ファミコン初期時代の野球ゲーム
2015年9月15日 更新

ファミコン初期時代の野球ゲーム

ファミコン時代の初期はやはりスポーツの中心・野球ゲームが主流だった。バットに当てるだけでホームランになったり、選手名が実名では出せず「誰?」って名前だったりと思わず笑ってしまうゲームあったり…(笑)

11,025 view

ファミコン初期時代の野球ゲーム

ファミコン時代の初期はやはりスポーツの中心・野球ゲームが主流だった。バットに当てるだけでホームランになったり、選手名が実名では出せず「誰?」って名前だったりと思わず笑ってしまうゲームあったり…(笑)
そこで、ここではファミコン初期時代に燃えた野球ゲームを紹介します。
https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSSg2QZqFlhkEzGoDsJTjzIk7TjTjpgeluUbe_zfdMWgE24UjssGA (1325935)

ベースボール

ファミコンの野球ゲームを語る上で、任天堂がファミコン本体とともに発売した「ベースボール」は外せないでしょう。
その操作性は、始めとは思えない程評価が高く、後々の野球ゲームの礎になったとも言われています。
当時はG(ジャイアンツ)とかT(タイガース)などアルファベットだけでも嬉しかった。

ファミコン ベースボール Baseball - YouTube

出典 youtu.be
http://sa2hara.com/wp-content/uploads/2014/12/30812.jpg (1325939)

『ベースボール』 (BASEBALL) は、1983年12月7日に任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ(ファミコン)用ゲームソフトである。1986年2月21日にディスクシステムへ移植されている。
タイトル通り、野球をプレイし勝敗を競うという内容。ファミコン初の野球ゲームで、十字キーの各方向と4つの塁を対応させた操作系統など、その後に登場したプロ野球ファミリースタジアムなどの各種野球ゲームの基礎となった部分を数多く確立している。1人用はコンピュータとの対戦、2人用はプレイヤー同士の対戦となっている。スポーツゲームの売り上げとしては『Wii Sports』(2006年)、『ゴルフ』(1984年)に次ぐ第3位である。

プロ野球ファミリースタジアム

通称ファミスタとして、今も3DSなどで新作が出ている野球ゲームの代名詞的存在。
異常に足が速い1番バッター「ピノ」を代表される架空スター選手まで生まれた。ピノの場合、当たれば絶対にヒットになる(笑)

ファミコン プロ野球ファミリースタジアム - YouTube

出典 youtu.be
http://www.famicom.biz/all/catalogue/6800000004367.jpg (1325944)

『プロ野球ファミリースタジアム』(プロやきゅうファミリースタジアム、Pro Yakyu Family Stadium)とは、1986年12月10日にナムコ(後のバンダイナムコゲームス。NBGI)から発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用野球ゲームソフトである。当時ナムコが家庭用ゲーム機において展開していたブランド「ナムコット」(namcot)を冠して発売したファミリーコンピュータ用ソフトとしては、第21作目にあたる。略称は「ファミリースタジアム」(Family Stadium)、「ファミスタ」(Famista)。

なお、本作以前にもナムコはエレメカの野球ゲームを発表していたが、ビデオゲーム形式としては初の作品だった。

同時期には、アーケードゲームとして任天堂VS.システム基板に移植され、1987年には、北アメリカ(北米)にもアタリゲームズからメジャーリーグベースボール(MLB)公認のデータに差し替えた『ATARI R.B.I. BASEBALL』を稼働開始、1988年には『R.B.I. BASEBALL』のタイトルでファミコンの現地版にあたるNintendo Entertainment System用ソフトも発売された。
ピノ(PINO)は、1986年に発表されたナムコ(後のバンダイナムコゲームス。NBGI)のアクションゲーム『トイポップ』の主人公及び、NBGIの野球ゲーム『ファミスタシリーズ』などに登場する架空のプロ野球チーム「ナムコスターズ」に登録された架空のプロ野球選手(外野手)である。

燃えろ!!プロ野球

それまで出ていた野球ゲームに比べると、プレイヤーはかなりリアルになっていたり、テレビ中継のようなバックからのプレイ画面で、そのリアルさでプレイ前のハードルはかなり上がるが、実際プレイすると、ファールの後は、どんなボールでもストライクの判定になる、バントでホームランになるなど不具合も多く、クソゲーの象徴のような扱いになってしまっている。

神プレイ - 1987 燃えろ!!プロ野球 バントホームラン - YouTube

出典 youtu.be
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRe9XrOqdAO34cj7xjkzhPls483m67Hl9ZwEjsO2nEp0GZCiNB0 (1325950)

『燃えろ!!プロ野球』(もえろ プロやきゅう)とは、1987年6月26日にジャレコから発売された、プロ野球を題材にしたファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。通称燃えプロ。開発元はトーセ。開発時の仮称は『リアルベースボール ペナントレース'87』[1]。アメリカ版のタイトルはBases Loaded。のちにシリーズ化された。

がんばれペナントレース!

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

ファミコン世代の野球ゲームと言えばナムコの「ファミリースタジアム(ファミスタ)」ですよね。そんな懐かしいファミスタに関するクイズです。ファミコン世代なら簡単かも?!
ファミスタ30周年記念!ソフトバンクホークスの日本一を祝うファミスタグッズが販売開始!!

ファミスタ30周年記念!ソフトバンクホークスの日本一を祝うファミスタグッズが販売開始!!

人気野球ゲーム「ファミリースタジアム」シリーズの30周年を記念した、プロ野球球団コラボグッズ企画の第4弾が登場します。今回は、日本シリーズを制覇した福岡ソフトバンクホークスの記念グッズです!
隣人速報 | 450 view
ファミスタ世代感涙!カセットそっくりのモバイルバッテリーが登場!!

ファミスタ世代感涙!カセットそっくりのモバイルバッテリーが登場!!

発売から30周年を迎えた「ファミリースタジアム」が、カセットの外観そのままにモバイルバッテリーになって登場します。これで出先で充電すれば、周囲の注目の的になること間違いなし!
隣人速報 | 2,340 view
ファミリースタジアムがついに30周年!「おう」や「さかもと」のグッズが発売されます!

ファミリースタジアムがついに30周年!「おう」や「さかもと」のグッズが発売されます!

「ファミリースタジアム」の30周年を記念したコラボグッズが「ミツカルストア オンラインストア」および「ミツカルストア池袋パルコ店」にて、現在好評発売中!ファミスタ世代は要チェック!
隣人速報 | 1,552 view
メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

「ナムコ」の野球ゲームといえば『ファミリースタジアム(※ファミスタ)』 プロ野球ゲームのスタンダード的な存在だと思います。ファミコンには「ファミスタ」、PCエンジンには「ワールドスタジアム(※ワースタ)」、そしてメガドライブには『球界道中記』・・・ん? ナムコのメガドライブ参入第9弾ソフトである野球ゲーム「球界道中記」とはいったい!?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト