【稲垣潤一】デュエット曲数日本一!歌姫との豪華デュエットが聴き応えあり過ぎ!
2016年9月8日 更新

【稲垣潤一】デュエット曲数日本一!歌姫との豪華デュエットが聴き応えあり過ぎ!

音楽業界屈指の歌姫たちの魅力が出るように、上手くひき立てながらメロディとハモの歌唱や音量を調節する稲垣潤一に拍手を送りたくなります。ぜひ一度お聴きください♪

7,204 view
稲垣 潤一(いながき じゅんいち)

稲垣 潤一(いながき じゅんいち)

歌手、ミュージシャン。
1953年7月9日生まれ。血液型はO型。身長173cm。
宮城県仙台市宮城野区出身。

中学時代から本格的なバンド活動を始める。高校卒業後、ライブハウス、ディスコ、米軍キャンプなど様々な場所でライブ活動。ドラムを叩きながらのボーカルというスタイルで注目を浴びる。1982年「雨のリグレット」でデビュー。

「ドラマティック・レイン」(1982年)や「夏のクラクション」(1983年)「クリスマスキャロルの頃には」(1992年)他、数々のヒット曲で日本を代表するAORシンガーとしての地位を確立。
コンサート回数も現在では2000本を超えている。

1983年 日本レコード大賞 ベストアルバム賞(「SHYLIGHTS」)
1986年 日本レコード大賞 ベストアルバム賞(「REALISTIC」)
1987年 日本作曲大賞 大賞受賞(「思い出のビーチクラブ」)
1993年 日本ゴールドディスク大賞(「クリスマスキャロルの頃には」)
2009年 日本レコード大賞 企画賞受賞(「男と女」「男と女2」)
2011年 第1回東北グッドエイジャー賞 受賞

“デュエットの帝王”と呼ばれる稲垣潤一

J-POPの女性シンガーが歌った名曲の数々をデュエット仕様にリニューアル・カバーして、歌姫たちと共演したアルバム「男と女」シリーズがヒットしたことから、稲垣潤一は「デュエットの帝王」と呼ばれるように。
これまでに「男と女」シリーズを4作リリースしており、デュエット曲数“44曲”の日本記録を持っている。

このアルバムを含む「男と女」シリーズにより、稲垣潤一とユニバーサルが2009年日本レコード大賞企画賞を受賞した。
12人の女性アーティストとのデュエットによるカバー・ア...

12人の女性アーティストとのデュエットによるカバー・アルバム『男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-』(2008年11月19日発売)

(1) Hello, my friend / duet with 高橋洋子
 オリジナルは松任谷由実(1994年)
(2) 悲しみがとまらない / duet with 小柳ゆき
 オリジナルは杏里(1983年)
(3) あなたに逢いたくて~Missing You~ / duet with 松浦亜弥
 オリジナルは松田聖子(1996年)
(4) PIECE OF MY WISH / duet with 辛島美登里
 オリジナルは今井美樹(1991年)
(5) セカンド・ラブ / duet with YU-KI from TRF
 オリジナルは中森明菜(1982年)
(6) サイレント・イヴ / duet with 大貫妙子
 オリジナルは辛島美登里(1990年)
(7) あの日にかえりたい / duet with 露崎春女
 オリジナルは荒井由実(1975年)
(8) 人生の扉 / duet with 白鳥英美子 & 白鳥マイカ
 オリジナルは竹内まりや(2007年)
(9) 木綿のハンカチーフ / duet with 太田裕美
 オリジナルは太田裕美(1975年)
(10) 秋の気配 / duet with 山本潤子
 オリジナルはオフコース(1977年)
(11) ドラマティック・レイン / duet with 中森明菜
 オリジナルは稲垣潤一(1982年)

稲垣潤一 & 小柳ゆき - 悲しみがとまらない - YouTube

『男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-』の先行シングルとして「稲垣潤一 & 小柳ゆき」名義で「悲しみがとまらない」が2008年11月5日にリリースされている。

この曲は本当に素晴らしい出来で、聴けば聴くほどはまる!!

稲垣潤一WITH 松浦亜弥 - あなたに逢いたくて - YouTube

『男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-』収録曲。(この曲は稲垣本人が国外の仕事が入り、松浦亜弥と別の日に収録)
松浦亜弥の歌唱力の驚く!個別ダウンロード販売においてこの曲の売り上げが好調であったことから、後にシングル発売もないのに異例のPV収録をし、『バラードベスト』に収録している。
デュエット・カバー・アルバム第2弾『男と女2』(200...

デュエット・カバー・アルバム第2弾『男と女2』(2009年10月28日発売)

(1) 雨 / duet with 森高千里
 オリジナル:森高千里(1990年)
(2) 悲しみは雪のように / duet with 中村あゆみ
 オリジナル:浜田省吾(1992年)
(3) 世界中の誰よりきっと / duet with 寺田恵子
 オリジナル:中山美穂&WANDS(1992年)
(4) 真夏の夜の夢 / duet with 岡本真夜
 オリジナル:松任谷由実(1993年)
(5) 夢の途中 / duet with 沢田知可子
 オリジナル:来生たかお(1981年)
(6) けんかをやめて / duet with 小林明子
 オリジナル:河合奈保子(1982年)、竹内まりや(1987年)
(7) YES-NO / duet with 藤田恵美
 オリジナル:オフコース(1980年)
(8) フレンズ / duet with 遊佐未森
 オリジナル:レベッカ(1985年)
(9) PRIDE / duet with 大橋純子
 オリジナル:今井美樹(1996年)
(10) 恋におちて - Fall in love - / duet with 尾崎亜美
 オリジナル:小林明子(1985年)
(11) クリスマスキャロルの頃には / duet with 広瀬香美
 オリジナル:稲垣潤一(1992年)

稲垣潤一& 広瀬香美 / クリスマスキャロルの頃には - YouTube

“冬の女王”広瀬香美と“冬の帝王”稲垣潤一が「クリスマスキャロルの頃には」をデュエット。
『男と女2』収録曲。
デュエット・カバー・アルバム第3弾『男と女3』(201...

デュエット・カバー・アルバム第3弾『男と女3』(2010年9月29日発売)

(1) 愛が止まらない / duet with 相川七瀬
 オリジナル:Wink(1988年)
(2) 浪漫飛行 / duet with NOKKO
 オリジナル:米米CLUB(1990年)
(3) 異邦人 / duet with 荻野目洋子
 オリジナル:久保田早紀(1979年)
(4) TOMORROW / duet with 玉城千春 from Kiroro
 オリジナル:岡本真夜(1995年)
(5) 恋心 / duet with 杏子
 オリジナル:相川七瀬(1996年)
(6) シルエット・ロマンス / duet with 川嶋あい
 オリジナル:大橋純子(1981年)
(7) 笑顔の行方 / duet with 水樹奈々
 オリジナル:DREAMS COME TRUE(1990年)
(8) あなたに会えてよかった / duet with 島谷ひとみ
 オリジナル:小泉今日子(1991年)
(9) また君に恋してる / duet with 藤本美貴
 オリジナル:ビリー・バンバン(2007年)
(10) 埠頭を渡る風 / duet with EPO
 オリジナル:松任谷由実(1978年)
(11) 夢をあきらめないで / duet with 小比類巻かほる
 オリジナル:岡村孝子(1987年)
(12) オリビアを聴きながら / duet with ヘイリー
 オリジナル:杏里(1978年)
デュエット・カバー・アルバム第4弾『男と女4』(201...

デュエット・カバー・アルバム第4弾『男と女4』(2013年10月23日発売)

(1) スローモーション / duet with 夏川りみ
 オリジナル:中森明菜(1982年)
(2) Mr.サマータイム / duet with 辛島美登里
 オリジナル:サーカス(1978年)
(3) SEPTEMBER / duet with EPO
 オリジナル:竹内まりや(1979年)
(4) グッド・バイ・マイ・ラブ / duet with 鈴木聖美
 オリジナル:アン・ルイス(1974年)
(5) フィーリング / duet with 大貫妙子
 オリジナル:ハイ・ファイ・セット(1977年)
(6) 唇よ熱く君を語れ / duet with 高橋洋子
 オリジナル:渡辺真知子(1980年)
(7) ロックンロール・ウィンドウ / duet with 山下久美子
 オリジナル:山口百恵(1980年)
(8) ノーサイド / duet with 戸田恵子
 オリジナル:麗美/松任谷由実(1984年)
(9) 天使のウインク / duet with 藤田恵美
 オリジナル:松田聖子(1985年)
(10) 1ダースの言い訳 / duet with 伊集院幸希
 オリジナル:稲垣潤一(1992年)

『 スローモーション 』  稲垣潤一 Duet with 夏川りみ - YouTube

稲垣潤一 - グッド・バイ・マイ・ラブ Duet with 鈴木聖美 - YouTube

『男と女4』収録曲。

さらなる高みを目指す“デュエットの帝王”

稲垣潤一&辛島美登里 - 思い出す度 愛おしくなる - YouTube

本作は、『男と女』でも競演をはたした辛島美登里とデュエットしたオリジナルシングル。
曲想は、自身のヒット曲「クリスマスキャロルの頃には」を彷彿とさせる秋元康、三井誠­­コンビによる書き下ろし。
3作目の『男と女3』で、デュエット曲数の日本記録(28...

3作目の『男と女3』で、デュエット曲数の日本記録(28曲)を持っていた石原裕次郎を抜き、日本新記録を樹立した稲垣潤一。 既に44曲まで更新したが、「世界には100曲以上デュエットしているウイリー・ネルソンがいますから。まだまだ」と謙遜。その上で「僕も5枚目、6枚目と(カバーアルバムを)出して、これからもギネスを目指してデュエットしていきたいね」と話した。

“デュエットの帝王”稲垣潤一は今後も大いに活躍してくれそうだ。
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80年代歌手】デビューが3回もある歌手・辛島美登里の本当の才能は自身の歌だけではなかった?!

【80年代歌手】デビューが3回もある歌手・辛島美登里の本当の才能は自身の歌だけではなかった?!

80年代後半に歌手デビューした辛島美登里。実は3回もデビュー記録があるって知っていましたか?クリスマスソングとして有名な「サイレント・イヴ」だけじゃない辛島美登里の世界にどっぷりハマってみましょう!
はんまのまま | 2,425 view
ジョニー・デップとの2人の子供も!歌手として女優として活躍する ヴァネッサ・パラディ

ジョニー・デップとの2人の子供も!歌手として女優として活躍する ヴァネッサ・パラディ

歌手として、女優として活躍するヴァネッサ・パラディさん。プライベートでは俳優のジョニー・デップとの交際も。音楽活動は継続的に続いているようです。
gogo-one | 2,406 view
デビュー50周年を迎えてもなお色褪せない魅力を誇る歌手『森山良子』

デビュー50周年を迎えてもなお色褪せない魅力を誇る歌手『森山良子』

1967年に『この広い野原いっぱい』でデビューしてから現在に至るまで、コンスタントに活躍を続ける歌手「森山良子」さん。その活躍は女優など多岐にわたり、また息子の森山直太朗さんも同じ音楽のジャンルで活躍するなど話題が途切れることがありません。
gogo-one | 2,695 view
今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

日本のバブル真っ只中の1988年にシンガーソングライターとしてデビューを飾った遊佐未森さん。50歳を超えた現在でもコンスタントに活躍される彼女についてまとめました。
gogo-one | 8,827 view
多くのアーティストに影響を与えるカリスマロック・ミュージシャン『佐野元春』

多くのアーティストに影響を与えるカリスマロック・ミュージシャン『佐野元春』

1980年のデビューから現在に至るまで活躍を続けるロック・ミュージシャン『佐野元春』。後の邦楽アーティストに多大な影響を与えた彼についてまとめました。
gogo-one | 7,722 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト