【探究!】森高千里はアイドルか?アーティストか??
2015年9月15日 更新

【探究!】森高千里はアイドルか?アーティストか??

もはやアイドルのカテゴリーを越えた歌詞やビジュアル、コンセプトは【ナウイ!】【トッポイ!】の嵐!嵐!!嵐!!!

3,680 view

グラビアデビューだった!

森高千里さんはアイドル歌手としてのデビューではなくて
1986年、第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスでグランプリを受賞し、
糸井重里とCMで共演、翌年に歌手としてデビュー。

懐かし CM ポカリスエット 森高千里 糸井重里 - YouTube

まだ初々しさが残る森高さん。
CMの雰囲気も糸井ワールドで、独特な雰囲気をかもし出してますね。

森高イズムはここから始まった!

1988年、アルバム『ザ・ミーハー』の中の1曲「ミーハー」で初めて作詞を手掛け、アイドルらしからぬ表現で徐々に注目を集めていきます。

絶妙なシングル曲の緩急

その後の森高さんのシングルは以下の通り。

ALONE
ザ・ストレス (ストレス中近東ヴァージョン)
17才
だいて
道/青春
臭いものにはフタをしろ!!

勉強の歌/この街
八月の恋
ファイト!!
コンサートの夜
私がオバさんになっても
渡良瀬橋/ライター志望
私の夏
ハエ男
風に吹かれて
ロックン・オムレツ
気分爽快

知らない人がタイトルだけを見ると
「ストレス中近東ヴァージョンってどんなんだよ(笑)」
「臭いものにはフタをしろ??」
「??ハエ男???何それ?」
と思わずツッコミを入れたくなりますよね。

でも、それらの個性的なシングルの間には
今でもカラオケで広く歌い継がれている
『だいて』
『雨』
『私がオバさんになっても』
『渡良瀬橋』
などなど、名曲と個性的な曲を絶妙なタイミングでリリースすることで
企画モノ感を排除し、アーティスト感をうまく維持してきたことがわかります。

アイドルらしい楽曲

森高千里 『雨』 【セルフカヴァー】 - YouTube


作詞:森高千里、作曲:松浦誠二

別れ際の女心をせつない描写で書き上げた名曲。

森高千里 『ALONE』 【セルフカヴァー】 - YouTube

作詞 作曲 森高千里

彼と別れたばかりの、行き場のない気持ちを
シンプルに書き上げた1曲。

森高千里 『道』 【セルフカヴァー】 - YouTube

作詞:森高千里
作曲:安田信二

サビの部分の細かい描写が印象的。
グリコポッキーのCMソング

アーティストらしい楽曲

森高千里 ストレス live - YouTube

作詞:森高千里 作曲・編曲:斉藤英夫
当時はまだコスプレという言葉自体ありませんでしたが
これはコスプレですよね?!(笑)

この歌詞とこの衣装、当時リアルタイムで見たときは
衝撃でした!

森高千里 『この街』 【セルフカヴァー】 - YouTube

35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」が、あのセーラームーンをモチーフにした『おやすみ用ブラ』『ブラカップ付きタンクトップ』『ルームパンツ』の予約受付を開始しました。かつてセーラームーンに憧れたオトナ女子は必見です!
隣人速報 | 5,474 view
【アニ友“ラムネ&40”ファン同窓会】が2月23日開催!ねぎしひろし、菅沼栄治がゲストで登場!

【アニ友“ラムネ&40”ファン同窓会】が2月23日開催!ねぎしひろし、菅沼栄治がゲストで登場!

2月23日(土)に東京・高円寺で行われる【アニ友“ラムネ&40”ファン同窓会】。今回のイベントには、同作を手掛けたねぎしひろし氏と作画監督の菅沼栄治氏がゲストで登壇。コスプレ有り、ゲストへの質疑応答有りという自由度の高い同イベントをご紹介!
箱根駅伝の裏メニュー!?復路7区・二宮に「箱根のフリーザ様」が今年も降臨!!

箱根駅伝の裏メニュー!?復路7区・二宮に「箱根のフリーザ様」が今年も降臨!!

箱根駅伝の裏メニュー(?)として一部で人気の「フリーザ」のコスプレをした集団が、今年も箱根に降臨しました。果たして今年もフリーザ様の雄姿がカメラに捕えられたのだろうか?
隣人速報 | 5,504 view
【悲報】ミニスカポリス、ついに解散。

【悲報】ミニスカポリス、ついに解散。

90年代後半の大人気深夜番組のひとつ「出動!ミニスカポリス」。「時にはパンチ!時にはキック!タイホしちゃうぞ!」の決めゼリフが印象的でしたよね。番組終了後も幾多の代替わりが行われ、現行の「新生!ミニスカポリス」は初代から数えて実質18代目。そんな彼女たちが、このたび解散を発表!
隣人速報 | 7,296 view
70年代~00年代まで。日本におけるハロウィンの歴史を振り返る

70年代~00年代まで。日本におけるハロウィンの歴史を振り返る

いつからか、社会現象になっているハロウィン。11月1日のニュースで渋谷の狂乱ぶりを報じるのは、もはや、秋の風物詩と化している感さえあります。そんなすっかり日本人にとってお馴染みのハロウィンですが、いったい、いつから日本に定着したのかご存知でしょうか?
こじへい | 1,317 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト