水戸黄門の入浴シーンで余りにも有名な「由美かおる」。奇跡のプロポーションは圧巻です!
2019年10月23日 更新

水戸黄門の入浴シーンで余りにも有名な「由美かおる」。奇跡のプロポーションは圧巻です!

有名な話ではありますが、15歳でデビューした由美かおるのプロポーションは、現在に至るまでほぼ変わっていないらしいです。水戸黄門の入浴シーンだけではなく、その奇跡のプロポーションをじっくり堪能してみようではありませんか。

4,831 view

由美かおる

由美かおると言えば、何を連想しますか?そりゃ、訊くまでもありませんね。そう、入浴です。お風呂ですよね。テレビドラマ「水戸黄門」での魅惑のシーン。これが楽しみで「水戸黄門」を観ていた男性は多いものです。いえ、それどころか由美かおるのスタイルの良さに憧れる女性も楽しみにしていたのだとか。しかし、しかしですよ、由美かおるの魅力はそれだけではありません。順を追ってみてみましょう。

デビューは1965年「サンデー志ん朝」とされています。由美かおる15歳の時ですね。
由美 かおる

由美 かおる

本名:西辻 由美子
生年月日:1950年11月12日
出身地:京都府京都市
血液型:B型

公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重:157 cm / 44 kg
スリーサイズ:86 - 58 - 86 cm
「サンデー志ん朝」にしろ、翌年から出演した「11PM」にしろ、抜群のプロポーションに網タイツ姿が話題となっています。若い時からお色気があったということですねぇ。
それでは、水戸黄門だけではない由美かおるの魅力、先ずは歌手編です。

炎の女

由美かおるが「水戸黄門」で入浴シーンを披露するようになるのは80年代中旬以降です。デビュー当初からお色気を発揮していたとはいえ、入浴はまだまだ後です。
それよりも、由美かおるは80年代前半まで歌手と女優を並行して活動してるんです。歌手としての由美かおる、これがまたエロいんですよ。
炎の女

炎の女

作詞:千家和也
作曲:森田公一
編曲:竜崎孝路
1967年「レモンとメロン (B面: みんなあげましょう )」で歌手デビューした由美かおるは、その後「いたずらっぽい目 」、「珊瑚のくちびる 」、「デートの日記」、「愛の風船」、「二人の朝を 」など60年代は男性を意識したシングルを立て続けに発表しています。まぁ、70年代に入ってもその傾向は変わりません。が、歳と共に色っぽくなってくるんですよね。
1973年に発売された「炎の女」などは、もう、魔性の女って感じになってます。

由美かおる 炎の女 1973

ちょっと、ちょっと。コメンテーターの声が大きすぎて、由美かおるの歌が聞こえないではないか!「黙っとけ」、思わずそう叫びたくなります。

サウンド・イン・"S"

1974年4月から1981年3月までTBS系列局で放送されていた「サウンド・イン・"S" 」という番組をご存知でしょうか?佐良直美、しばたはつみ、そして由美かおるの3人を初代司会に迎えた大人のための音楽番組でした。
もうちょっと歌っている由美かおるを観てみたいというリクエストにお応えして(?)、「サウンド・イン・"S" 」で歌い踊る由美かおるを観てみましょう。

由美かおる サウンド・イン・"S"

1978年の映像のようですが、カワイイですよね。由美かおるの衣装はホットパンツってやつですが、現代のショーパンとはなんかちょっと違ってますね。断然ホットパンツが良いです。そもそもネーミングがね、もうそれだけで勝負ありって感じですよ。

同棲時代

女優として由美かおるが注目、評価されたのは、1973年に公開された映画「同棲時代-今日子と次郎-」と同年に続いて公開された「しなの川」によってでしょう。どちらもヌードを披露しているというのも大きなポイントですね。妖精のようなとでも言いましょうか、実に均整のとれた体つき。もう辛抱たまらんとはまさにコレのことですね。当然、映画は大ヒットしました。
同棲時代-今日子と次郎-

同棲時代-今日子と次郎-

監督:山根成之
原作:上村一夫
脚本:石森史郎
撮影:川又昴
音楽:青山八郎
出演:由美かおる、仲雅美、大信田礼子、入川保則、進千賀子、ひし美ゆり子
あらすじ | ある日、雑踏のなかでばったりと再会した今日子(由美かおる)と次郎(仲 雅美)。一夜を過ごしたふたりはそのまま次郎の部屋で一緒に暮らすことを決めた。ある日、今日子は会社の社長の上条(入川保則)から結婚してほしいとプロポーズをされる。しかし「わからない部分の多い完成された男よりも、やることなすこと丸見えで未完成の男の方が私には愛しい」と今日子は次郎を想った。結婚には縛られない、純粋な愛のかたち。ふたりだけの自由でしあわせな同棲時代。そんな時、今日子は自分が妊娠していることを知る。次郎にそのことを打ち明けると...。
上村一夫原作による人気漫画の映画化です。もちろん話題は由美かおるの初ヌードが拝める!これに付きます。

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション『同棲時代』2015/8/5リリース!

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

小川菜摘さんのアイドル時代が凄すぎだった!現在は大物芸人の妻として注目される理由や夫婦仲は?

小川菜摘さんのアイドル時代が凄すぎだった!現在は大物芸人の妻として注目される理由や夫婦仲は?

小川菜摘さんと言ってもピンとこない方でも、ダウンタウンの浜ちゃんの奥さんとして分かる方の方が多いかもしれませんね。知ってる人も少なくないかもしれませんが、小川菜摘さんは「オナッターッズ」としてアイドル、女優としても活躍していました。清純派ではないその活動と、ここでは現在注目されている理由にも触れていきます。
あおい@ | 3,326 view
野村将生さんの「野村真樹」アイドル歌手時代!どんな活躍をしてたのか、嫁は誰?

野村将生さんの「野村真樹」アイドル歌手時代!どんな活躍をしてたのか、嫁は誰?

野村真樹さん、現在は野村将希の名前で俳優として現役で活躍されていますが、野村真樹の名前の時代は歌手でしかもアイドルだったって知っていますか?ここではそんな野村真樹さんのアイドル時代を掘り下げて、かなりモテたという野村真樹さんのアイドル時代にどんな活躍をしていたのか、嫁は誰なのか、紹介していきます。
あおい@ | 314 view
1975年『潮騒』は山口百恵の15歳の初々しいヌードシーンで話題になった注目の三島作品!

1975年『潮騒』は山口百恵の15歳の初々しいヌードシーンで話題になった注目の三島作品!

三島由紀夫原作の『潮騒』ですが、これまで5作品で映画化がされています。中でも4作目・1975年公開では、撮影時15歳で清純派歌手の山口百恵さんが主演を務めたことでそのヌードシーンに注目が集まりました。 そしてここでは、原作者でもある三島由紀夫についても少し、触れてみたいと思います。
あおい@ | 3,678 view
【訃報】 藤田朋子、林葉直子、島田陽子などのヘアヌード写真集を仕掛けた「毛の商人」高須基仁さん死去。

【訃報】 藤田朋子、林葉直子、島田陽子などのヘアヌード写真集を仕掛けた「毛の商人」高須基仁さん死去。

「ヘアヌード」の仕掛け人として、数多くのアイドル・女優のヌード写真集を手がけた出版プロデューサー、高須基仁(たかす もとじ)さんが、9月17日に肺がんのため東京都内の病院で亡くなりました。71歳でした。
隣人速報 | 7,272 view
【中村由真】スケバン刑事からオールヌードまで披露した彼女の今は?

【中村由真】スケバン刑事からオールヌードまで披露した彼女の今は?

アイドル黄金期の1986年に週刊ヤングジャンプのオーディションでグランプリを受賞し、彗星の如く芸能界に現れた中村由真さん。トップアイドルだった彼女の人柄や輝かしいデビューからの軌跡と現在の様子をまとめてみました。
チャーミー | 52,020 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト