難易度高すぎて、直ぐ死ぬ昔のゲームあるある話
2015年9月15日 更新

難易度高すぎて、直ぐ死ぬ昔のゲームあるある話

ファミコンソフト買ってみたはいいが、攻略本あってもすぐ死んでしまうゲームが多かった昔。それあるあると懐かしく思える物をピックアップします。

3,775 view

コンボイの謎

新三大すぐ死んじゃうゲームでも紹介されたこのゲーム。記憶力と瞬発力を必要とする、今で言う脳トレゲームでした。
http://cdn26.atwikiimg.com/gcmatome/?plugin=ref&serial=809&w=160 (1469019)

『トランスフォーマー コンボイの謎』(トランスフォーマー コンボイのなぞ)は1986年12月3日に発売されたタカラ(現:タカラトミー)のファミコン参入第1弾ソフト。

サイバトロンシティーコマンダー・ウルトラマグナスを操り、デストロンを倒していく。販売は日本のみ。ゲームのパッケージに書いてある英題は「MYSTERY OF COMVOY」だが、コンボイの正しい表記は「CONVOY」であり誤っている。

NES トランスフォーマー コンボイの謎 / Transformers in 04:25 - YouTube

死なないのは、投稿者がとても上手いからなのです。敵からの攻撃が、背景色と被って何故死んだのかもわからないやられ方多発。当時腑に落ちなかったことでしょう・・・

たけしの挑戦状

何もせずに1時間待たねばならない。マイクに向かって歌わなきゃならないが、「へたくそ」と言われ進まない。理不尽なゲームでした。
http://www3.cnet-ta.ne.jp/o/ogclub/shoping/HpPht/fc/D_1/fc_takesinotyousen_01.jpg (1469025)

当時ファミコンに夢中になっていたビートたけしの「今までにない独創的な発想を入れたい」という意図が反映され、数々の斬新な内容が盛り込まれている。キャッチコピーは「謎を解けるか。一億人。」で、ソフトのパッケージ表面には「常識があぶない。」(販促用のポスターでは「あぶない」の「あ」の字が鏡文字になっている)と称し、裏面ではビートたけし自ら「今までのゲームと同じレベルで考えるとクリアー出来ない」とコメントしている。また広告には「成功確率 無限大数分の1」と書かれていた。

たけしの挑戦状最速クリア(バグなし)1/2 - YouTube

スペランカー

身長より少し高いところから落ちるだけで死ぬ。エレベーターと岩の小さな隙間に落ちて死ぬ。坂道でジャンプしたら死ぬ。こうもりの糞は勿論、幽霊に触れても死ぬ。こんなにすぐ死ぬ主人公は、スペランカー以外にないんじゃないかと思う。
http://tepcodan.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_c00/tepcodan/1655952.jpg?c=a59102632 (1469032)

これまでに6つのバージョンが確認されている。なお、日本で2013年1月17日にリリースされたPS3用ダウンロード専売ソフト『スペランカーコレクション』(以下『コレクション』)には原典であるAtari版とファミコン版・アーケード版が収録されており、各バージョンの差異を簡単に確認できる。

ちなみに日本で単に「スペランカー」と言った場合、ハードの知名度の高さ故にファミコン版を指す事が多いようである。

ファミコン スペランカー(1/4) - YouTube

随分昔の、ただ難しいゲームと思っていたこれらですが、実は未だに日常会話の比喩として使われていることがあると知りました。また復刻版が出ているようで、是非やってもらいたいと思うゲームばかりです♪
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

伝説のク〇ゲーが漫画に!「花のスター街道 ~クソゲーワールド編①」

伝説のク〇ゲーが漫画に!「花のスター街道 ~クソゲーワールド編①」

アナタは伝説のク〇ゲーと呼ばれた「花のスター街道」というファミコンゲームを憶えているだろうか。ビクター音楽産業からリリースされたハタノモエタ、トヨタゴロー2人の主人公を同時に操るという斬新な横スクロールアクション!その生みの親である漫画家・大野克彦先生が手掛けるマンガ、その名も「花のスター街道」。クソゲーワールド編①をご覧ください!
大野克彦 | 1,004 view
第1回ミドルエッジクイズナイト(2018.6.16)より、復習クイズ第1弾!

第1回ミドルエッジクイズナイト(2018.6.16)より、復習クイズ第1弾!

第1回ミドルエッジクイズナイト(2018.6.16)より復習クイズを2回に分けてお届けします!第1弾は「TVドラマ」「ファミコン」から5問ずつ。さあ、満点目指して頑張ってみて下さい!!なお、会場では早押しによる回答問題ですが復習クイズでは3択方式としてあります点、ご了承くださいませ。
ファミコンディスク【レリクス 暗黒要塞】をプレイ!!その出来に感動!しましたか?

ファミコンディスク【レリクス 暗黒要塞】をプレイ!!その出来に感動!しましたか?

ファミコンディスクゲームとして発売されたレリクス 暗黒要塞。このソフトをプレイしての感想を。あなたにとって期待通りの出来を発揮していました?色々な意味で感動するゲームでした。
| 2,956 view
任天堂非公認!こんなモノが許されていた時代!?幻のクソパクリゲー『ミスピーチワールド』

任天堂非公認!こんなモノが許されていた時代!?幻のクソパクリゲー『ミスピーチワールド』

「ピーチ姫」と言えばみなさんご存知、「マリオシリーズ」に登場するお姫様ですよね。このピーチ姫が主役に抜擢された作品は、2005年に発売されたニンテンドーDS用ソフト『スーパープリンセスピーチ』が初めて…なのですが、1991年、無謀にもこのピーチ姫を(無断で)題材にしたパロディ作品がファミコンで発売されていたのです。それが今回紹介する幻のクソゲー、その名も『ミスピーチワールド』……ッ!!
【花スタの頃】~伝説のク〇ゲー「花のスター街道」生みの親が語る!(2/2)~

【花スタの頃】~伝説のク〇ゲー「花のスター街道」生みの親が語る!(2/2)~

アナタは伝説のク〇ゲーと呼ばれた「花のスター街道」というファミコンゲームを憶えているだろうか。ビクター音楽産業からリリースされたハタノモエタ、トヨタゴロー2人の主人公を同時に操るという斬新な横スクロールアクション!その生みの親である漫画家・大野克彦先生が語る、その名も「花スタの頃」(後編)公開です!
大野克彦 | 701 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト