モッズのバイブルといえる映画「さらば青春の光」。内容はタイトルに反し、青春は光ばかりではないぞという1本!
2017年7月10日 更新

モッズのバイブルといえる映画「さらば青春の光」。内容はタイトルに反し、青春は光ばかりではないぞという1本!

1964年のロンドン、モッズの青年ジミー・クーパーを主人公とした1979年の映画「さらば青春の光」。公開当時、モッズのリバイバルブームを巻き起こし、今ではモッズのバイブルとも言われる映画です。しかし、その内容はタイトルに反して暗い。光というよりもむしろ影。それもそのはず、原題は「Quadrophenia」、邦題とは全く違うものなのでした。

11,965 view

モッズ

「さらば青春の光」という1979年に公開されたイギリス映画があります。モッズの、モッズを愛する者たちの、バイブルともアンセムともいえる映画です。

因みにモッズとは、1950年代後半から1960年代中頃にかけて、ロンドン近辺の若い労働者の間で流行した音楽やファッションをベースとしたライフスタイルを持つ者のことです。
モッズファッションの特徴は、髪を下ろした短髪、細身の三つボタンスーツ、ミリタリーパーカーに多数のミラーで装飾されたランブレッタやベスパなどのスクーターを愛用していました。
 (1889824)

60年代当時のモッズたち
「さらば青春の光」は60年代のモッズを主人公にした物語です。この映画を観るとモッズたちがどのような生活をしていたのかがよく分かります。

四重人格

「さらば青春の光」には原作があります。1973年に発表されたザ・フーの「四重人格」というアルバムがそれです。
四重人格

四重人格

73年発表

収録曲
1. ぼくは海
2. リアル・ミー
3. 四重人格
4. カット・マイ・ヘアー
5. 少年とゴッドファーザー
6. ぼくは一人
7. 汚れた仕事
8. ヘルプレス・ダンサー
9. ぼくの頭の中に
10. ぼくはもうたくさん
11. 5時15分
12. 海と砂
13. 溺れるぼく
14. ベル・ボーイ
15. ドクター・ジミー
16. ザ・ロック
17. 愛の支配
ジミーなるモッズ青年の4つの人格分裂を描いている。そしてその4つの人格をメンバーのパーソナリテイーに当てて表現するという凝った作りになっており、アイディアが泉のように湧いてくる当時のピート(そしてメンバーの)の創作意欲の頂点的な作品に仕上がっている。ゲストとしてクリス・ステイントン(p)、ジョン・カール(vo) が迎えられている。
「四重人格」はザ・フーにとって6枚目のオリジナル・アルバムで、「トミー」以来のロック・オペラ・アルバムでもあります。
オペラの内容は1960年代中期のロンドンが物語の舞台となっており、モッズ少年のジミーの多重人格と精神的な葛藤を軸に展開されるのですが、ジミーの四重人格は、それぞれザ・フーのメンバー4人の人格を投影したものとなっています。

アルバム・ジャケットがとてもカッコいいですね。ジミーが乗っているスクーターのバックミラーにはザ・フーのメンバーの顔が映りこんでいます。
また、このアルバムにはストーリーに沿った写真集がついています。

さらば青春の光

原題はアルバムと同様に「Quadrophenia」なので、映画のタイトルとしても「四重人格」で良かったのでしょうが、きっと映画のタイトルとしては弱いと判断されたのでしょうね。
さらば青春の光

さらば青春の光

監督:フランク・ロッダム
脚本:デイヴ・ハンフリーズ、フランク・ロッダム、マーティン・スティールマン、ピート・タウンゼント
製作:ロイ・ベアード、ビル・カーヴィッシュリー
出演者:フィル・ダニエルズ、レズリー・アッシュ、トーヤ・ウィルコックス、フィリップ・デイヴィス、マーク・ウィンゲット、スティング、レイ・ウィンストン
音楽:ザ・フー
撮影:ブライアン・テュファーノ
編集:ショーン・バートン、マイク・テイラー
公開:1979年
上映時間:117分
製作国::イギリス
ポスターに付けられているコピーをみると、意味が分かるようでいで分からないというか、やぶれかぶれなんだという気持ちだけが伝わってくるものとなっていますね。映画もまさにそんな感じです。
意味は不明瞭ではありますが、このコピーはむしろ不明瞭ということで「さらば青春の光」という映画の本質を言い当てているように思います。
さらば青春の光

さらば青春の光

主要な出演者たち
この映画の魅力のひとつは個性的な登場人物ですが、特に主役のジミーを演じたフィル・ダニエルズのカッコよさは格別です!
ジミー・クーパー

ジミー・クーパー

演じたのは、フィル・ダニエルズです。
出典 eiga.com
そしてマドンナ役のレズリー・アッシュ。彼女の可愛さにはジミーでなくてもきっとノックアウトされてしまいますよ。美人です。
ステフとジミー

ステフとジミー

ステフ役のレズリー・アッシュ
モッズのあこがれの存在であるエース役として当時はポリスとしてまだ駆け出しだったスティングや、モンキーという女の子役でトーヤ・ウィルコックス(後年ロバート・フリップと結婚する)などミュージシャンが出演していますので、音楽ファンは要チェックですよ。
エースとジミー

エースとジミー

エース・フェイス役のスティング(左)
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

どれもこれも一生もの。ジョージ・ロイ・ヒルの名作映画。

どれもこれも一生もの。ジョージ・ロイ・ヒルの名作映画。

ジョージ・ロイ・ヒルの監督作品はシリアスになり過ぎない。どの作品にもコメディの要素が入っているというのが大きな特徴でしょう。なので後味が良い!もう、単純に楽しい作品ばかりなんです。そして心に残る。70年代に公開された、まさに一生ものの作品をぜひ観てみてください。
obladioblada | 259 view
【スティング】第46回(1974年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・レモン】

【スティング】第46回(1974年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・レモン】

1974年と言えば、セブン-イレブン第1号店が出店された年。 伊豆半島沖地震や七夕豪雨、阿蘇山噴火など自然災害の多い年でもあった。そんな1974年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 309 view
イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

世界的に有名なチャリティソング『We Are The World』。その起源となった楽曲が、1984年12月、イギリスでリリースされたのをご存知でしょうか?今回はそんな英国の有名ミュージシャンが集い、歌ったチャリティソング『Do They Know It's Christmas?』について振り返っていきたいと思います。
こじへい | 3,181 view
ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ等で結成されたザ・ダーティー・マックを聴けるのはロックンロール・サーカスだけだ!

ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ等で結成されたザ・ダーティー・マックを聴けるのはロックンロール・サーカスだけだ!

30年近くも封印されていたロック史上最も有名な映像作品「ロックンロール・サーカス」。主役はローリング・ストーンズで他にも豪華なゲストが参加していますが、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズにミッチ・ミッチェルからなるスーパーグループ、ザ・ダーティー・マックを観れるのはここだけですよ。
obladioblada | 1,884 view
思い出のベスパ50s

思い出のベスパ50s

ボクの初めての輸入2輪車の真っ赤なベスパ50s、某マンガ家さんがパーティのくじで当たったものをアシスタントの先輩を経て譲っていただいた車両でした。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト