【テグザー】飛行機形態に変形可能なロボット「テグザー」!高速8方向スクロールと秀逸なゲームサウンド(BGM)も話題の人気アクションシューティングでした!!
2016年4月1日 更新

【テグザー】飛行機形態に変形可能なロボット「テグザー」!高速8方向スクロールと秀逸なゲームサウンド(BGM)も話題の人気アクションシューティングでした!!

飛行形態とロボット形態に可変する自機を操り、8方向スクロールで広大なマップを戦う「テグザー」。1985年にPC-8801mkⅡSR向けに登場したのを皮切りに各種の8ビットパソコンに移植、ファミコン版も登場しました。その販売本数は累計で100万本を超えたとされ、当時のパソコン用ゲームとしては世界で最も売れた作品の一つでした。どことなく物悲しいBGMが耳に残る「テグザー」を振り返ります。

6,472 view

絶大な人気を誇った「テグザー」

80年代、可変形態モノはやはり人気でました!

THEXDER オープニング - YouTube

テグザーのオープニング
1985年、8ビットパソコン全盛期に発売されたゲームア...

1985年、8ビットパソコン全盛期に発売されたゲームアーツ初作品のアクションシューティングゲーム「テグザー」

飛行機形態に変形可能なロボット「テグザー」を操作し、小惑星ネディアムの磁力線発生装置を破壊するという内容で、全16面+裏16面(画面の色合いが暗めになり、敵の耐久力が高くなる)、それ以降は裏16面のループ。
滑らかなアニメーションと高速な8方向スクロール、戦略性の高さ、広大なマップ、FM音源(PC-8801版)によるBGMが人気を呼び、特に最初に発売されたPC-8801mkIISR版では、広告で、その人気を背景にしたものもあった。
実際にはSR固有の機能は、然程使われておらず、高速な8方向スクロールは、背景をスクロール単位のマップパーツで構成し、実際に描画処理を行うのは、キャラクターと、スクロールによって変化する部分のみという設計にあった。その販売数またMSXなど日本の主要な8ビットパソコンに移植され、それらの機種でも人気を獲得した。
当時の日本製PCゲームとしては珍しく海外でも知名度が高い

当時の日本製PCゲームとしては珍しく海外でも知名度が高い

海外ではゲームアーツからライセンスを受けたアメリカのシエラ社がApple IIGSに移植し、ヒットさせた。他にもIBM PCやTRS CoCoなどかなりの機種に移植され、当時の日本製PCゲームとしては珍しく海外でも知名度が高い。
北米で発売されたApple II GS版のパッケージには「50万本を超える売り上げ」の宣伝文句が載っている。その後北米で1990年に発売された『Fire Hawk』のパッケージの宣伝文句によると「テグザー」の売り上げは100万本を超え、当時のパソコン用ゲームとしては世界で最も売れた作品の一つであったという。
ファミコン版の販売はスクウェアが担当

ファミコン版の販売はスクウェアが担当

PC-8801mkIISR : 1985年4月
PC-8001mkIISR : 1985年6月
PC-8801/MkII : 1985年7月
X1 : 1985年7月20日(テープ版)/1985年8月(ディスク版)
※スクウェアより発売
FM-7/77/77AV : 1985年10月
ファミリーコンピュータ : 1985年12月19日
※スクウェアより発売
MZ-2500 : 1986年3月
※アスキーより発売
PC-9801シリーズ : 1986年4月
MSX : 1986年7月
※移植はコンパイルが担当
PC/AT(PC-DOS) : 1987年(米Sierra社より発売)
Apple IIGS : (米Sierra社より発売)
Macintosh : (米Sierra社より発売)
Windows 95 : 1995年(米Sierra社より発売、内容は別物)

テグザーのシナリオ

敵の小惑星内部にある磁力線発生装置を破壊!

小惑星ネディアムの磁力線発生装置を破壊するのがテグザー...

小惑星ネディアムの磁力線発生装置を破壊するのがテグザーのミッション

兵器開発船「レイピナ」が謎の小惑星「ネディアム」より発せられる磁力線に捕まり、離脱できなくなってしまった。外部からのレーザーやミサイルによる攻撃に対して絶大な防御力を示したネディアムは、調査により内部にある装置から磁力線を発していることが判明した。この磁力線は、レイピナのような大型の物体に対してのみ作用していたのである。
このためレイピナは、磁力線の影響を受けない小型機による攻撃を行う必要があった。そしてこの計画に開発中の最新試作兵器ハイパーデュアルアーマー「THEXDER(テクザー)」が選ばれ、ネディアムに向け発進した。

[PC-88] Thexder (1985) (Game Arts) - YouTube

PC-88版テグザー

飛行形態とロボット形態で武器の照準が異なる

ロボット形態ならひたすら撃ちまくりでよかった!!

サイドビュー8方向自由スクロール、敵を自動照準レーザー...

サイドビュー8方向自由スクロール、敵を自動照準レーザーやバリアで接触破壊しながら前進

エネルギーによるライフ制で一機のみ、セーブ機能は無い。
武器は自動照準で自機正面180度の範囲で発射されるレーザー(16発でエネルギーを1%消費する)だが、バリアボタンを押すと10%のエネルギーを消耗して、敵に一定のダメージを与えながら損耗する(放って置いても一定時間で消滅する)バリアを張る事ができる。
また飛行形態ではロボット形態で受ける重力(一定の高さ以上にはジャンプできない)の影響を受けずに飛べるものの、自動照準機能は切れ、進行方向にのみレーザーが発射される。
しかし複雑なマップや並み居る敵キャラが行く手を阻み、個性的な敵の行動を見極めて対処しなければ先には進めない。
破壊するとエネルギーが得られる敵キャラクターが在る他、やはり破壊するとエネルギー上限(最大500%)が増える敵もあり、所々に大量のエネルギーを与える隠しキャラ(UFOやチューリップ・ヤマト・ミンメイ人形など)があり、これらを破壊しながら先に進む。各レベルをクリアする毎に最大エネルギー容量が10%ずつ増える。

【FC】テグザー - YouTube

ファミコン版テグザー

ゲームの進行は無限ループ

エンディングはゲームオーバーのときだけ流れる

エンディングはゲームオーバーのときだけ流れる

エンディングは自機が破壊されたときのみ流れるソナタ「月光」で、逆に破壊されないで先に進んでいくと、際限なく裏エリアを彷徨う事になる。
レベル表示は最大99までとなっているが、それ以上は表示が崩れる(レベル114まで進んでも繰り返し)。

THEXDER エンディング 「Moon Light SONATA」 - YouTube

テグザーのエンディング(ゲームオーバー画面)

後に続編も登場しました

1989年に発売された続編「ファイアーホーク」

1989年に発売された続編「ファイアーホーク」

「テグザー」直系の続編で、テグザーで人気だった自動照準レーザーと飛行機形態に変形するロボットを操作するアクション・シューティングに、謎解きや戦略性の要素を強化した内容となっている。
対応機種はMSX2とPC-8801MkII SRで、後の1990年にPC/AT(PC-DOS)向けが米Sierra社から発売された。
爆発的ヒットを飛ばした『テグザー』の続編ということで人気を博した。なおゲームタイトル下には「Thexder The Second Contact」と記載され、ストーリー的にも連続していることが示された。
その他の続編

「アリシアドラグーン」
1992年4月24日にメガドライブで発売。システムがテクザーの延長上にある。

「メジャーハボック」
1983年のアタリのアーケードゲーム。プログラマが参考にした作品。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【貧乏だった私を救ったPC】カシオのMSX【PV-16】

【貧乏だった私を救ったPC】カシオのMSX【PV-16】

この記事は懐かしいゲームの攻略法などは書いておりません。貧乏な中坊がパソコンをやっと買い、あれこれやっただけの記録です。懐かしくて涙が出るような記事ではありませんが、可哀そうで涙が出るかもしれません。貧乏人を救い、結果MSX自体を過去のものにしてしまったとの噂もある「カシオのMSX」についての記事です。
ジバニャンLOVE | 10,181 view
【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

1980年代のゲームといえばみんな大好き?ファミコン!というわけで「もちろん知ってるよ!」なことから「ちょっと難しいかも!?」なことまで10問、クイズ形式にしてみました。ぜひぜひ、お気軽に遊んでみて下さいね。
これが王道?「グラディウス」スタート時の自機パワーアップ手順!たまにミスって"DOUBLE"とってしまうと即リセット!!

これが王道?「グラディウス」スタート時の自機パワーアップ手順!たまにミスって"DOUBLE"とってしまうと即リセット!!

横スクロールシューティングゲームの王道といえばコナミの「グラディウス」。数々の続編も登場したこのシリーズ、初期作品に入れ込んだ人も多いことと思います。このグラディウス、ゲーム開始時の自機パワーアップはほぼお約束のパターンだったと思います。
青春の握り拳 | 17,877 view
ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』は、1982年にデータイーストから発売されたアーケードゲームの移植作品です。1985年にナムコから発売されました。追いかけてくる敵から逃げて、巨大なハンバーガーを完成させるというパズル要素を含んだアクションゲームでした。
星ゾラ | 3,717 view
RPGの雄、日本ファルコムが得意とした「泣きのBGM」ともいうべきFM音源のゲームサウンド8選!

RPGの雄、日本ファルコムが得意とした「泣きのBGM」ともいうべきFM音源のゲームサウンド8選!

PC-88に代表されるパソコンユーザーだった人にとって「日本ファルコム」といえばドラゴンスレイヤー、イース、英雄伝説シリーズなど数々の名作RPGを生み出したゲームメーカーとして記憶に残っていることでしょう。そしてあのFM音源を完璧に駆使した「泣きのBGM」ともいうべき秀逸なゲームサウンドを提供した会社としても。そんな名曲BGMから8選、取り上げてみたいと思います。
青春の握り拳 | 7,797 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト