アントニオ猪木語録 元気になる名言集
2016年12月25日 更新

アントニオ猪木語録 元気になる名言集

人間は、予知はできないが、常に予想をしながらl行動をしている。 そして、いま何を考え、何を行い、何と発言し、何を食べ・・・、その1つ1つの選択が自分の未来に反映されていく。 スポーツのトップ選手は、例外なくプラス思考で、楽天的な考え方をして、積極的でチャレンジ的な行動が多く行う傾向が強い。 また達成確率が高いことよりも低いことに、やりがいや情熱を燃やす傾向がある。 アントニオ猪木は、そういったポジティブな行動や考え方が桁違いである。

21,729 view

炎のファイター

以下、アントニオ猪木の名言集です!!

「その気で来るなら俺は受けてやるぜー!
手前ぇらの力で勝ち取ってみろ、コノヤロー!」

長州力が、藤波辰巳(現:辰爾)、前田日明に世代闘争を呼びかけ、猪木に挑戦状をたたきつけたときのマイクアピール。
 (1799986)

「いつ何時、誰の挑戦でも受ける。」

「実力至上主義」のプロレスの実現を目指していた猪木がいった言葉。
挑戦し続けた猪木がいうと重みが違う。

「元気ですか~
元気が1番。
元気があれば何でもできる。」

1989年に自ら立ち上げた政党「スポーツ平和党」から出馬したとき、街頭演説で、まず聴衆に語りかけたのが
「元気ですか~っ!?」
だった。
以後も元気がなくなってしまった世の中に喝を入れるため、使い続け、代名詞化し、
「元気があればホームレスもできる。」
など、さまざまなバリエーションもできている。

「この道を行けば
どうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ」

1998年4月4日 引退の挨拶にて。
元は、清沢哲夫(1921年1月26日 - 2000年1月20日、宗教家、哲学者、大学助教授、住職)の詩。
宗教にも詳しい猪木が、どこかで出会ったものと思われる。

「行くぞー
1、2、3、ダァー!」

上述の「道」から派生したのか、ブラジルで力道山にいきなり
「おい!裸になれ」
「よし、日本へ行くぞ!」
といわれ自分の人生が決まったからかわからないけれど、挑戦し続ける猪木にとって「行く」というのは、重要なキーワード。
危険な国での興行を発表したとき、『何で行くのか?』と問われ「危ないから行くんだ」と答えた。
 (1797456)

「人生に花が咲こうと咲くまいと
生きてることが花なんだ。
生まれてきたことが花なんだ。」

金がなかったり、大病を患ったり、他人に認められなかったり、イジメられたり・・・
人は、ちょっと苦しくなると死にたくなる。
すべて順風満帆な人生なんてありはしないのに・・・
壁を越えるために、そして生きる意味を表現した言葉。
 (1797454)

「馬鹿になれ!
とことん馬鹿になれ!
恥をかけ!
とことん恥をかけ!
かいてかいて恥かいて裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる。
本当の自分も笑ってた。
それくらい馬鹿になれ!!!」

猪木の詩集にも収録された一編。
引退を賭けて戦い、小川直也に敗れた橋本真也に贈った詩としても話題になった。

「やる前に負ける事考えるバカいるかよ。」

坂口征二をパートナーに蝶野正洋・橋本真也とのタッグ戦前のインタビューで、アナウンサーに負けた場合について質問されたときのコメント。
コメントと同時に、いや少し早めに、猪木はアナウンサーをビンタした。
 (1797458)

「何でもいい
どんなことでもいい
色んな体験をせよ
多少無茶でもいい
それで悪に染まっていく奴は、放っておいても悪くなるし
何をやっても、ぐれる奴はぐれる
ぐれない奴はぐれない
とにかくぶつかるのだ
そして1mmでもいい
前へ進め
夢に近づけ」

横浜で石炭問屋を営んでいた猪木の祖父はいっていた。
「何でもいいから、やるなら世界一になれ。」
エネルギーは、石炭から石油の時代になり、猪木一家はブラジルへ移住することになった。
祖父は、その渡航中に亡くなった。
猪木は、血糖値596、正常の5倍以上の糖尿病を患ったときもこういった。
「世界一元気な糖尿病になりました。」
74 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アントニオ猪木がリングデビュー60周年!ビームスがPOPUPコーナー『猪木ジャパン!』を開催中!!

アントニオ猪木がリングデビュー60周年!ビームスがPOPUPコーナー『猪木ジャパン!』を開催中!!

東京・新宿の「ビームス ジャパン」4階“トーキョー カルチャー by ビームス“にて、アントニオ猪木のリングデビュー60周年を記念したポップアップコーナー『猪木ジャパン!』を現在開催中です。
隣人速報 | 220 view
猪木・アリ戦などを実現!「過激な仕掛け人」新間寿氏がWWEの殿堂入りに!!

猪木・アリ戦などを実現!「過激な仕掛け人」新間寿氏がWWEの殿堂入りに!!

「猪木・アリ」戦などの実現に尽力し、昭和期の新日本プロレスブームをけん引した新間寿氏(84)がWWEの殿堂入りとなるのを記念し、東京・両国国技館にて記念セレモニーが開催されました。
隣人速報 | 665 view
【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

元プロレスラーで1964年の東京五輪ではレスリング代表としても活躍したマサ斎藤さんが、7月14日に亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。この記事では伝説の「巌流島の決闘」にもスポットを当てます。
隣人速報 | 4,794 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

プロレスラーの象徴ともいえる「アントニオ猪木」前回は、新日本プロレス旗揚げ直後の1974年に、「別冊少年チャンピオン」に掲載された伝記漫画をとりあげたが、今回はタイガーマスクの登場に沸いた1980年代のプロレスブーム期に発表された、『実録まんが・アントニオ猪木』を振り返ってみよう。
滝口アキラ | 2,213 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれているプロレス、そしてアントニオ猪木。過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』をご紹介。
滝口アキラ | 1,924 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト