【海賊版】ゲーセンで見かけたコピーゲーム
2015年9月16日 更新

【海賊版】ゲーセンで見かけたコピーゲーム

昔ゲーセンに置いてあった、見た目は同じでもタイトルが微妙に違うデッドコピー(海賊版)ゲーム。あなたはいくつ見たことがありますか?

23,359 view
Mr.Lo!

Mr.Lo!

いったいLo!とは!?

マリオブラザーズ

MARIO BROS.(オリジナル)

MARIO BROS.(オリジナル)

『マリオブラザーズ』は、1983年に発売された任天堂のアクションゲーム。マリオシリーズで初めてマリオの名がタイトルに冠され、マリオという名として主人公が活躍するゲームとしては、マリオシリーズ第1作目にあたる。

出展:wikipedia
MASAO

MASAO

ま さ お!
ちょっと親しみは感じられるかもしれません。
ルイージはきっと『りゅうじ』に違いありませんね。(テキトー)

まさお「おい!行くぞりゅうじ!」

りゅうじ「うん!まさお兄さん!」

ちょっとやってみたくなりました。

PAC-MAN

PAC-MAN(オリジナル)

PAC-MAN(オリジナル)

2005年、発売開始年となる1980年より7年間で総販売枚数293,822枚[1]を記録した業績を称えられ、「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネス・ワールド・レコーズより認定を受けた。

出展:wikipedia
スキャンダルマン

スキャンダルマン

変更点はドットがハートになっていてワープトンネルが10つある!イジけたモンスターがナメクジみたいである。
さらにありがたいことにブレイクタイムの時に愛情運・金運・適職を占ってくれる。

出展:http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
NEW PUCK1(ニューパックワン)(海賊版)

NEW PUCK1(ニューパックワン)(海賊版)

いかにも胡散臭いタイトル。迷路が少しずつ異なり、ワープトンネルも6つ。
ニューパックX、パックマン2というタイトル違いのものも存在する。

出展http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
HUNGRY MAN(ハングリーマン)

HUNGRY MAN(ハングリーマン)

ニューパックワンをコピーしたのか内容が酷似している。迷路形状が微妙に違う。
2面でパワーエサを食べると壁が見えなくなり(判定は有り)死ぬまでそのまま。
さらに3面以降は判定もない。

出展http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
POPEYE MAN(ポパイマン)

POPEYE MAN(ポパイマン)

これまたうさんくさいの登場。パックマンがポパイの顔にすげかえられてるだけのもの。当然ポパイも無断借用。あと、フルーツの色がおかしい。迷路がハングリーマンと同じ。

出展:http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
PIRANHA(ピラニア)

PIRANHA(ピラニア)

これはコピー・・・!?

この時代ならオリジナルで押し通せそうな気がしないでもありませんけどね。

しかし、人気ゲームになればなるほど、そのコピーの数も多いということがうかがい知れますね。

DIG DUG

DIG DUG(オリジナル)

DIG DUG(オリジナル)

『ディグダグ』(DIGDUG)は、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)が1982年3月に発売したアーケードゲーム。および、本作に登場する主人公キャラクターの名称。キャッチコピーは「戦略的穴掘りゲーム」。

出展:wikipedia
ZIGZAG

ZIGZAG

タイトルロゴがZIGZAGになっていてインストのキャラクタ名が変更してる以外そのまんまの正統デッドコピー。NAMCOのロゴは消されている。

出展http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
ZIGZAG(海賊版)

ZIGZAG(海賊版)

LAX版ZIGZAG

ギャラクシアン

ギャラクシアン(オリジナル)

ギャラクシアン(オリジナル)

ギャラクシアン』(Galaxian)は、1979年11月に発表されたナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)のビデオゲーム。同社の3作目にして同社初のシューティングゲーム。

出展:wikipedia
ギャラクシアン PART2,3,4,TURBO

ギャラクシアン PART2,3,4,TURBO

内容の違いは横移動が速く降りてくるまで何往復かする800点取れるのかって動きのVerや ギャルボスの護衛が5匹でドサッと攻めてくるVerなど様々ある。
自機がムーンクレスタの合体したときみたいな形になっている。(Part4)
面表示もインベーダが数字を持ってる(ちょっといい)キャラに変更。

出展http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
ZERO TIME

ZERO TIME

タイトル、社名変更以外オリジナルと同じ。
※もしかしたら、PETACOはちゃんとナムコの許可取ってるのかも知れません。

出展http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
SWARM

SWARM

「群れ」というタイトルを付けられたこのコピーは、オリジナルにはないエネルギーゲージがある!
スタートとともにゲージにエネルギー^^が満タンまで充填される(オリジナルSE付き)
しかし、このゲージはただのタイマーで徐々に減っていき、なくなると爆発。
スタートごとにゼロからMAXまで充填されるのが遅くて待ってるとイライラする。

タイトルやSUB ELECTROって開発会社名の付け方からも海外っぽい。

出展http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「イース」の古代祐三も参加!80年代を舞台にしたマルチジャンルゲーム『198X』が任天堂Switchで配信中!!

「イース」の古代祐三も参加!80年代を舞台にしたマルチジャンルゲーム『198X』が任天堂Switchで配信中!!

有限会社ハチノヨンより、80年代のゲームセンターと青春ストーリーを融合させたマルチジャンルゲーム『198X』のNintendo Switch版が現在好評配信中です。
隣人速報 | 1,054 view
パックマン、R-TYPE、アフターバーナー…懐かしのビットマップ書体を特集した「ビットマップ書体の世界」が発売決定!!

パックマン、R-TYPE、アフターバーナー…懐かしのビットマップ書体を特集した「ビットマップ書体の世界」が発売決定!!

グラフィック社より、70年代から90年代にかけてゲームの世界で生み出された「ビットマップ書体」を特集した書籍『アーケードゲーム・タイポグラフィ ビットマップ書体の世界』が発売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,102 view
「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

株式会社KOMは、実機のパチンコ機をオンラインで遊べるWebサイト「2.5次元パチンコ/ニコハン」のスマートフォン対応を、11月14日より開始しました。かつて人気だったレトロ機のラインナップにも注目です!
パソコンからの移植! 初期のファミコンを彩った思い出の作品たち

パソコンからの移植! 初期のファミコンを彩った思い出の作品たち

1983年の7月15日に発売されたファミリーコンピュータは、またたくまに世の中を席巻しました。同時に発売されたゲームは、すべてアーケードからの移植。その後、オリジナル作品も増えていくのですが、忘れてならないのはパソコンから移植されたゲームたち。今回はそんな初期を彩ったゲームを数本紹介します。
こういち | 11,942 view
あのレトロフリークから「アーケードスティック」と「SFC用コントローラーアダプターセット」が新登場!!

あのレトロフリークから「アーケードスティック」と「SFC用コントローラーアダプターセット」が新登場!!

株式会社サイバーガジェットより、レトロゲーム互換機『レトロフリーク』シリーズに対応した『レトロフリーク用アーケードスティック』および数量限定の特別カラー版『レトロフリーク(SFC用コントローラーアダプターセット)』の発売が決定しました。発売予定日は2018年10月31日。
隣人速報 | 2,027 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト