【ファイナルファイト】スーパーファミコンの傑作アクションゲーム「ファイナルファイト」は、殴って蹴って投げ飛ばして!悪党たちをぶっ潰す!!
2017年1月24日 更新

【ファイナルファイト】スーパーファミコンの傑作アクションゲーム「ファイナルファイト」は、殴って蹴って投げ飛ばして!悪党たちをぶっ潰す!!

1989年、カプコンからリリースされた「ファイナルファイト」。いわゆるベルトスクロールアクションゲームの傑作として多くのゲーマーを熱狂させた本作は、近年のスマホゲームで大ヒットした「モンスターストライク」生みの親でもある岡本吉起氏のプロデュース作品でもありました。とくにスーパーファミコン初期の大ヒット作にもなった「ファイナルファイト」、痛快なド迫力アクションが醍醐味の本作を振り返ります。

21,638 view

1989年、アーケードゲームとしてリリースされた「ファイナルファイト」

パンチ、キック、プロレス技に武器。
大暴れしながらひたすら敵をぶっ潰す派手なアクションで大人気となりました。
スーパーファミコンに移植後、X68000、メガCD、フ...

スーパーファミコンに移植後、X68000、メガCD、ファミコン、ゲームボーイアドバンス、PlayStation 2に移植された

難易度は非常に高いものの、単純で爽快な格闘アクションとテクニックを覚えると有利に進められるバランスの良さで大ヒットに。また、その人気と難易度の高さゆえに連コインが問題となる。
ベルトスクロールアクションゲームの中でも有名で、その全盛を築いた作品。シリーズの全世界累計販売本数は320万本。
映画「ストリート・オブ・ファイヤー」(1984年)にイ...

映画「ストリート・オブ・ファイヤー」(1984年)にインスパイアされた作品

大西洋に面した都市「メトロシティ」。
市長であるマイク・ハガーは暴力と死が蔓延するこの街に正義をもたらすべく、メトロシティを牛耳る巨大な犯罪集団「マッドギア」に徹底的な攻撃を加えた。しかしマッドギアはその報復として、ハガーの娘であるジェシカを誘拐するという最も卑劣な手段を講じてきた。
ハガーとジェシカの恋人であるコーディー、コーディーの友人であるガイは彼女を救出すべくマッドギアに戦いを挑む。時代設定は1989年となっている(SFC版では1990年、メガCD版では1992年の設定になっている)。

囚われの身となったヒロインのジェシカ

本作のヒロイン・ジェシカは、マイク・ハガーの娘でコーディの恋人。
ゲーム上では1面のダムドにさらわれるシーンの他、最終面のベルガー出現シーンで共に登場しました。
デモ画面時のテレビに映るシーンで彼女がブラジャーの姿にされているのは日本のアーケード版のみの演出で、家庭用版の同シーンでは誘拐時に着ている赤い服に変更されていました。
こちらがアーケード版のジェシカ

こちらがアーケード版のジェシカ

こちらがスーパーファミコンなど家庭用ゲーム機版のジェシカ

こちらがスーパーファミコンなど家庭用ゲーム機版のジェシカ

ジェシカの父・ハガー(市長)と恋人のコーディー、友人の...

ジェシカの父・ハガー(市長)と恋人のコーディー、友人のガイからプレイヤーセレクト

プレイヤーキャラクター3人(スーパーファミコン版は2人)から1人を選択し、街中を進み、現れる悪人たちをパンチやキック、投げや必殺技、武器を駆使して倒して行く。
横からの視点だが、プレイヤーは上下(奥行きがあり、画面上は奥と手前への移動となる)左右に自由に移動できる。体力は画面上にゲージで表示される。

ファイナルファイト ハガー ノーミス Final Fight HAGGAR ALL - YouTube

それぞれ動きに特徴がある3人のキャラクター

コーディー、ガイ、ハマー。とくにガイは人気がありましたね。
後述しますが、スーパーファミコンへの作品移植に当たってハード性能の関係でセレクト可能なプレイヤーがコーディーとハマーだけとなったのは、残念なことでした。
※後にガイとハマーからセレクト出来る作品もリリース

なお、同じくスーパーファミコンへの移植に当たっては、アーケードで可能だった2人同時プレイが出来なかった点と、アーケード版「4面」がカットされていた点が残念ポイントだったかと思います。
コーディー

コーディー

本作品の主人公でジェシカの恋人。ケンカの天才でありマーシャルアーツとナイフ捌きの名手。
攻撃判定の大きいジャンプ膝蹴りや、リーチは短いながらも(ソドムの剣なしタックルを目押しで止められる)食らい判定の小さいパンチ、ナイフを手持ち武器として使うことができるなど、性能面では他の2人に比べてかなり優遇されている。パンチ連打はガイより攻撃力は高いが、ややスキが生じ、敵が多いとアンドレの突進をパンチで止められないことがある。
ガイ

ガイ

武神流忍法の伝承者の忍者であり、格闘技の達人。コーディーの友人であり、義侠心から助太刀をする。
他の2人より動作が素早く、歩く速度も最も速い。三角跳びが使用可能。日本刀を使うと攻撃判定が広がる。パンチはコーディーと比べて攻撃力が低く、ソドムの剣なしタックルをパンチで止められないが、ほぼスキがなく、アンドレの突進を確実に止められる。また、パンチのリーチはコーディーより若干長い。
エンディングではコーディーを追いかけてきたジェシカと二人きりにさせるのに、コーディーに手荒い祝福を与えて去って行く(この演出はSFC版ではカットされている)。
ハガー

ハガー

ジェシカの父親でメトロシティ市長。元プロレスラー。
強力な投げ技と高い攻撃力を持つ。つかみ判定も広く、敵を持ち上げたまま歩くことができる。通常投げのバックドロップは、直後にパンチ投げを続ければ無敵時間が途切れず持続させることができるので、多くの敵に囲まれても必殺技を使わずに対処できる。ただその状態に持っていくまでが非常に難しい、上級者向けキャラクター。パンチはリーチが長く攻撃力が最も高いが、振りが遅く、アンドレの突進を唯一パンチで止められない。
敵を掴んでからジャンプ→Aボタンで出せる「フライングパイルドライバー」はゲーム中最高の攻撃力を誇る。
エンディングで妻とは死別していることが明らかにされている。
アーケード版やX68000他家庭用ゲーム機でのセレクト...

アーケード版やX68000他家庭用ゲーム機でのセレクトは3人から

しかし、スーパーファミコン版は2人からのセレクトでした

しかし、スーパーファミコン版は2人からのセレクトでした

背景のグラフィックも鮮やか、演出も興奮したファイナルファイト

ラウンド1 - スラム街 (SLUM)

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

1980年代のゲームといえばみんな大好き?ファミコン!というわけで「もちろん知ってるよ!」なことから「ちょっと難しいかも!?」なことまで10問、クイズ形式にしてみました。ぜひぜひ、お気軽に遊んでみて下さいね。
【全11機種のレトロゲームに対応】レトロゲーム互換機「レトロフリーク」が人気!

【全11機種のレトロゲームに対応】レトロゲーム互換機「レトロフリーク」が人気!

昔、どのゲーム機持ってるかって友達関係においても重要な要素でしたよね。ファミコンなのかセガなのか。はたまたスーファミなのかPCエンジンなのかメガドライブなのか。それによってゲーム交換出来る枠が決まっていたんです。そんな時代からは考えられない夢のマシン「レトロフリーク」が人気!全11機種のゲームを全て操れるというモンスターマシンなんです!!
青春の握り拳 | 33,429 view
20世紀の熾烈な家庭用ゲーム機戦争を振り返ろう。

20世紀の熾烈な家庭用ゲーム機戦争を振り返ろう。

カセットビジョンに始まりファミコンの天下、そしてプレステで終わった20世紀の家庭用ゲーム機戦争。その間セガ、NECといった有力どころも存在し、実に凌ぎを削る競争が続いていました。そんな家庭用ゲーム機戦争を振り返ってみます。
青春の握り拳 | 38,772 view
【3DNes Emulator(ベータ版)】ファミコン人気ソフトを3Dに「変換」してしまうエミュレーターが登場!

【3DNes Emulator(ベータ版)】ファミコン人気ソフトを3Dに「変換」してしまうエミュレーターが登場!

かつてのファミコンの人気ゲームがそのまま3D化しちゃったら!?そんなことを実現してしまう「3DNes Emulator(ベータ版)」が登場したようです。3Dにリメイクしたゲームでなく、そのまま3D変換しちゃうってところにワクワク感を感じてしまいます。
青春の握り拳 | 8,823 view
ようこそいらっしゃい…「魔界村」アクションゲーム好きの心をバキバキに折る、驚異的な難易度はまさに「鬼ゲー」

ようこそいらっしゃい…「魔界村」アクションゲーム好きの心をバキバキに折る、驚異的な難易度はまさに「鬼ゲー」

伝説の鬼ゲーとして今なお名前を残す魔界村に再び注目!ゲーム好きなら誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか、「魔界村」というストレートで耳に残るタイトル。やはりその最大の特徴はアクションゲーム好きの心をバキバキに折るその驚異的な難易度にあります。鬼ゲー(鬼のように難しいゲーム)とも言われ、ネタとして扱われることも多いですが今なおその名を残す名作となっています。
ニシ山ニシ夫 | 26,842 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト