現在も変わらぬ “七色の歌声” 80年代のシンディ・ローパーがとにかく凄かった!
2016年9月20日 更新

現在も変わらぬ “七色の歌声” 80年代のシンディ・ローパーがとにかく凄かった!

『タイム・アフター・タイム』や『トゥルー・カラーズ』など、洋楽を知らない層でも判るほどのヒット曲をいくつも持ち、60代となった現在もバリバリの現役で活動を続けているシンディ・ローパー。 グラミー賞だけでなくエミー賞やトニー賞まで獲得済みの彼女は米国エンターテイナー界でもすっかり大御所の域ですが、若かりし頃の彼女が当時の世間にどんだけのインパクトを与えていたか、ちょっと振り返ってみたいと思います。

24,920 view

まずはプロフィール

Cyndi Lauper (シンディ・ローパー)

Cyndi Lauper (シンディ・ローパー)

1953年6月22日 アメリカ・ニューヨーク生まれ。
本名はシンシア・アン・ステファニー・ローパー・ソーントン(Cynthia Ann Stephanie Lauper Thornton)。
12歳にしてギターを弾き、歌詞を書き始める。最初に弾いた曲は『グリーンスリーヴス』。やがて音楽よりむしろ絵画に興味が走り、アート・スクールに進んで美術に熱中。

1980年マルチ楽器奏者John Turiとバンド「ブルー・エンジェル」を結成する。
1983年 春、ソロ・アーティストとしてポートレート・レコーズと契約。
ハタから見ると彗星のような登場にも思えましたが、実はソロデビュー前に色々とあったようで年齢なんてすでに30歳を迎えていたシンディ。いつの間にか生年が公表されてますが、当時は確か24歳ぐらいだと発表されていたような…。

時は1984年、すべてはこのMVから始まりました

Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun (Official Video)

ソロデビューアルバムから最初にシングルカットされたこの曲が、いきなりの大ヒット。

NYの街角を、ド派手な格好のオネーチャンがゴリゴリに歌い踊りながらやって来る…みたいなシチュエーションから始まるこのビデオなんですけど、ちょっとおバカそうだけどひたすら楽しそうなシンディの様子と、そのパンチの効いた歌声にハマる人が続出しました。
日本では『ハイスクールはダンステリア』なんて邦題でシングルになり、こちらも大ヒットしたのでした。
当初は深夜のMTVで内輪向けに流されたが、すぐにヘヴィーローテーションされるようになり、1984年に「ヴィデオ・オヴ・ザ・イヤー」に輝いた。

レコード屋の店頭では、このジャケット写真が目につくように

シンディ・ローパー | シーズ・ソー・アンユージュアル

1,679
「レガシー・レコーディング」シリーズ第2弾として、1980年代の名盤を再発売。本作は、シンディ・ローパーが1983年に発表したアルバム。MTV時代にヒットした「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」「タイム・アフター・タイム」他を収録。
【収録曲】
1. マネー・チェンジズ・エヴリシング
2. ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン
3. ホエン・ユー・ワー・マイン
4. タイム・アフター・タイム
5. シー・バップ
6. オール・スルー・ザ・ナイト
7. ウィットネス
8. アイル・キス・ユー
9. ヒーズ・ソー・アンユージュアル
10. イェー、イェー

今聴いても古さなんて一切感じない、本当に捨て曲ゼロの名盤です。
ちなみにM-3の「ホエン・ユー・ワー・マイン」はご存じプリンスのカバー。メインの声とはオクターブ違いのユニゾンがコーラスで入ってるんですけど、どっちの声もシンディっつうのが凄いというか流石というか。

独特なファッションも注目され、イッキに時代のポップアイコンへ

It's almost the weekend! Time to let loose. Xx #fbf #flashbackfriday #girlsjustwannahavefun

A photo posted by Cyndi Lauper (@cyndilauper) on

サイドを刈り上げたパンキッシュな髪形やアクセサリーの重ね付け、古着を取り入れるコーディネート術など、マネしたいポイントがいっぱいありました。

中身はお笑い芸人のような人だったりします

謎の持ちネタ(?)『ハリウッドスマイル』

謎の持ちネタ(?)『ハリウッドスマイル』

日本が誇る長寿洋楽番組『ベストヒットUSA』でも披露して、天下の小林克也先生を苦笑いさせてました
ちょいちょいプロレスを挟む

ちょいちょいプロレスを挟む

デビュー曲からのミュージックビデオには当時の米国プロレス界の有名マネージャーが出演していたり、翌年のイベントではあのハルク・ホーガンを自身のボディガード役として伴わせて登場してみたり。
彼女の日本びいきは有名ですが

彼女の日本びいきは有名ですが

「売れる前に働いていたNYの日本食レストランで覚えた」とTVで披露した日本語が…
「お父さん・はい・少し」や「おしぼり・寿司・さしみ・水割り」
いやに実用的でした(笑)

そうこうしているうちにセカンドシングルが全米1位

Cyndi Lauper - Time After Time

56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【1984年の洋楽】なぜこんなことに・・・原題と違いすぎる不思議な邦題7選!

【1984年の洋楽】なぜこんなことに・・・原題と違いすぎる不思議な邦題7選!

最近の洋楽の邦題は、原題をそのままカタカナにすることが多いですが、1980年代はそのままカタカナにするケースはわりと少なく、新たに邦題を設けるのが通例でした。中には、原題と違いすぎて、理解に苦しむ不思議な邦題も!? 今回は40年前の1984年の洋楽の中から、原題と異なる不思議な邦題7選をご紹介します。
izaiza347 | 444 view
【1986年洋楽】荻野目の『ダンシング・ヒーロー』の原曲は!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1986年洋楽】荻野目の『ダンシング・ヒーロー』の原曲は!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1986年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 282 view
洋楽「あの歌姫は今」衝撃のビフォー・アフター!

洋楽「あの歌姫は今」衝撃のビフォー・アフター!

1980年代に洋楽を歌いブレイクした女性アイドル歌手。彼女たちの若い頃の画像と現在の動画「衝撃のビフォー・アフター!」を公開!
【1984年洋楽】一発屋アーティストと唯一のヒット曲5選

【1984年洋楽】一発屋アーティストと唯一のヒット曲5選

ある一時期だけ活躍したアーティスト、一曲だけ売れたアーティストを、日本語では「一発屋」と言いますが、英語でも同じ意味で「ワンヒットワンダー(One Hit Wonder)」という言葉があります。今回は "1984年" にフォーカスして、全米でヒットした一発屋(ワンヒットワンダー)5選をご紹介します。
izaiza347 | 724 view
【アイリーン・キャラ】フラッシュダンスだけじゃない!女優としても人気

【アイリーン・キャラ】フラッシュダンスだけじゃない!女優としても人気

アイリーン・キャラといえば、映画『フラッシュダンス』の主題歌を歌ったシンガー、という印象が強いですが、実は、本国アメリカでは、子供の頃から活躍する女優でもありました。日本ではあまり知られていない、マルチタレントな彼女の足跡を探ります。
izaiza347 | 1,653 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト