVE LOVE」が主題歌だった泣ける名作をネタバレしちゃいますー。
ななこ撫子 | 70,217 view
ショーケンじゃなくてトヨエツ版「傷だらけの天使」!東北が舞台のロードムービー

ショーケンじゃなくてトヨエツ版「傷だらけの天使」!東北が舞台のロードムービー

ケチな探偵コンビが繰り広げる義理と人情の旅を、コミカルに描いたロードムービー。ショーケンこと萩原健一が出演したテレビドラマ「傷だらけの天使」をもとに、阪本順治監督が映画化。出演は豊川悦司、真木蔵人、菅原文太、原田知世など。
ひで語録 | 3,125 view
クラウン誕生60周年!トヨタが代官山でレストアイベント!いつかはクラウンの名文句が懐かしい!

クラウン誕生60周年!トヨタが代官山でレストアイベント!いつかはクラウンの名文句が懐かしい!

トヨタ自動車はクラウンの誕生60周年を記念し、高級車「クラウン」の初代から7代目までのレストア(復元)車両52台が集まるイベント「CROWN JAPAN FESTA in 代官山」を開催した。イベントには豊川悦司氏やデーブ・スペクター氏も出演した。
実は写真集を多数発表!女優「矢田亜希子」の過去をセクシーな画像で振り返る。

実は写真集を多数発表!女優「矢田亜希子」の過去をセクシーな画像で振り返る。

ミドルエッジ世代には、女優「矢田亜希子」というイメージが強いのではないでしょうか。もちろんグラドルみたいなことをしていたこともないはずです。しかし!そんな彼女は多数写真集を出しておりました!芸能界屈指の美人のセクシー画像を振り返ってみましょう!
豊川悦司と山崎努の壮絶な「温泉卓球」でブームを起こしたサッポロ黒ラベルのCM

豊川悦司と山崎努の壮絶な「温泉卓球」でブームを起こしたサッポロ黒ラベルのCM

サッポロ黒ラベルのCMで豊川悦司と山崎努が壮絶な温泉卓球を繰り広げた。ハイスピードカメラによる斬新な映像によって全業種CM中の好感度第1位を獲得し、社会現象化して卓球ブームの立役者となった。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト