今だからこそカズを見直そう 日本サッカーのパイオニア・現役にこだわる理由とは?
2016年11月25日 更新

今だからこそカズを見直そう 日本サッカーのパイオニア・現役にこだわる理由とは?

日本サッカーに影響を与え続けるキング・カズが現役にこだわり続ける理由を探りました。ルーツとなるブラジル、全盛期、海外移籍などから見えてくるものがあるでしょうか。

6,503 view

日本サッカー界の至宝・KINGカズのプロフィールをあらためて見直す

http://soccerking.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2015/04/miura-500x377.jpg (805430)

生年月日:1967年2月26日 現在48歳
出身地:静岡県

意外と知られていないブラジル時代

1982年12月、私立静岡学園高校を1学年修了を待たずして8カ月で中退、
ブラジルに単身渡航、CAジュベントスへ留学。
1984年の秋頃、ジュベントスからキンゼ・デ・ジャウーへ移籍した。
1986年2月、サンパウロ州のサントスFCとプロ契約。
5月にはSEパルメイラスと特別契約を結び日本でのキリンカップで
凱旋帰国した。

1985年 SBSカップ 18歳のカズ(三浦知良)のドリブル - YouTube

出典 youtu.be
サントスではドゥンガともチームメイト。
当時23歳のドゥンガとのエピソードが語られています。
生きの良い大学生がパッと入って、即レギュラーでできるかというと、
試合ではうまくいかない、なんてことが多々あります。
きっと、それが経験なのかと。実際、僕もブラジルでやっていた頃は、
あの大観衆の中でやるのは震えていましたから。
それと、(サントス時代)僕はチームメートにドゥンガがいて、
デビュー戦でドゥンガにこっぴどく叱られた影響で萎縮してしまって、
何もできなかった苦い思い出があります。
1986年10月にはパラナ州のSEマツバラへレンタル移籍、1987年2月には
マツバラと正式契約を結び、レギュラーとして南部三州リーグ優勝に貢献

同年10月、アラゴアス州のクルベ・ジ・レガタス・ブラジル(CRB)に移籍し、ここでもレギュラーとして活躍、日本人で初めてブラジル全国選手権に出場した。
http://livedoor.blogimg.jp/gangtown/imgs/1/9/19a0ff2d.jpg (805437)

キンゼ・デ・ジャウーでの活躍により、
ジャウー市から名誉市民賞を贈られている
1988年、サンパウロ州のキンゼ・デ・ジャウーへ移籍。
同年3月19日、コリンチャンス戦で日本人としてリーグ戦初得点を
記録し、格上の人気チーム相手に3-2で勝利するというジャイアント・
キリングを起こした。

このときの試合はブラジル全土にテレビ中継されていたために、
カズという日本人の名前が広く知れ渡った

三浦知良 カズ キング・カズ KAZU サントス - YouTube

出典 youtu.be
1989年2月、パラナ州のコリチーバFCに移籍し、パラナ州選手権優勝に
貢献した。
1990年2月、サントスFCへ4年振りに再移籍した。マツバラへレンタル
された時からもう一度サントスでプレーして自分の力を証明したいと
思っていたカズは、誘いを掛けてきた他のチームの話もあったがそれを
断っての移籍だった。
カズはレギュラーポジションを確保、同年4月29日のパルメイラス戦で
1得点1アシストと活躍し、この試合に2-1で勝利した際には、
翌日のブラジルの新聞はスポーツ紙から一般紙に至るまでカズの活躍を
伝えた。
日本でのカズはストライカーのポジションでしたが、ブラジルでは
ウイングの選手でした。
当時の日本では上手い選手はストライカーで起用する風潮だったので
しょうか。

日本へ~そして全盛期~再び海外に

http://number.ismcdn.jp/mwimgs/f/b/230/img_fb3a5c3ebba0a1c186be3e0d8dd38eca86673.jpg (805443)

1990年7月、Jリーグ発足が現実味を増す中、日本のW杯出場に貢献するためにブラジルに残ることよりも日本でプレーすることを決断し、日本サッカーリーグの読売サッカークラブ(ヴェルディ川崎 = 現東京ヴェルディの前身)に移籍した。
http://stat.ameba.jp/user_images/20130605/22/sportsbettingonline/3a/b2/j/o0636047512565520859.jpg (805445)

(三浦 知良)Jクロニクルベスト:1994ベストゴール - YouTube

出典 youtu.be
1992年のJリーグカップではヴェルディを優勝に導き大会MVP、Jリーグ
開幕後はラモス瑠偉、北澤豪、武田修宏、ビスマルク、柱谷哲二、
ペレイラ、菊池新吉らその他多くのチームメイトに恵まれV川崎の
黄金期を築いた。
1992年の日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)
受賞に続き1993年、日本人最高の20得点を記録しV川崎を初代チャンピオンに導き、Jリーグ初代MVPを受賞した。
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/entry_img/kazu1.jpg (805448)

41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 2,811 view
生涯現役を貫く【キングカズ】新人類と言われた世代のヒーローだ!

生涯現役を貫く【キングカズ】新人類と言われた世代のヒーローだ!

日本にサッカーブームを巻き起こしたと言っても過言でもない三浦知良!新人類と言われた世代のヒーローですね!今も現役を続けるキングカズ。その彼の人柄にも注目です!
kurami | 3,245 view
サッカー【日韓戦】日本がW杯に初出場するまでの対戦成績を振り返る

サッカー【日韓戦】日本がW杯に初出場するまでの対戦成績を振り返る

毎回白熱する日韓戦ですが、振り返ってみると歴史がある国際試合なんですよね(^^)/ 今ではJリーグの存在がありますが、プロ化される前から行われていた日韓戦から振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 1,615 view
海外組の元祖・カズこと三浦知良の海外リーグでの成績はどうだったのか

海外組の元祖・カズこと三浦知良の海外リーグでの成績はどうだったのか

Jリーグのヴェルディ川崎・日本代表で活躍したカズこと三浦知良。そのキャリアのスタートアップ期~全盛期~円熟期において、ブラジル⇒イタリア⇒クロアチアを渡り歩いた「海外組」だったことでも有名です。今回はそんなカズの海外リーグでの成績を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 1,265 view
90年代に活躍したプロ野球選手の感動した引退試合

90年代に活躍したプロ野球選手の感動した引退試合

90年代頃までは夕食とともに付いているテレビと言えばプロ野球巨人戦だった時代、一家に一台しかテレビはないのでたとえ女の子であっても自然とプロ野球に詳しくなっていったものです。そんな輝かしき90年代に主に活躍した名プレイヤー達の感動を呼ぶ引退試合を特集します。
yt-united | 6,495 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト