仮面ライダーは「仮面ライダードライブ」で26作品目!ここでは昭和の仮面ライダーを振り返る!
2015年11月10日 更新

仮面ライダーは「仮面ライダードライブ」で26作品目!ここでは昭和の仮面ライダーを振り返る!

昭和の仮面ライダーシリーズは、昭和第1期(ストロンガーまで)、昭和第2期(スカイライダー、スーパー1)、昭和第3期(仮面ライダーBLACK、仮面ライダーBLACK RX)に分けられる。

37,768 view
「仮面ライダー、筑波洋は改造人間である。人類の自由の為に、悪の秘密結社、ネオショッカーと闘うのだ! 」

リバイバルブームによって新しい仮面ライダーを作るという動きの中、原点回帰の企画として誕生した。正式な番組タイトルもシリーズ第1作と同じ「仮面ライダー」
※ただし1作目と区別するため 仮面ライダー(新)、仮面ライダー(スカイライダー)と、カッコの表記が用いられる。
スカイライダー

スカイライダー

1979年10月5日 - 1980年10月10日 全54話

重力低減装置による飛行能力セイリングジャンプと、専用オートバイ・スカイターボで壁を破る必殺技ライダーブレイクが加えられたが、飛行能力などを充分にストーリーに生かすことができず、次第に使用されなくなった。

※空を飛んで移動できるとバイクに乗る必要性がなく、ライダーの意味がないという意見が出て飛ばなくなったらしい。
筑波 洋 / スカイライダー

筑波 洋 / スカイライダー

城北大学の学生でハンググライダー部員。
練習中にネオショッカーに襲われる志度博士を救ったことから事件に巻き込まれ、瀕死の重傷を負ったが、ネオショッカーに投降するふりをし改造手術を施され、改造人間として復活した。

「スカイライダー」の名は第20話に登場したストロンガーが最初に呼び、以降歴代ライダーはこの呼称を使用している。
41話以降はネオショッカーもスカイライダーと呼ぶようになる。
本作の大きな2つの特徴として、「原点回帰」と「先輩ライダーの登場エピソードの多さ」という点が挙げられる。
歴代の7人ライダーはデルザー軍団壊滅後は日本を離れ、世界各地でネオショッカーと戦っていた。そして、ネオショッカーを追って海外から次々に帰国し、第20・21話のストロンガーを機に、スカイライダーと共闘する。
仮面ライダー1号 - メキシコで戦っていた。
一文字 隼人 / 仮面ライダー2号 - アマゾン、ポリネシア、アラスカで戦っていた。
風見 志郎 / 仮面ライダーV3 - ボルネオやギリシャで戦っていた。
結城 丈二 / ライダーマン - ニューヨークや南アフリカで戦っていた。
神 敬介 / 仮面ライダーX - エジプトで戦っていた。
仮面ライダーアマゾン - 第二の故郷・アマゾンやペルーで戦っていた。
城 茂 / 仮面ライダーストロンガー - 東南アジア(インド)で戦っていた。
http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/2/72ef75775e1887fde3143ad43245df9ebdcdf5e7.26.2.2.2.jpg?thum=53 (1037425)

【仮面ライダースーパー1】

「仮面ライダースーパー1」の評価は、放映開始直後に翌年の劇場用映画制作が決定するほど高かった。
子供たちからは「デザインとアクションがかっこいい」と賞賛され、キャラクターショーの集客成績はシリーズ最高の人気だった「仮面ライダーV3」に迫るほどだった。
実際、これまでの仮面ライダーシリーズでは、視聴率の低下に歴代ライダーの登場が用いられたが、仮面ライダースーパー1のテレビ放映では、歴代ライダーの登場はない。
しかし、キー局であるTBSの番組改編に合わせる形で、第24話から放送枠を移動することになり、関西圏では土曜午後5時、関東圏において土曜朝7時に振り分けられてしまった。
北海道など一部地域ではローカル枠降格と同時に打ち切られる等負の影響は避けようもなく、放映時間帯の変更・一部地域での途中打ち切りを知らないままに「ドグマ編で終了した」と思っている人が多かったという。
仮面ライダースーパー1

仮面ライダースーパー1

1980年10月17日 - 1981年9月26日 全48話
沖 一也 / 仮面ライダースーパー1

沖 一也 / 仮面ライダースーパー1

惑星開発用改造人間の被験者に志願して、その第1号となり「スーパー1」のコードネームを与えられる。

【仮面ライダーZX(ゼクロス)】

かつて地球で猛威を振るったショッカーをはじめとする歴代暗黒組織を裏から操っていた最強の暗黒組織バダンが活動を始めた。

村雨 良は、バダンに囚われパーフェクトサイボーグとして脳以外の99%を改造され、優秀なバダンの歩兵として活動していたが、事故で自我を取り戻し、バダンに復讐を誓う。
仮面ライダーシリーズ8作目に当たる。
「スーパー1」終了後、1982年から「仮面ライダー10号」の企画が進められ、一般公募の形で「仮面ライダーZX(ゼクロス)」と命名された。

雑誌連載を中心にラジオやイベントなどでの展開が行われたが、テレビシリーズは存在しない。

1984年にテレビ特番として放送された「10号誕生!仮面ライダー全員集合」でテレビデビュー。
「仮面ライダーBLACK RX」にも終盤登場するが、その後は劇場版「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」(2009年)に登場するまで20年近く忘れ去られる不遇のライダー(笑)である。
仮面ライダーZX

仮面ライダーZX

1984年1月3日 「10号誕生!仮面ライダー全員集合!」

全身の99%を機械化した「パーフェクトサイボーグ」
「十字手裏剣」や「電磁ナイフ」「マイクロチェーン(鉤爪付きの鎖)」などの武器を使用、撹乱・秘密行動を得意とするため、「忍者ライダー」の異名も持つ。
村雨良 / 仮面ライダーZX

村雨良 / 仮面ライダーZX

ブラジルの大学に通っていた日本人の青年。バダンの世界征服実現のために姉を殺され、自分も改造人間にされてしまう。
10号誕生!仮面ライダー全員集合!!

10号誕生!仮面ライダー全員集合!!

ライダーマン役の山口 豪久氏はこの作品の2年後にお亡くなりになったので遺作となってしまいました。ご冥福お祈りいたします。
http://blog-imgs-49.fc2.com/s/a/b/sabplus/zeninsyuugou10_0.jpg (1037438)

76 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ世代必見!ツイッターのハッシュタグ「#自分がライダーオタクになった原因あげろ」が話題沸騰中!!

ミドルエッジ世代必見!ツイッターのハッシュタグ「#自分がライダーオタクになった原因あげろ」が話題沸騰中!!

1971年の放送開始以来、老若男女問わず人気を博している「仮面ライダーシリーズ」。現在ツイッターにてハッシュタグ「#自分がライダーオタクになった原因あげろ」を付けて、自分が仮面ライダーに夢中になったきっかけを投稿する人が続出。ちょっとしたブームとなっています。
隣人速報 | 627 view
特撮&プロレスマニア感涙!仮面ライダーに史上初の「プロレスマスク」が登場!!

特撮&プロレスマニア感涙!仮面ライダーに史上初の「プロレスマスク」が登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」において、石ノ森章太郎の代表作『仮面ライダー』より、「仮面ライダー1号」のマスクをプロレスマスクとして商品化した『仮面ライダー プロレスマスク』が現在予約受付中です。
隣人速報 | 2,186 view
【昭和カルチャー&ホビーのブーム①】特撮「変身ヒーロー」が量産された「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」から「巨大ロボットアニメ」ブームへ

【昭和カルチャー&ホビーのブーム①】特撮「変身ヒーロー」が量産された「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」から「巨大ロボットアニメ」ブームへ

かつて「怪獣ブーム」を支えた円谷プロダクションによる『帰ってきたウルトラマン』が1971年に放映開始され、仮面ライダー(初代)は社会現象となった「変身ブーム」をもたらしました。1971年後半からは、特撮ヒーロー番組も一気に増えていき、「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」は様々な新機軸を生みだしながら、ますます加熱していきました。この「変身ブーム」から「マジンガーZ」が生み出した「巨大ロボットアニメ」ブームへと子供たちの関心が移り替わっていく流れを、1970年代の特撮変身ヒーロー作品や巨大ロボットアニメの代表作を通じて、振り返ってみましょう。
ガンモ | 15,299 view
円谷プロ伝説の特撮「ミラーマン」を特集したムック『エンターテインメントアーカイブ ミラーマン』がまさかの発売!!

円谷プロ伝説の特撮「ミラーマン」を特集したムック『エンターテインメントアーカイブ ミラーマン』がまさかの発売!!

ネコ・パブリッシングより、70年代前半に円谷プロダクションが世に送り出した名作「ミラーマン」を特集したムック『エンターテインメントアーカイブ ミラーマン』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,589 view
【訃報】脚本家・上原正三さん死去。ウルトラセブン、ギャバン、シャイダー、ゴレンジャー、デンジマンなど

【訃報】脚本家・上原正三さん死去。ウルトラセブン、ギャバン、シャイダー、ゴレンジャー、デンジマンなど

「ウルトラマンシリーズ」などの特撮、アニメなどの作品で脚本を務めたシナリオライター・上原正三さんが1月2日、肝臓がんのため亡くなっていたことが明らかとなりました。82歳でした。
隣人速報 | 736 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト