【創世機士ガイアース】ビッグウォーによって滅びた文明!殺人マシンが徘徊するようになった世界を描いたOVA作品!
2021年8月25日 更新

【創世機士ガイアース】ビッグウォーによって滅びた文明!殺人マシンが徘徊するようになった世界を描いたOVA作品!

人気コミックや小説を原作としたアニメ化ではなく、完全オリジナルの作品として制作された『創世機士ガイアース』。大量破壊兵器・AI技術といった要素もリアリティーのあるもので、当時は多くのファンを唸らせました。今回の記事では、そんなOVA『創世機士ガイアース』に改めて焦点を当てて、本編動画やストーリー・魅力など振り返っていきたいと思います。

216 view

『創世機士ガイアース』とは?

『創世機士ガイアース』

『創世機士ガイアース』

原案:荒牧伸志
制作:AIC
   アートミック
   東芝EMI
発売:1992年
巻数:全3巻
『創世機士ガイアース』(ジェネシスサバイバーガイアース)は、AICとアートミックが1992年に制作したOVA。全3話。
本作は、大戦争“ビッグウォー”によって文明が滅んだ後、殺人ロボットが徘徊するようになった世界を描いている。
日本でVHS版やLD版が発売された後、北米でAnimEigoが1993年にライセンスを取得し、VHS版やLD版を発売した。

『創世機士ガイアース』の本編動画・ストーリー

Genesis Surviver Gaiarth - Stage 1

Genesis Surviver Gaiarth - Stage 2

Genesis Surviver Gaiarth - Stage 3

22世紀後半、全世界の規模で巻き起こった戦争”ビッグウォー”。争いは泥沼化したことで、それまで人類が築き上げてきた文明社会は崩壊してしまい、その後、戦争を生き延びた人々は荒野でたくましく生きるも、まだ機能し続ける自立型の殺人マシンの存在に怯える暮らしを強いられていました。

それから約100年が経過するも、世の中の過酷な状況に変化はありませんでした。荒野は大量のオートウェポンが標的を求めてさまよっているものの、人々は各地で小規模な街をつくって自衛するようになり、世界には新たな秩序・文明が誕生しようとしていました。
物語の主人公は、幼いころに両親を亡くし、戦闘用アンドロイド・ランディスに育てられたという青年イタル。そのランディスも徘徊していた殺人ロボット・ビーストからイタルを守るために命を落としてしまい、イタルは本当に孤独の身となってしまいます。
まずは父親同然だったランディスの仇を討つため、イタルはビーストを打倒しようと…

『創世機士ガイアース』の魅力とは?

https://www.irasutoya.com/2016/12/blog-post_911.html (2298917)

個性豊かな戦闘用アンドロイドの存在がいいですね。
ストーリー最初から、主人公イタルを父親代わりに育てたという戦闘用アンドロイド・ランディスの個性が堪りません。
『古傷が痛む~』
出典 アニメ本編より
といったランディス自身のセリフ。
『その話、もう何百回も聞いたよ』
出典 アニメ本編より
といったランディスとイタルの会話の場面にあったイタルの返しのセリフ。
人間だったら普通の発言ですが、ランディスは戦闘用アンドロイドですよね。機械の身体でも古傷が痛むという感覚があるのかと、ついついツッコミを入れたくなります。同じ話を何度もしてしまうといったことも人間のお年寄りに多いですが、戦闘用アンドロイドであるランディスがこれをすると、とたんに人間っぽさが強調されて面白くなってきます。
後にイタルのパートナーとなる戦闘用アンドロイド・ザクソンの存在も魅力的です。
ザクソンの場合は優等生タイプで、あまり人間臭さというものを感じさせません。どこか達観している感じがあり、イタルの頼もしい相棒といった印象を打ち出しています。
ただし、メモリーが欠損していることから過去の記憶がなく、パーツも足りていないことから、100%の能力を発揮できないようです。それでも充分に強い気がするのですが、まだまだパワーアップするのかと先の展開が楽しみになってきますよね。
最初に登場したランディス、そして、ザクソンの二人を比べてみると、それぞれの個性が人間寄り・優等生寄りとその個性が極端なところも少し笑えてしまいます。
少しネタバレにはなってしまいますが、最終兵器として登場するジークフリードは…

『ふしぎの海のナディア』

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【ねこひきのオルオラネ】夢枕獏によるファンタジー小説のアニメ化!ほのぼのとした世界観が堪らない!

OVA版【ねこひきのオルオラネ】夢枕獏によるファンタジー小説のアニメ化!ほのぼのとした世界観が堪らない!

『ねこひきのオルオラネ』は小説家として有名な夢枕獏さんが生んだ短編のファンタジー小説です。1979年に発売され、1992年にはオリジナルビデオとしてアニメ化も実現しています。今回の記事ではOVA版『ねこひきのオルオラネ』について、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 142 view
OVA版【東京BABYLON】呪いや怨霊から人々を守る陰陽師の物語!テレビ版は盗作騒ぎで炎上して制作・放送中止に?

OVA版【東京BABYLON】呪いや怨霊から人々を守る陰陽師の物語!テレビ版は盗作騒ぎで炎上して制作・放送中止に?

2021年春から放送開始の予定だった『東京BABYLON2021』。盗作騒ぎが噴出して、制作・放送中止が発表されたのは皆さんの記憶に新しいと思います。今回の記事でご紹介したいのは、1992年に発売されたOVA版『東京BABYLON』のほうです。少し盗作騒ぎに触れつつも、OVA版の本編動画やストーリー・魅力について振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 235 view
OVA版【D-1 DEVASTATOR】5億円もの巨額費用が投じられたSFコンテンツ!セールス的に失敗した理由とは?

OVA版【D-1 DEVASTATOR】5億円もの巨額費用が投じられたSFコンテンツ!セールス的に失敗した理由とは?

メディアミックス作品として企画された『D-1 DEVASTATOR』。OVA版においては、当時、映像事業部を立ち上げたばかりのタカラが制作・販売を担当した初のオリジナルビデオです。巨額の制作費用が投じられたものの、セールス的には失敗に終わり、この作品1本のみでタカラは映像事業から撤退を余儀なくされました。そんなOVA版『D-1 DEVASTATOR』の本編動画やストーリー、失敗に終わった理由などを振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 334 view
OVA版【ゴリラーマン】ひたすら寡黙で無敵の主人公!大ヒットした不良漫画のアニメ化!

OVA版【ゴリラーマン】ひたすら寡黙で無敵の主人公!大ヒットした不良漫画のアニメ化!

『BECK』などの代表作で知られる漫画家・ハロルド作石さんのデビュー作『ゴリラーマン』。あまりに寡黙な主人公・池戸定治に焦点を当てていて、じつは喧嘩最強だけど、その事実は誰にも知られていないといった状況が面白いです。今回の記事では、OVA版『ゴリラーマン』の本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 827 view
【グリーンレジェンド乱】未来少年コナン・天空の城ラピュタを彷彿とさせる冒険活劇アニメ!

【グリーンレジェンド乱】未来少年コナン・天空の城ラピュタを彷彿とさせる冒険活劇アニメ!

舞台はほとんどの水や植物がなくなってしまった未来。世界はロドー教と名乗る宗教団体が一部の残された自然を独占しており、それに立ち向かおうとする少年・乱の活躍を描いた冒険活劇アニメ『グリーンレジェンド乱』。今回の記事では、そんな『グリーンレジェンド乱』の本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 265 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト