ジャパニーズ・メタルの大物が集結した幻のバンド「SLY」って知ってる?
2020年3月2日 更新

ジャパニーズ・メタルの大物が集結した幻のバンド「SLY」って知ってる?

1980年代のジャパニーズ・メタルを象徴する大御所バンドの元メンバーたちが集結した幻のバンド「SLY」について調べてみました!

8,080 view

SLY、夢のようなメンバー構成

1994年に結成された「SLY」。
まずはそのメンバーを見てみましょう。

ボーカル:二井原実(LOUDNESS)
ギター:石原槇一郎(EARTHSHAKER)
ベース:寺沢功一(BLIZARD)
ドラムス:樋口宗孝(LOUDNESS)

日本のヘヴィメタルシーンを席巻していた大物たちが集結しているのがわかりますよね。
なぜこのような夢のバンドが結成されたのでしょうか?

 (2170453)

結成

1994年、EARTHSHAKERを解散した石原がソロ活動するにあたり旧知であった二井原をアルバムにゲスト参加させようと誘ったところ一緒にバンドをやろうという話に発展したことがきっかけだという。
二井原はもともとEARTHSHAKERのオリジナルメンバーでもあります。

LOUDNESSを脱退していた樋口を誘い、元BLIZARDの寺沢を迎えジャパメタファンには夢のようなバンド「SLY」として活動が開始されました。

 (2170456)

活動

1994年に1stアルバム、翌年には2ndアルバムを発表。
しかしこのころのジャパニーズ・メタルシーンの低迷の影響もあったのか正統派HM/HR路線を貫く「SLY」は商業的な成功を収めることは難しかったようです。

1996年に発表した3rd アルバムはアメリカで録音しており、それまでとは違いプログレッシブロック要素の強い作品でした。

1998年にはレコード会社を移籍して4thアルバムを発表。
オーソドックスなジャパニーズヘヴィメタルスタイルに回帰した作品でした。

しかしこの4thアルバム「VULCAN WIND」を最後に活動を休止、事実上の解散となってしまいました。
 (2170459)

「SLY」活動休止後から現在

石原愼一郎

1999年、SLY活動休止後に京都のライブハウスの記念イベントにEARTHSHAKERとして参加。
これを機に再結成を宣言して活動再開を果たし、現在も精力的に活動している。

二井原実

SLY休止後、ファンキー末吉、橘高文彦、和佐田達彦とともに「X.Y.Z.→A」を結成。
2000年にはLOUDNESSが活動再開することになり並行して活動している。

寺沢功一

SLY休止後、B'zのレコーディングに参加したり、いくつかのユニットに参加したりと精力的に音楽活動を続けているようです。

2014年には会社を設立。

樋口宗孝

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バンド『X-RAY』ほとんどライブの実績がない状態でデビュー!天才ギターリストがいたバンドだった!!

バンド『X-RAY』ほとんどライブの実績がない状態でデビュー!天才ギターリストがいたバンドだった!!

バンド「X-RAY(エックスレイ)」は、1980年代にジャパニーズ・メタル・シーンにて活動した個性派ヘヴィメタルバンドでした。メンバーの湯浅晋は、テクニカルかつメロディアスなギタープレイで話題にもなりました。
星ゾラ | 26,556 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 153,404 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 144,237 view
渋谷系の陰に隠れてしまったオシャレ・ポップス「詩人の血」

渋谷系の陰に隠れてしまったオシャレ・ポップス「詩人の血」

詩人の血は 1986年、岡山県で結成されたバンドです。
かずくん | 249 view
1989年9月28日に放送された!!「ザ・ベストテン」の最終回で1位になった楽曲って!?

1989年9月28日に放送された!!「ザ・ベストテン」の最終回で1位になった楽曲って!?

1989年9月28日に放送された、昭和を代表する音楽番組「ザ・ベストテン」の最終回において、10位以内にランクインした楽曲を振り返ってみましょう。
となりきんじょ | 43,115 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト