前代未聞の新ジャンル!?知る人ぞ知る新聞配達ゲー「ペーパーボーイ」
2018年3月29日 更新

前代未聞の新ジャンル!?知る人ぞ知る新聞配達ゲー「ペーパーボーイ」

『ペーパーボーイ』は、1984年にアタリが発売したアーケード用アクションシューティングゲーム?です。 1991年にはアルトロンからファミコン版が発売されました。本作はアメリカでヒットした作品を日本に輸入し販売された、所謂洋ゲーなのですが、バカゲーなのに笑えず、クソゲーなのに病み付きになる…そんな奇妙な一品でした。

2,176 view

数あるゲームの中でも唯一無二の新聞配達ゲー『ペーパーボーイ』

1984年にアタリが発売したアーケードゲーム、『ペーパーボーイ』。
所謂洋ゲーですが、日本でもアーケード版やファミコン版、メガドライブ版が少ないながらも発売されており、こちらで遊ぶことができました。
『ペーパーボーイ』ファミコン版パッケージ

『ペーパーボーイ』ファミコン版パッケージ

ちなみに、ファミコン版は1991年、メガドライブ版は1992年に発売されました。
海外では大ヒット作ですが、日本では当時から出回りの少ないマイナーゲーであったため、今ではますます稀少品になっています。

ファミコン版なら、現在Amazonで2,899円で取引されております。(※価格変動あり)
ファミコンのソフトとしてはお手頃価格とは言いがたいですが興味のある方は是非。

『ペーパーボーイ』の内容

超ザックリ説明すると、新聞配達のアルバイトをするゲームです。
少年を操作して”スリリングに”新聞を配りましょう!
自転車に乗った少年を操作して、ボタンで新聞を左に投げる。契約者の家の玄関先に届くか、ポストにうまく入ると成功。(これはアメリカでの新聞配達の現状を反映した内容に沿っている)新聞を届けられなかったり、契約者の家の窓ガラス等を壊してしまうと次の日から契約が打ち切られてしまう。ただし、契約していない家の窓ガラス等はいくら破壊しても良く、破壊するに従ってクラッシュボーナスが加算される。

『ペーパーボーイ』プレイ動画

2分半ごろから始まります。

※動画はリンク切れの場合があります。

『ペーパーボーイ』の評価

評価
ファミリーコンピュータ版
ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.82点(満30点)となっている。
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.87 2.65 2.81 2.66 2.56 3.27 16.82
一週間分の新聞を無事に配り終えればゲームクリア。
日曜日の新聞は重く、飛ぶのが遅いなど芸が細かかったです。

スタッフ

<プログラマー>
ジョン・サルウィッツ

<アーティスト>
デイヴ・ラルストン

<ハードウェア・デザイナー>
ダグ・スナイダー

<プロジェクト・コーディネーター>
ラッセル・ダウ

<サウンド・デザイナー>
ハル・キャノン、アール・ヴィッカーズ

ファミコン版と同じ時期に発売された他のゲームタイトル

・スーパーファミコン『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』(1991年11月、任天堂)
・スーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』(1991年7月、スクウェア)
・スーパーファミコン『レミングス』(1991年、シグノシス)

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』

『ファイナルファンタジーIV』

『ファイナルファンタジーIV』

『レミングス』

『レミングス』

その他

・クラッシュボーナスが65,536点に達すると、0点に戻ってしまう。
・トレーニングステージで右へ右へと進んで、最高速で右端に突っ込むようにゴールすると、数億点が入るバグが起きる。
・このゲームの主人公がディズニー映画『シュガー・ラッシュ』(2012年)にカメオ出演している。
・このゲームの主人公がソニー映画『ピクセル』(2015年)に敵キャラの一人としてカメオ出演している。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

天使たちの放課後、ミスピーチワールド、ストリップファイターⅡ、ハイレグファンタジー、そしてハッカーインターナショナル! セーフなのかアウトなのかよくわからない〝非公認ゲーム〟についてをまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中。
ニュースFレン | 13,987 view
昔遊んだあのレトロゲームたちが一つになった!「携帯型レトロゲーム互換機」をまとめてみます

昔遊んだあのレトロゲームたちが一つになった!「携帯型レトロゲーム互換機」をまとめてみます

昨今、任天堂から「ミニファミコン」が発売されてからというもの、昭和時代に発売されたレトロなゲームに注目が集まっています。一方、昔遊んだレトロゲームを自宅だけでなく、外出先でも楽しみたいと考える人もいるのでは? 今回はそんな方にオススメの、ちょっとした空き時間に気軽に遊べる「携帯型レトロゲーム互換機」を何種類か紹介していきたいと思います。
岸辺ミル | 14,945 view
【ファイナルファイト】スーパーファミコンの傑作アクションゲーム「ファイナルファイト」は、殴って蹴って投げ飛ばして!悪党たちをぶっ潰す!!

【ファイナルファイト】スーパーファミコンの傑作アクションゲーム「ファイナルファイト」は、殴って蹴って投げ飛ばして!悪党たちをぶっ潰す!!

1989年、カプコンからリリースされた「ファイナルファイト」。いわゆるベルトスクロールアクションゲームの傑作として多くのゲーマーを熱狂させた本作は、近年のスマホゲームで大ヒットした「モンスターストライク」生みの親でもある岡本吉起氏のプロデュース作品でもありました。とくにスーパーファミコン初期の大ヒット作にもなった「ファイナルファイト」、痛快なド迫力アクションが醍醐味の本作を振り返ります。
青春の握り拳 | 23,767 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 600 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 261 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト