伝説音楽番組「日立サウンド・ブレイク」の動画を探してみた
2018年7月4日 更新

伝説音楽番組「日立サウンド・ブレイク」の動画を探してみた

1977~80年に東京12チャンネルで23時から10分間放送されていた。伝説の音楽番組。洋楽と日本のビデオで作ったMTV音楽番組『日立サウンドブレイク』の動画を探してみました。

3,474 view

日立サウンド・ブレイク

永遠の歌姫~松原みきを想う~テンキャララの後悔日誌 日立サウンドブレイクの松原みき (1585708)

洋楽のイメージ・ビデオを週替わりで、(同じMTVを5日間)放送していた。
10分の番組のなかで、2曲紹介していた。
まだ洋楽のMTVを日本で観られなかった頃、洋楽と海外の映像はとても新鮮だった。
日本国内のオシャレな映像も素敵でした。
番組の前後に日立のコマーシャルが、流れ、「What Did You Do For Tomorrow」では、アメリカの若者が紹介され、ミスローズボールに選ばれた女性が出演しています。
邦楽バージョンもあるようです。女性が出演するストーリー仕立てのビデオは、その後カラオケビデオでも使われています。
ストーリー仕立てのビデオは、その後カラオケビデオでも使われています。
映像カラオケ(LD、CD、VHD)が登場したのは、80年代初め、一般に普及したのは1990年頃です。

日立サウンドブレイク・ローズクイーン60 - YouTube

1979年ローズボールクィーンに選ばれた、キャサリーン・ギルモア嬢

金髪の巻き髪とオーバーなリアクションが、アメリカのカッコイイ女性のイメージ♪
What Did You Do For Tomorrow~

リンダ・ロンシュタット-日立サウンドブレイク MTV

Simple Dreams : NPR (1585625)

写真は、1970年のリンダ・ロンシュタット
1946年7月15日生まれ、アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン出身。リンダ・ロンシュタットは、ドイツとメキシコ、イングランドの血を引く、歌唱力のある美人歌手。
2013年11月28日は最近、彼女がパーキンソン病を患っており、もはや歌うことができないことを明らかにしました。

日立サウンドブレイク・MTVに使われている、「Simple Dreams」は1977にリリースされた曲です。

Linda Ronstadt - Simple Man,Simple Dream Linda Ronstadt - Blue Bayou
ディレクター:毛利元海 石渡久美子 田辺尚志 野沢靖季 仁平英男 萩原征四郎 犬飼正 関根真昭

Blues Brothers-日立サウンドブレイク MTV

Vatican declares the Blues Brothers a 'Catholic classic'  - Telegraph (1585681)

ブルース・ブラザーズ (The Blues Brothers、または The Blues Brothers' Show Band and Revue)
コメディアンのダン・エイクロイドとジョン・ベルーシが「サタデー・ナイト・ライブ」のコーナーで演じたブルースとソウル・ミュージックのリバイバルバンド。(1976年 1月初出演)

六本木 「ヘンリーアフリカ」店内の壁の上のほうに鉄道模型の汽車が走ってた。懐かしいですね、トロピカルドリンクを飲みました。

The Blues Brothers - (I Got Everything I Need) Almost
The Blues Brothers - Groove Me The Blues Brothers - Shot Gun Blues
ディレクター:島川哲雄
HHENRY AFRICA 菊地武夫 野村次良 鎖に繋がれた天使 ギンザ・サヱグサ RUIKO MIYOSHI 野沢清四郎 毛利元海

Disco Screen Sound Break C-日立サウンドブレイク MTV

Janet Manchester - Movie lovers disco(1978) - YouTube (1585656)

1978年ジャネット・マンチェスター - Movie lovers disco

日立サウンドブレイク (15) Disco Screen - YouTube

Janet Manchester - Disco Screen
ディレクター:川幡浩 稲川淳二
Kerry Usami ken ueda Tethuo Nagata CASTEL ALBATROSS CURIO MUVIE SHOP
生沢徹 野村次良 森保之 日放

生沢徹
バイクに乗っているのは、元レーシング・ライダー
いくざわ てつ氏ですか?

Honesty - 日立サウンドブレイク MTV

 (2028454)

ビリー・ジョエルは、1949年5月9日生まれ、アメリカのニューヨーク州サウス・ブロンクス出身の歌手
1977年に発表された「ストレンジャー」が大ヒットし、成功を収めている。
日立サウンドブレイク・MTVに使われている、「Honesty」(オネスティ)は、1978年のアルバム『ニューヨーク52番街』でリリースされた。

1978年当時のビリー・ジョエルの画像

2015年、7月4日、独立記念日
ビリー・ジョエルは結婚した、66歳。

Sound Break/ Honesty - YouTube

山本隆英ローラースケートでアメリカ横断

Hot Rod Heart - 日立サウンドブレイク MTV

Amazon.co.jp: Robbie Dupree : Robbie Dupree - ミュージック (1585676)

ロビー・デュプリー
1946年12月23日 生まれ、アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク ブルックリン区出身
日立サウンドブレイク・MTVに使われている、「Hot Rod Hearts」は、1980年にリリースされた曲です。

湘南、ローラースケート80年代ですね、カーナンパしてます。

80年代のサーファーは車の上にサーフボードを積めるようにキャリアをつけていましたよね、
アロハキャリア懐かしい!

もう一度観たい、日立サウンドブレイクのMTV

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 若杉ルー 2018/1/15 19:28

    この番組は大好きでした。イラストレーターのペーター佐藤氏(だったと思う)がトーキング・ヘッズの曲をバックにペインティングするものや、イギリスの工業地帯の写真がFELT他の音楽にのって紹介されるもの、ジャン・ミッシェル=ジャールやホール&オーツの名前を子供の私が知ったのもこの番組がきっかけでした。未だにアーティスト名が思い出せずモヤモヤしているのは、フランスのビーチの写真に併せセルジュ・ゲンズブール他フレンチ・ポップスの曲が3曲ぐらい紹介された回です。そこで流れた女性シンガーの名前が何としても思い出せません。メロディはバッチリ覚えているのに…

    のしお 2017/12/11 22:41

    毛利元海さんの日立サウンドブレイクに憧れテレビ東京に入社。30年弱の勤めを終え退職し多自分ですが、毛利さんは、2017年11月7日に逝去された訃報連絡が本日入りました。 (享年81)
    すごいオーラを出していらした大先輩の旅立ちに、心よりご冥福を祈ります。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

3月18日(土)朝6時から深夜2時までMTVで80年代洋楽ヒット曲を一挙放送!!

3月18日(土)朝6時から深夜2時までMTVで80年代洋楽ヒット曲を一挙放送!!

3月18日(土)、音楽専門チャンネルのMTVが、朝6時から深夜2時までの長時間にわたり、80年代の洋楽ヒット曲を一挙に放送する驚きの企画を行う。また、小林克也や漫画家の荒木飛呂彦ら著名人が思い入れのある楽曲を紹介する時間帯もある。
名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

80年代の洋楽ヒット・チャートを振り返ってみますと、デュエット・ソングが多くランクインしていることに気づきます。特に大物アーティスト同士だと話題性もバツグンで、皆さんも思わず口ずさんでしまうメロディーが多々あるのではないでしょうか?今回は、そんな思い出に残るデュエット・ナンバーをまとめてみました!
Gaffa | 22,728 view
みんなが憧れた80's洋楽の華、ニュー・ロマンティックとは?

みんなが憧れた80's洋楽の華、ニュー・ロマンティックとは?

80年代、MTVの登場により、華やかなヴィジュアルでファンを魅了するアーティストが多数生まれました。中でも、ロンドン発のニュー・ロマンティックと呼ばれるムーヴメントからは、デュラン・デュランをはじめ、派手な衣装やヘアースタイル、メイク、を施した、まるで少女漫画に登場する王子様のようなスターも続々と登場。今回は、そんなニュー・ロマンティックのスターたちをご紹介します!
Gaffa | 9,331 view
【80's洋楽PV】「ビリー・ジーン」に「テイク・オン・ミー」!スゴイぞ、スティーヴ・バロン監督!

【80's洋楽PV】「ビリー・ジーン」に「テイク・オン・ミー」!スゴイぞ、スティーヴ・バロン監督!

80年代、MTVの登場により、音楽のプロモーションに欠かせない存在となったのが、プロモーション・ビデオ(PV)。ただ歌っているだけ、演奏しているだけの映像ではなく、最先端の技術を使って斬新な演出をしてみたり、映画顔負けのストーリー性を持たせてみたり、視聴者の目が釘付けになるような仕掛けがいろいろと試されました。中でも、特に印象的なPVを多数手がけていたのが、スティーヴ・バロン監督。そんなMTVには欠かせなかった、バロン監督が手がけた代表的PVをご紹介します。
Gaffa | 6,117 view
現在も変わらぬ “七色の歌声” 80年代のシンディ・ローパーがとにかく凄かった!

現在も変わらぬ “七色の歌声” 80年代のシンディ・ローパーがとにかく凄かった!

『タイム・アフター・タイム』や『トゥルー・カラーズ』など、洋楽を知らない層でも判るほどのヒット曲をいくつも持ち、60代となった現在もバリバリの現役で活動を続けているシンディ・ローパー。 グラミー賞だけでなくエミー賞やトニー賞まで獲得済みの彼女は米国エンターテイナー界でもすっかり大御所の域ですが、若かりし頃の彼女が当時の世間にどんだけのインパクトを与えていたか、ちょっと振り返ってみたいと思います。
Amy.A | 14,160 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト