阿久悠作品集CD「誰もが勇気を忘れちゃいけない」収録の”テレビまんが”テーマソングに込められた想い。
2018年12月25日 更新

阿久悠作品集CD「誰もが勇気を忘れちゃいけない」収録の”テレビまんが”テーマソングに込められた想い。

日本を代表する作詞家、阿久悠。世代やジャンルを超えて愛され続ける数多くの提供楽曲から、かつて”テレビまんが”と呼ばれたアニメ、特撮ヒーロー番組のテーマソング50曲を収録したCD「誰もが勇気を忘れちゃいけない」が発売。その記念イベントを前に、本企画を手掛けた秋廣泰生さんにお話しを伺いました。

2,171 view
当時、地元だった鹿児島ではウルトラマンタロウの放送が東京より遅かったんです。だから番組放送前にすでにレコードは発売されていて「なんだこの曲は!?」と衝撃を受けたのをいまでも憶えています。

異色な楽曲も楽しんでもらいたい

-「時の中を走り抜けて」や「ウルトラマンタロウ」とはまた違った阿久悠さんの世界観を楽しめる楽曲としてはどれを挙げられますか?
50曲のラストに収録した「追い出しの歌」ですね。

1974年のアニメ映画『ミュージカルファンタジイ ジャックと豆の木』のエンディング曲で、この映画はミュージカル全編の歌詞を阿久さんが手掛けているんです。

全ての歌を集めて発売されたLPレコードに収録されていた1曲で、当時以来、復刻されていなかったんですが、阿久さんからの大きなメッセージが込められていると思うので、ぜひこのCDアルバムのトリにしたいと思いました。

トリにすればこの歌劇のようなCDアルバム全体の“収まり“にもよいかと考えたんです。

収録50曲中、12曲が初のCD化!

初CD収録12曲の中には、「星の王子さまプチ・プランス」など、名曲なのに、なかなか復刻の機会に恵まれなかった歌を盛り込みました。

また、阿久悠さん作詞の数あるテーマソングのなかでも、今回は出来るだけ多くの作曲家、歌手の作品を揃えています。ぜひ多様な感性で阿久悠さんを改めて感じていただけたらと思います。

イラストについて

このCDアルバムの顔であるジャケットで、何を打ち出していくかと考えたときに“勇気”を一番に思い浮かべました。
それは時代を超えて子どもたちに訴えることが出来る普遍的なモノだと思います。

そして、そんなイメージを伝えたい思いで、現在、web漫画『王様ランキング』を描かれている十日草輔さんのジャケットイラストが実現しました。まさに大成功だったと手応えを感じています!

Amazon | 誰もが勇気を忘れちゃいけない~大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた~ | V.A. | アニメ | 音楽

3,456
誰もが勇気を忘れちゃいけない~大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた~がアニメストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
幼少期に馴染み深い曲から意外(?)な曲まで、阿久悠さんの手によって紡がれた子どもたちに向けたテーマソング50選。

ミドルエッジ世代ならぜひ感じてほしい作品となっています。

また、このCD発売を記念したトークライヴが開催されます。CDを聴いて阿久悠さんの世界を改めて感じたら、ぜひこちらにも足を運んでみてはいかがでしょうか?

2019年1月17日(木)、CD発売を記念したトークライヴ開催!

日本コロムビアpresents
CD『誰もが勇気を忘れちゃいけない』発売記念 トークライヴ

「大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた」
■日時:2019年1月17日(木)
■場所:ROCK CAFE LOFT is your room
■OPEN 18:30 / START 19:30
■前売(webにて予約)¥2,000/当日¥2,500(+要1オーダー)
阿久悠作品集CD『誰もが勇気を忘れちゃいけない』発売記念 トークライヴ決定!

作詞家・阿久悠が、アニメや特撮など、かつての子どもたちのために書いた歌50曲を収めた2枚組CD『誰もが勇気を忘れちゃいけない ~大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた~』の発売を記念してトークライヴを開催!
CDの企画者で秋廣泰生と音楽ライター不破了三が、収録曲を中心に阿久悠作詞の楽曲をかけながら、作品を深読み分析! CD制作の秘話や作品への熱い思い、阿久悠や楽曲にまつわるエピソードを語りつくす!

ナビゲーター

秋廣泰生(ライター/映像演出家)

秋廣泰生(ライター/映像演出家)

ライター/映像演出家。元・円谷プロ製作部所属。1980年代後半より、ウルトラマンシリーズをはじめ、円谷プロ作品の映像商品の制作や、出版物、CDの構成執筆を手掛ける。VHS時代の再編集ビデオの殆どで編集・演出を担当。テレビ番組演出は『ウルトラマンボーイのウルころ』『ウルトラマン列伝』など。現在、「円谷プロ特撮ドラマDVDコレクション」(デアゴスティーニ)執筆、円谷プロ作品Blu-rayの解説書を執筆。
不破了三(音楽ライター)

不破了三(音楽ライター)

音楽ライター。TV主題歌、アニメ・特撮ソング、劇伴、サウンドトラック、CM音楽等の商用音楽研究、解説を中心に活動。CDの企画構成、解説書製作、インタビュー等の他、WEBサイト『大人のMusic Calendar』『アキバ総研』でも記事を連載。ベーシストやDJとしても活動中。
<お問い合わせ>
ROCK CAFE LOFT:03-6233-9606
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

森雪之丞と同じポーズのキン肉マン!森雪之丞40周年BOXセット発売を記念してゆでたまごが描き下ろす!

森雪之丞と同じポーズのキン肉マン!森雪之丞40周年BOXセット発売を記念してゆでたまごが描き下ろす!

ザ・ドリフターズ「ドリフのバイのバイのバイ」で1976年に作詞家デビューした森雪之丞が、40周年記念を記念して「森雪之丞原色大百科」を発売した。森雪之丞はキン肉マンのテーマソング「キン肉マンGO FIGHT!」などの作詞を手掛けた事もあり、発売を記念してゆでたまごは、イラストを描き下した。
red | 5,056 view
アニメソング(アニソン)界の帝王「水木一郎」が歌う、忘れることの出来ないアニメたち!1970~80年代にフラッシュバック!!

アニメソング(アニソン)界の帝王「水木一郎」が歌う、忘れることの出来ないアニメたち!1970~80年代にフラッシュバック!!

水木一郎と聞けば、誰もが「アニソンの帝王」と答えるでしょう。佐々木功や子門真人、堀江美都子らとともにほとんどのアニソンを手掛けてきた水木一郎について、まとめてみます。
青春の握り拳 | 5,348 view
山野さと子さん、デビュー35周年おめでとうございます!

山野さと子さん、デビュー35周年おめでとうございます!

ミドルエッジの読者の皆様はがっつりテレビっ子だと思うのですが、アニメ・特撮などの主題歌を歌われたいわゆるアニソン歌手も人気が出始めた頃もご存じですよね。 昭和のアニソン歌手といえば佐々木功、水木一郎、子門真人、堀江美都子、大杉久美子、などなどの錚々たるメンバーが並びますが今回は昨年2015年でデビュー35周年を迎えた山野さと子さんについてまとめてみました。
金色の女将 | 5,592 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 1,133 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 951 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト