1985年結成から30年!ヴィジュアル系の元祖的存在「BUCK-TICK」!!
2016年6月3日 更新

1985年結成から30年!ヴィジュアル系の元祖的存在「BUCK-TICK」!!

80年代を起源とする日本のビジュアル系バンドのなかでもBUCK-TICKは元祖とされてきましたね。Xとともに昔よく聴いていたバンド。30年間、メンバー不変というのは凄い!!そんなBUCK-TICKを名曲とともにまとめます。

10,427 view

BUCK-TICK

BUCK-TICK

BUCK-TICK

櫻井敦司(1966年3月7日):ボーカル・作詞。
今井寿(1965年10月21日):ギター・コーラス・作詞・作曲。
星野英彦(1966年6月16日):ギター・キーボード・コーラス・作曲。
樋口豊(1967年1月24日):ベース。
ヤガミトール(1962年8月19日):ドラムス。

[BUCK-TICK] TABOO - YouTube

Climax Together 1992 [Version 2003]

Buck-Tick 悪の華(live) - YouTube

BUCK-TICK JUST ONE MORE KISS DIQ2002 - YouTube

BUCK-TICKの方向性

デビュー以来不変のメンバー

デビュー以来不変のメンバー

元々は1984年にヤガミ以外のメンバーと前任のボーカリストで結成された非難GO-GOがバンドの前身。1985年に現メンバーでBUCK-TICKを結成。1987年にメジャーデビュー。
デビュー以来、正規メンバーの変更は一切行われていない。デビュー当時は独特なスタイリングを筆頭とした独特の存在感でバンド・ブームに沸くシーンにインパクトを与えた。
1989年にリリースされた3枚目のアルバム『TABOO』でチャート第1位を獲得し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。
「ヴィジュアル系」の元祖的存在

「ヴィジュアル系」の元祖的存在

現在でもパブリックイメージとして定着しているバブル期の音楽性は櫻井の志向を反映したゴシック・ロックのカラーが強いが、バンド自体の音楽性はその後もオルタナティヴ・ロックとポップスを主軸に様々なジャンルを貪欲に消化して変化を続けており、アルバムごとに異なったアプローチを打ち出しつつ不変の存在感を放つ個性的なバンド。
バンド・ブーム期から現在まで途切れることなくメジャー・レーベルで活動を続ける数少ない現役であり、現在活躍するアーティスト達にも今なお影響を与えている。X JAPANなどと共に「ヴィジュアル系」の元祖的存在。
常に意外性を求めてアクションし続ける

常に意外性を求めてアクションし続ける

ライブ活動においても様々な形態のコラボレーション・ツアーや韓国でのイベント出演、フェスティヴァル(サマーソニック、COUNTDOWN JAPAN等)への参加やマリリン・マンソンとの競演、ニコニコ動画での生放送など、常に意外性を狙ったアクションを展開。
作曲は8-9割方今井が手がけ、1-2割程度を星野が担当する。作詞は歌い手である櫻井がほとんどを手掛けているが、アルバム1作品につき1・2曲程度今井が自身の曲に歌詞を付け、自身で歌うこともある。
エピソード

エピソード

結成当初、櫻井敦司はドラムスでの参加であり、別にボーカルがいたが、徐々にボーカルとしてフロントに立つ事を思うようになり、当時、ヤガミが活動していたバンドS.P.(スポッツ)にボーカルとしての加入を打診したがヤガミに断られる。
しかし、後にそのヤガミ自身が、弟とその友人であった今井の強引な勧誘(櫻井がボーカル転向を決心した結果、当時のメンバーの周りでは最早ヤガミにドラムを担当して貰う以外の選択肢は残っていなかった)を断り切れず、ろくな準備も出来ないまま上京してしまった。
BUCK-TICKとして初めて出場した地元のコンテストでの評価は「演奏1:総合2:将来性5(5段階評価)」。後に別のコンテストでアイディア賞を獲得するなど、個性的なバンドへと成長していく。
1985年ごろ、BOØWYが群馬に帰って来てパーティーを開いたとき、氷室京介が当時ドラムスだった櫻井敦司に、お前は顔がいいからボーカルをやった方がいいとアドバイスした(ただし、このことが後にボーカルへの転向を志願した直接の原因ではないと櫻井は語っている)。
2001年1月24日に発売されたザ・スターリンのトリビュート・アルバム『365:A TRIBUTE TO THE STALIN』には、当初BUCK-TICKも参加予定であり、表題曲である「365」をカバーする予定であったが、諸般の事情により参加中止となった。その名残として、歌詞カードのスタッフクレジットにはBUCK-TICKの名前が記載されている。

BUCK-TICK HURRY UP MODE - YouTube

BUCK-TICK - くちづけ - YouTube

12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

BUCK-TICKがついにデビュー30周年!彼らの超貴重な品々を展示するイベントを開催!!

BUCK-TICKがついにデビュー30周年!彼らの超貴重な品々を展示するイベントを開催!!

2017年にデビュー30周年を迎えたBUCK-TICKが、昨年9月からスタートしている彼らの30周年プロジェクトを味わえる特別な展示会“BUCK-TICK 30th Anniversary EXHIBITION<No.0>”をタワーレコード渋谷店にて開催します。日程は3月2日から3月18日まで。
隣人速報 | 1,124 view
バービーボーイズの名曲だらけのアルバムを全て振り返る

バービーボーイズの名曲だらけのアルバムを全て振り返る

バンド「バービーボーイズ」が生み出したアルバムを、ベストも含めて全て振り返ります!名曲が詰まった傑作ばかりです。
「うざい」という単語を世間に広めたのは「T-BOLAN」なのか?

「うざい」という単語を世間に広めたのは「T-BOLAN」なのか?

現代社会において完全に日本語として定着している「うざい」という単語。皆さんも使用した事があるかと思います。しかしながら、昭和の頃はこの単語は一般的ではなかったですよね。では、いつ頃から使用されるようになったのでしょう?
RG&椿鬼奴によるバービーボーイズ「目を閉じておいでよ」のものまねがそっくりでしたね!

RG&椿鬼奴によるバービーボーイズ「目を閉じておいでよ」のものまねがそっくりでしたね!

お笑い芸人のレイザーラモンRGと椿鬼奴が、バラエティ番組で時折披露していたバービーボーイズの名曲「目を閉じておいでよ」のものまね。これが思いの外そっくりで、似ていると話題になりました。
バービーボーイズの現在が気になる!解散以降のメンバーのその後!

バービーボーイズの現在が気になる!解散以降のメンバーのその後!

1982年の結成以降、時代を駆け抜けたロックバンド「バービーボーイズ」。メンバーであるKONTAをはじめ杏子、いまみちともたか(通称イマサ)、ENRIQUE(エンリケ)、小沼俊昭、安部隆雄の解散後を追ってみました!
となりきんじょ | 12,353 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト