直球勝負を持ち味に広島を沸かせた【池谷公二郎】
2016年11月25日 更新

直球勝負を持ち味に広島を沸かせた【池谷公二郎】

1974年の広島初優勝にも大きく貢献した池谷公二郎。基本的に真っ向勝負を挑むことで本塁打を打たれることも・・・。広島黄金期を支えた名投手でもある池谷公二郎の現役時代と今を語る。

3,243 view

広島黄金期を担った池谷公二郎は大投手であった。

池谷公二郎(いけがや こうじろう)

池谷公二郎(いけがや こうじろう)

1952年6月28日生まれ
身長178㎝、体重78kg
右投げ、右打ち
ポジション:投手

広島初優勝から広島黄金期の投手軸を支えてきた大投手。
入団2年目で18勝を挙げて、3年目には最多勝、沢村賞を獲り凄い勝率6割以上を守ってきた広島の英雄です。
あの広島の大投手。外木場義郎と肩を並べて、ローテーションの一角を担ってきた大投手である。
広島市民球場という特性もからか、被本塁打の日本記録も持っている。

池谷公二郎の獲得タイトルや主な表彰と記録

最多勝:1回 (1976年)
最多奪三振:2回 (1976年、1977年) ※セントラル・リーグでは、1991年より表彰

表彰

最優秀投手:1回 (1976年)
ベストナイン:1回 (1976年)
沢村賞:1回 (1976年)
月間MVP:1回 (1976年7月)

オールスターゲーム出場:2回 (1975年 - 1976年)

池谷公二郎のプレースタイルは?

特徴のある投法でバッターをなぎ倒す投手

特徴のある投法でバッターをなぎ倒す投手

シーソー投法とかぎっこんばったん投法とも呼ばれる右腕を腰の後ろまで回し、左腕を高く掲げて、遠心力で投げる投法でバッターとストレート真っ向勝負を挑むプレースタイルである。
肩を壊すまでは、三振の山を築き上げた広島屈指の直球派投手である。

カーブとストレートを球種にもち、ほぼ6割以上がストレートという配球をする投手であった。

その球種だけで、これだけ三振を獲っていたというのは素晴らしい投手ということでしょう。

池谷公二郎のプロに入るまでの軌跡

静岡商業高校時代、1年時は同学年の新浦壽夫(池谷より1歳年上だが、同校の定時制から全日制へ編入)の存在もあり控え投手。新浦が1年で中途退学し読売ジャイアンツに入団したため、2年時にはエースとして期待されたが伸び悩み、1年先輩である松島英雄(のち大洋ホエールズ)の控え。3年生でエースとなり県内ではほぼ負け知らずであったが、夏の県大会では2回戦で番狂わせの敗退。
高校卒業後、社会人野球へ進み、金指造船所に入社するも1年も経たず野球部が解散、特別措置で近鉄バファローズに7位指名されたがそれを拒んで日本楽器に移籍。1972年の第43回都市対抗野球大会では主にリリーフとして活躍し優勝に貢献。同年のドラフト1位で広島東洋カープに指名されたが、入団は翌年1973年シーズン終了後にずれ込んだ[1]。これは、同じく日本楽器のエース新美敏が東映フライヤーズ(翌年2月より、日拓ホームフライヤーズ)に入団するため、主力投手が二人抜ける事態になる会社側から待ったがかかったため。1973年のドラフト会議前に広島入りした。

赤ヘル軍団の1角として活躍を始める池谷公二郎

1975年のカープ初優勝の時は、広島の大投手、外木場義郎の20勝に次ぐ18勝を挙げリーグ優勝に大きく貢献した。

そして、翌年の1976年には20勝の最多勝に沢村賞、最多奪三振と広島東洋カープのエースとして活躍し、3度のリーグ優勝と、2度の日本一に貢献した投手である。

早咲きな選手だったのか、早々と肩を痛めてしまい、その後は、中継ぎ、抑えと活躍の場を広げるが、だんだんと成績が芳しくなっていき、1985年に古葉監督の勇退と一緒に現役生活を終えた。
 (1633296)

特に、全盛期の76年、77年は2年連続で奪三振王にも輝くほどで、あの王貞治が引退を決意した要因に、池谷のストレートについていけなくなったからと言わしめたほどであった。

1982 池谷公二郎 1 - YouTube

1982 池谷公二郎 1 1982 池谷公二郎 1. 1982 池谷公二郎 1 1982 池谷公二郎 1
出典 youtu.be

引退後の池谷の活躍!広島の人気者に!!

解説者を経てコーチとしてカープに復帰[1]。読売ジャイアンツでも投手コーチを務め1998年は一軍、1999年~2001年は2軍、2004年に一軍投手コーチを務めたが当時球団ワーストのチーム防御率の4.50を記録し、同年限りで辞任した[2]。
現在は日本テレビ・広島テレビ・ラジオ日本の野球解説者[1]。カープでは津田恒実と双璧、と言われる程人柄のいい人物として知られ広島のローカル番組にもよく出演している。
 (1633298)

22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本の守護神と言われ続けたGK川口能活の代表歴について振り返る

日本の守護神と言われ続けたGK川口能活の代表歴について振り返る

川口能活は、サッカー王国とも言われる静岡県出身。小学4年生からGKを本格的に始め、実力を付けていき、日本を代表とする守護神となりました。ライバルである楢崎正剛選手と競いながら、日本代表のGKとして世界と戦った足跡について振り返ります。
ちょこ | 466 view
【渡辺良子】抜群のプロポーションを誇ったポルノ女優!プロフィール・代表作など

【渡辺良子】抜群のプロポーションを誇ったポルノ女優!プロフィール・代表作など

大人っぽい雰囲気を漂わせ、はち切れんばかりの肉体を披露して多くの男性ファンを魅了した渡辺良子さん。今回はそんな彼女をピックアップして、プロフィールや主な代表作を紹介していきます。全盛期の渡辺良子さんの魅力をご一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 5,917 view
【美保純】ポルノデビューから成功した女優!経歴やエピソード・代表作など

【美保純】ポルノデビューから成功した女優!経歴やエピソード・代表作など

お姉さんキャラとして、現在も幅広く活躍されている美保純さん。今回の記事ではそんな彼女の意外な経歴やエピソード・代表作などを紹介していきます。男性ユーザーには嬉しいサービスカットもご用意していますので、ぜひ鼻の下を長くしてご覧になってください。
tsukumo2403 | 14,083 view
お笑いコンビ「DonDokoDon」のじゃない方芸人『平畠啓史』が静岡で大ブレイク中?!

お笑いコンビ「DonDokoDon」のじゃない方芸人『平畠啓史』が静岡で大ブレイク中?!

ぐっさんこと山口智充さんとお笑いコンビ「DonDokoDon」で活躍していた、じゃない方芸人の平畠啓史さんが、現在は静岡で大ブレイク!しているそうです。その真相を追ってみました。
ギャング | 2,928 view
赤ヘルファンが知識を披露するチャンス到来!「第2回中国新聞カープ検定」が開催決定です!!

赤ヘルファンが知識を披露するチャンス到来!「第2回中国新聞カープ検定」が開催決定です!!

野球マニア必見!「中国新聞カープ検定」の第2回の実施が決定しました。WEB検定は10月6日から10月13日まで、会場検定は11月12日に実施されます。長年培われた野球の知識を披露するチャンス到来ですよ!
隣人速報 | 633 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト