日本のロックシーンを根本から塗り替えた「キャロル」解散から45年!各メンバーのその後は?
2020年3月13日 更新

日本のロックシーンを根本から塗り替えた「キャロル」解散から45年!各メンバーのその後は?

1975年4月に解散した、伝説のバンド「キャロル」。この記事では、キャロルの概要及び彼らの解散後の人生を追っていきます。

5,679 view

日本のロックシーンを根本から変貌させた伝説のバンド「キャロル」

皆さんは「CAROL(キャロル)」というバンドをご存知でしょうか?あの矢沢永吉が在籍していたロックバンドで、1972年のデビューから1975年の解散までの間に、日本のロックシーンを根本から塗り替えてしまった伝説のバンドとして現在に至るまで語り継がれています。
 (2175106)

矢沢永吉、ジョニー大倉、内海利勝、ユウ岡崎の4人で主に構成されていたキャロル。彼らの特筆すべき点と言えば、その歌唱方法、音楽性、ファッションなどが挙げられます。ボーカル・ベースを担当していた矢沢の歌い方は「巻き舌唱法」と呼ばれ、日本語をあたかも英語のように巻き舌で歌うことで、本場のロックンロールに負けないノリノリのパフォーマンスを実現しました。そして、彼らのリーゼントに革ジャンのスタイルは当時の不良たちを直撃。ヤンキーファッションの先駆者として70年代~80年代の不良文化に多大な影響を与えました。

そんな彼らが解散したのは1975年4月13日のこと。あれから45年もの歳月が経過し、各メンバーがどのような道を歩んでいったのか、ここで掘り下げてみましょう。

キャロル ルイジアンナ

1975年4月13日、キャロル解散。

またたく間に熱狂的なファンを獲得し、一躍時代の寵児となったキャロルでしたが、その一方で矢沢と他のメンバーとの間で徐々に軋轢が生じていました。そんな中、ジョニーが内海を連れて別のバンドを結成しようと動いたところで矢沢との溝が決定的に。その結果、1975年4月13日に行われた日比谷野外音楽堂のライブをもって解散することとなりました。
 (2175116)

このライブには、会場のキャパを大幅にオーバーした7000人ものファンが押し寄せ、さらにライブの演出のために用意した特殊効果の炎が「CAROL」の文字の電飾に燃え移り、焼けながら崩れ落ちるというトラブルも発生。解散とともに「CAROL」の文字も燃え尽きるという、まさに伝説と呼ぶに相応しいライブとなりました。

解散後のメンバーの動向は?

わずか3年足らずという活動期間ながら、ロックバンドの金字塔として現在も語り継がれているキャロル。ここでは、解散後のメンバーの動向について詳しく見ていきたいと思います。

矢沢永吉

矢沢永吉は、解散後ただちにソロ活動を開始。1975年9月にソロデビューシングル「アイ・ラヴ・ユー、OK」を発表し、以降、キャロル時代とは一線を画した音楽性を展開していきます。そして1978年3月に発表したシングル「時間よ止まれ」はオリコン1位を獲得する大ヒットとなり、80年代にはソロシンガーとして人気が定着。以降、現在に至るまでロックの重鎮として君臨しています。また、サントリー「BOSS」のCMに出演するなど、タレントとしても活躍中。

ジョニー大倉

ジョニー大倉は、音楽活動の傍ら俳優業にも進出。1975年には映画「異邦人の河」に主演し、テーマソング「いつになったら」を発表しました。さらに1981年には映画「遠雷」にて、日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞。その後も「戦場のメリークリスマス」「チ・ン・ピ・ラ」といった映画などで活躍を続けていきました。その一方で、1989年には内海利勝、高橋ジョージらとバンド「THE PLEASE」を結成するなど、音楽活動も精力的に行っています。しかし21世紀に入ると体調を崩し、2009年には悪性リンパ腫、2013年には肺癌を患い、2014年11月19日に死去しました。62歳でした。
 (2175121)

35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2020/3/16 01:58

    こないだのYAZAWAのインタビューでは、(同じ事してるなんて)A・MA・I とか言われちゃってるけどね・・・何だかな

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

結成から40周年!あの横浜銀蠅がオリジナルメンバーで再結成!ライブツアーやニューアルバムを発表!!

結成から40周年!あの横浜銀蠅がオリジナルメンバーで再結成!ライブツアーやニューアルバムを発表!!

1980年のデビュー以来、「ツッパリ」を前面に押し出したロックンロールバンドとして数々の伝説を生み出してきたT.C.R.横浜銀蝿R.S.が、2020年に結成40周年を迎えるにあたり、オリジナルメンバーでの再結成を行うことが明らかとなりました。
隣人速報 | 6,356 view
ロックのレジェンド・矢沢永吉がミュージックフェアに2週連続で出演決定!あの「タオル投げ」の秘話などを語る!!

ロックのレジェンド・矢沢永吉がミュージックフェアに2週連続で出演決定!あの「タオル投げ」の秘話などを語る!!

9月4日に7年ぶりのニューアルバム「いつか、その日が来る日まで...」をリリースする矢沢永吉が、フジテレビ系の音楽番組「MUSIC FAIR」に2週連続で出演することが明らかとなりました。出演日は9月7日、9月14日。
隣人速報 | 1,072 view
『成りあがり』『アー・ユー・ハッピー?』に続け!矢沢永吉、最後の写真集『俺 矢沢永吉』が発売決定!!

『成りあがり』『アー・ユー・ハッピー?』に続け!矢沢永吉、最後の写真集『俺 矢沢永吉』が発売決定!!

ぴあ株式会社より、矢沢永吉の最後の写真集『俺 矢沢永吉』が発売されることが明らかとなりました。発売予定日は4月15日。現在、好評予約受付中です。
隣人速報 | 653 view
「カルメン・マキ&OZ」が41年ぶりに再結成!クラブチッタのイベントには高中正義、久保田利伸らも集結!!

「カルメン・マキ&OZ」が41年ぶりに再結成!クラブチッタのイベントには高中正義、久保田利伸らも集結!!

「時には母のない子のように」の大ヒットで著名なカルメン・マキを中心に結成され、70年代のロックシーンに大きな影響を与えた伝説のバンド「カルメン・マキ&OZ」が、実に41年ぶりの再結成をすることが明らかとなりました。
隣人速報 | 710 view
ロックは英語で歌うべき!?70年代に起こった「日本語ロック論争」とは?

ロックは英語で歌うべき!?70年代に起こった「日本語ロック論争」とは?

現代の日本のロックでは一般的になっている「日本語と英語が入り混じった歌詞」。一方で、1970年前後に「ロックは日本語で歌うべきか、英語で歌うべきか」が真剣に論じられていたのを皆さんご存知でしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト