『ガンプラり歩き旅』その001~アニメの中から登場した、初めてのガンダム!~
2021年6月22日 更新

『ガンプラり歩き旅』その001~アニメの中から登場した、初めてのガンダム!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の開始です!

16,405 view
大河原デザインガンダムとの違いは主に「目」で、ガンダムの目は確かに五角形なのだが、大河原デザインやその後のスタンダードデザインでは、その五角形のうち三角は中央に集中していて、目じりに向かって伸びていくラインで構成されている。
それに対して、安彦ガンダムは同じ五角形の目でも、目じりで三つの角を使っており、眉間に向かってラインが長く伸びていく構造となっている。
この違いを、バンダイがどう把握していたのかは分からないが、この旧1/144以降のガンダムでは、1/144プロトタイプガンダム、1/144 Gアーマー付属ガンダム、1/100フルアーマーガンダム、パーフェクトガンダムなどでは、のきなみ「目が長方形で四角いだけ(に近い)」の処理が施されるようになり、また、90年代以降のリメイクプラモデル化では、常に大河原邦男氏デザイン準拠で、カトキハジメ氏などによるリファインで造形されたため、たまにビジネスの膨れ上がり過ぎ現象で散見される「あえてアニメ作画版を狙ったニッチ商品フィギュア版ガンダム」以外での、正規ガンプラでの安彦顔ガンダムは、後にも先にもこの時期に発売された、2つのサイズのガンダムしかないのである。

その他、1/144ガンダムのキット紹介は、過去37年間で星の数ほど語られてきたので割愛しておこう。
むしろ、イマドキの「1/144ガンダム」だけで選ぶなら、HGUCからRGから、アニメに似せたROBOT魂Ver.A.N.I.M.Eまであるというのに、何を今さら、一番古い始祖のキットを持ち出してきたのか。
懐古趣味以外で、今更このキットに使い道があるのか?
それは今回のこのガンプラ続々シリーズ(笑)が、何を目的としていて、これを何に使うのかが分かってからのお楽しみ!
 (1839738)

しかし、少なくとも言えるのは、あの80年代頭の狂騒的ガンプラブームで、まだ若かった筆者世代は、この写真のように、組み立て説明書の塗装図とおりに、ランナーに部品が並んだままの状態で、ラッカー塗料で筆塗で塗装を先にすませてしまった子も多いはずだ!ということ(笑)
要するに筆者は、37年前のここから、一歩も前に進んでいないのだ(笑)
スタンダード1/144ガンダムの、1980年版と201...

スタンダード1/144ガンダムの、1980年版と2015年のHGUC 191版との比較

市川大河
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その002 ~1/100 ガンダムは、果たして「リアルじゃない玩具」だったのか?~

『ガンプラり歩き旅』その002 ~1/100 ガンダムは、果たして「リアルじゃない玩具」だったのか?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第2回!「1/100ガンダム」です。
市川大河 | 33,827 view
『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第9回は、映画版ではその存在を(ほぼ)抹消されたビグロと、劇場版でもメインの活躍のソロモン戦が描かれたビグ・ザムの、ジオンの2大モビル・アーマーのご紹介です!
市川大河 | 9,365 view
『ガンプラり歩き旅』その007 ~「1/144旧キット最もダメな“赤い 赤い アイツ”」~

『ガンプラり歩き旅』その007 ~「1/144旧キット最もダメな“赤い 赤い アイツ”」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第7回は、ガンプラ全盛時、全ファンの期待と待望を一身に受けて登場したものの、ガンプラ史上最悪の駄作キットになってしまった「赤い 赤い アイツ」だ!
市川大河 | 27,855 view
『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

ガンプラ!あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第6回は、いきなり「メカじゃねぇだろ!」1stガンダム公式ガンプラ唯一のキャラクターフィギュアプラモデルコレクション「キャラコレ」を扱います!
市川大河 | 9,724 view
『ガンプラり歩き旅』その26 ~2001年、1/144 ガンダム3度目への旅~

『ガンプラり歩き旅』その26 ~2001年、1/144 ガンダム3度目への旅~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第26回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)主役メカ・ガンダムの2001年バージョンです!
市川大河 | 10,578 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト