夏の甲子園、歴代投球数ランキングBest10!
2019年8月8日 更新

夏の甲子園、歴代投球数ランキングBest10!

昨今、高校野球でのピッチャーの球数制限が話題です。未来ある若人のことを思えば、ひと夏の完全燃焼によるリスクとどちらを優先すべきか、真剣に考えるべき議論です。これまでに甲子園で投げぬいた投手についてまとめました。

4,447 view
昨今、高校野球でのピッチャーの球数制限が話題です。未来ある若人のことを思えば、ひと夏の完全燃焼によるリスクとどちらを優先すべきか、真剣に考えるべき議論です。

ただ、一人でチームを背負って投げ抜くような姿に、私たちはどうしても感情移入してしまうのも事実ですね。

アツい夏を届けてくれた、これまで甲子園で投げ抜いた投手について。球数の多い投手ベスト10をまとめました。

第1位 斎藤佑樹(早実) 948球

斎藤佑樹 全投球 06夏甲子園 決勝再試合

第1位はハンカチ王子こと斎藤佑樹。
2006年、ハンカチ王子フィーバーを巻き起こし、駒大苫小牧の田中将大との死闘はいまだ語り草となっています。

この年早稲田実業は見事優勝するのですが、斎藤佑樹が投げ抜いた試合数は7試合。
甲子園では決勝まで6試合ですが、この年の決勝戦は延長15回でも決着がつかず引き分け再試合。翌日の再試合でも先発を志願しました。
再試合のラスト、田中将大を三振に打ち取って早稲田実業は夏の甲子園で初優勝を飾ることとなりました。

早稲田大学でも活躍、満を持してのプロ入り後は苦悩の日々を送っていますが納得いくまで戦い抜いてもらいたいものです。

第2位 吉田輝星(金足農業) 878球

2018夏甲子園 金足農業 吉田輝星3年 全62奪三振

第2位は記憶に新しい吉田輝星。
惜しくも準優勝でしたが、2018年の甲子園に金足旋風を巻き起こしました。

斎藤佑樹と同じ日本ハムに入団、これからの活躍に期待がかかります。

第3位 川口知哉(平安) 820球

[プロ 野球 ハイライト] 【プレイバック甲子園】 1998 平安 川口知哉投手

1997年、平安高校を準優勝に導いた川口知哉。
当時西のドクターKと呼ばれ、甲子園不出場ながら東のドクターKとして有名な選手だった井川慶、鳥取城北高校の能見篤史と並んで高校生左腕三羽ガラスと呼ばれました。

ドラフト一位でオリックスに入団も4年で引退、現在は女子プロ野球の京都フローラで監督として活躍中。

第4位 今井重太朗(三重) 814球

<2014 | 第96回 夏 決勝戦> 大阪桐蔭-三重

2014年、三重高校を準優勝に導いた今井重太朗。
卒業後は中部大学に進学し、大学野球でも活躍しました。

第5位 島袋洋奨(興南) 783球

白球の記憶 春夏連覇・興南 〜第92回大会〜

2010年、興南高校の春夏連覇の立役者。
卒業後は中央大学に進学し、後に福岡ソフトバンクホークスに入団。

第6位 大野倫(沖縄水産) 773球

【懐かしの甲子園】 沖縄水産 大野倫

1991年、沖縄水産高校を準優勝に導きました。この年の甲子園はよく憶えています。
県大会では医者の警告を受けながら痛み止めの注射を打って登板し、第73回高校野球選手権大会への出場を決めた。県大会の優勝後は喜びよりも安堵感の方が強かったという。本大会では2回戦の対明徳義塾戦ですでに本来の制球力がない状態だったが、有力な控え投手がいないため決勝まで6試合全てで完投し、3回戦以降は4連投となった。大会中も泊まりがけで佐賀県の整体師を訪ねるほど満身創痍だったが、「お前と心中するぞ」という栽弘義監督の信頼に応えるために投げ続けた。「沖縄県勢初の夏制覇」の期待がかかる中で登板した大阪桐蔭との決勝戦では萩原誠に本塁打を浴びるなど、13失点で敗れた。毎日、栽監督のマッサージを受け、6試合で36失点しながら773球を投げ抜いたが、この決勝戦が大野の最後のマウンドとなった。大会後、右ひじの疲労骨折と診断され、手術を受けたところ剥離骨折した親指の爪ほどの骨片が複数摘出された。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

巨人・岡崎郁!1989年近鉄に3連敗後の4連勝で日本一!その立役者だった!

巨人・岡崎郁!1989年近鉄に3連敗後の4連勝で日本一!その立役者だった!

巨人(読売ジャイアンツ)のレギュラー岡崎郁(おかざきかおる)。オープンスタンスでの勝負強いバッティングから篠塚二世と呼ばれた。岡崎郁は近鉄との日本シリーズで活躍し、90年代前半まで巨人軍の勝利に貢献した名選手だった。
ひで語録 | 9,652 view
甲子園のアイドル荒木大輔!荒木トンネルまで作られたフィーバーぶり!

甲子園のアイドル荒木大輔!荒木トンネルまで作られたフィーバーぶり!

1980年代の甲子園のアイドルと言えば荒木大輔。1年時に愛甲猛率いる横浜高校と対戦。プロ野球ではヤクルトで活躍するも、怪我との戦いを強いられた荒木大輔。大ちゃんフィーバーも含め、荒木大輔の野球人生を振り返る。
ひで語録 | 12,797 view
不良!悪童!愛甲猛!高校時代のあだ名はあんぱん!打者転向の影に落合あり!

不良!悪童!愛甲猛!高校時代のあだ名はあんぱん!打者転向の影に落合あり!

1980年の甲子園優勝投手だった愛甲猛。ロッテと中日で打者として活躍。悪さをし尽くした高校時代や知られざる落合博満との関係等、エピソード満載で愛甲猛を振り返る!また、ドーピングにも手を出していたという事実も!
ひで語録 | 103,018 view
改めて松井秀喜選手の5打席連続敬遠とドラフトを振り返る

改めて松井秀喜選手の5打席連続敬遠とドラフトを振り返る

松井選手についての記事を書こうとしたら、エピソードが多すぎたので、とりあえず「巨人に入団するまで」を振り返る事にしました。怪物と呼ばれ全国的に有名となった高校時代。「五打席連続敬遠」や巨人に入団するドラフト会議までを振り返ります。
和尚 | 7,501 view
浪商エース・牛島和彦 ドカベン香川と組み甲子園で活躍!ビッグマウスでも実力はピカイチだった!

浪商エース・牛島和彦 ドカベン香川と組み甲子園で活躍!ビッグマウスでも実力はピカイチだった!

牛島和彦(うしじま かずひこ)。大阪・浪商高校時代の春選抜甲子園で準優勝!プロ入り後も救援投手として多くのセーブを記録。数々の豪快な逸話も取り上げます!!
ひで語録 | 16,625 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト