日本情緒? 〜哀しく懐かしいSFアニメ「ムーの白鯨」
2016年2月22日 更新

日本情緒? 〜哀しく懐かしいSFアニメ「ムーの白鯨」

観られた記憶のある方にはもの哀しく懐かしい、未観の方には新鮮かも!? 〜1980年放送のアニメ「ムーの白鯨」。しかと振り返られよ(観られよ)

4,244 view
 (1581049)

ムーの子どもたち

1980年に放送されたSFアニメ「ムーの白鯨」。
覚えてらっしゃいますか?
『ムーの白鯨』(ムーのはくげい)は、日本テレビ系列で放送されたよみうりテレビ、東京ムービー制作のテレビアニメである。全26話。キー局のよみうりテレビでは1980年4月5日から同年9月27日まで、関東の日本テレビではキー局より1日早く、1980年4月4日から同年9月26日まで放送された。
まずは筆者の耳に残っている印象深いエンディング曲をお聞き下さい。

信じるかい - YouTube

ムーの白鯨ED

画像の少女はヒロイン、マドーラ。
下は「白鯨」。
アニメ、ムーの白鯨のエンディング曲「信じるかい」でした(よかったら実際のエンディング動画も探してみて下さい)。
もの哀しい曲ですよね、、かつて自分はいまの自分ではなく、すばらしい文明と仲間、自由な力があった。現代社会の学校やら受験やらやがては社会やら、、そんなものは本来の自分ではないのに、いまでは自由の翼をなくした現代人でしかない自分、、そんな感じですよね。

前世の夢を見た主人公たちが、その仲間たちを募るという設定の86年からはじまった漫画「ぼくの地球を守って」の影響か、
オカルト雑誌(その名も^^;)「ムー」への同様の投稿が過熱し編集部の大人たちもびびり、自殺未遂騒ぎにまでなって、作者が、飽くまでフィクションですから、と断り書きを付けたという出来事を思い出しますね、、
89年12月出版の『ぼくの地球を守って』の第8巻では、作者の日渡先生が、フィクションと現実の区別を付けるようにと注意を促しました。
まあもちろん、筆者をはじめほとんどの子どもたちは、そんな前世のほんとうの自分なんて、思いもしないしもちろん本気にもしない訳ですが、
いまの自分はほんとうの自分ではなくて、、なんて空想は、いつの世にも(いまもなのかなあ?)とくに子どもにはある空想ですよね、、そしてこのアニメ「ムーの白鯨」はそんな思いを哀しくつついてきます、、T^T

、、あ。オープニング曲も久しぶりに聴いてみたら、これもエンディング曲とおんなじ調子ですねf^^;
ふつう、エンディング曲は暗かったり重かったりしても、オープニング曲は元気だったり勇ましかったりが定番ですのにね。さすが、ムーの白鯨^^;
いまではすっかり、あのお歳でなおすさまじく高いテンションのアニキとしてばかり認知されているみたいな水木一郎氏が、どちらも切々と歌い上げているのが印象的ですね、、

ムーへ飛べ - YouTube

ムーの白鯨OP

あらすじ

さて、あいかわらず前置きが長くなりましたが、ここらであらすじをご紹介。
1982年3月、惑星直列が起こった。このとき、地球への影響は全くないとされたにもかかわらず、世界各地に異常現象が相次いだ。実は、太陽系某所に3万年の時を超え、アトランティス大陸が出現したことがこの事態の原因であった。一方、時を同じくして太平洋の深海に巨大なモノが目覚めた…。

今から3万年の昔、地球には文明の発達した二つの大陸があった。アトランティスとムーである。ムーは平和を愛する海の民であり、白鯨をシンボルとした。太陽は燦々と降り注ぎ、人々は平和に暮らしていた。一方、アトランティスはコンドルをシンボルとする山の民であり、戦いを好んだ。科学を高度に発達させるオリハルコンを持つアトランティスの帝王ザルゴンは、その力をもって一段と強力な軍事国家を造り上げていった。ムーの指導者ラ・ムーはアトランティスとムーの力の対決が地球を滅ぼすことを案じ、自らの力と引き換えにアトランティスを異次元へと飛ばした。一方、ムーも海面下に没した。

現代に蘇ったアトランティスは失われた力の源・オリハルコンを求めて地球へ侵攻を開始する。 一方、あらかじめこのことを予期していたラ・ムーは自らの脳を白鯨に移し、3万年の時を超えて蘇った。イースター島に集められた少年少女たちは白鯨のもと、ラ・ムーの娘マドーラとともにアトランティス帝国に立ち向かう。
ムーの白鯨は、原作なしのオリジナルストーリー。
制作の東京ムービー初めてのオリジナルだそうです。

サイボーグ化によって3万年の時を経て現代へと父ラ・ムーからの使命を帯びたマドーラは、
テレパシーによって、ムーの戦士の生まれ変わりである少年少女たちをイースター島に集めます。
古代の超科学、運命(さだめ)をもって転生した主人公たち少年少女の闘い、、なんか当時の日本製ジュブナイルSFの匂いがしますよね。なんだか懐かしいSFです。

転生の戦士 —あつまった少年少女たち

 (1581006)

右から4人目:白銀剣
右から2人目:白鳥麗
一番右   :白城譲
一番左   :白風信
左から2人目:白川学
右から3人目:マドーラ
信の肩に乗る一角天使:ミュー
転生の5人の戦士たちはみんな名字に「白」が入るのですね。ここらへんのベタさも懐かしくていいですね^^
国際色豊かな覚えがあったのですが、一人譲がブラジル出身というだけですね。
これだけでも当時子どもの筆者には印象深かったのでしょう。

白銀剣 (声:武岡淳一)
ケン。15歳。ムー戦士長・ケインの生まれ変わり。漁師町育ちの熱血漢。勇気があり、思いやりも深いが、口が悪いため誤解されることも。戦闘になると熱くなって無鉄砲な行動に出てしまいがち。しかし、やがて使命に目覚め、リーダーとして成長してゆく。

白鳥麗 (声:千々松幸子)
レイ。14歳。ムー戦士・レイナの生まれ変わり。元テニスプレーヤー。予知能力を持つ。

白城譲 (声:井上和彦)
ジョー。15歳。ムー戦士・ジョナスの生まれ変わり。ブラジル出身。元プロサッカー選手。
拗ねた態度の剣と対立することが多かった。互いに理解しあうようになり一番の親友に。

白風信 (声:鈴置洋孝)
シン。15歳。ムー戦士・シンムの生まれ変わり。思いやりのある、おっとりとした性格。動物たちと話ができる。

白川学 (声:つかせのりこ)
ガク。13歳。ムーの学者・ガラクシャの生まれ変わり。天才的頭脳を持つが、運動音痴。仲間思いの優しい性格。

マドーラ (声:吉田理保子)
ラ・ムーの娘。14歳。ムー大陸滅亡時にサイボーグ化手術を受け、3万年の時を生き抜いてきた。

ミュー (声:栗葉子)
白鯨の中に居る一角天使。白鯨のことを知りつくしている。

ラ・ムー (声:杉田俊也)
ムーの預言者、指導者。自らの脳を白鯨に移し、3万年の時を超えて蘇った。主人公たちと会話するときはスクリーンに老人の姿を投影。声が聞こえるだけということもあった。

アトランティス陣営

 (1581027)

左から1人目   :コンドラ
2人目      :ゴルゴス
3人目      :プラトス
4人目      :ラ・メール
後ろ       :ザルゴン
コンドラ (声:沢田敏子)
永眠中の夫・ザルゴンに代わりアトランティスを率いる女帝。

ゴルゴス (声:伊武雅之(現・伊武雅刀))
アトランティス第一皇子。地球派遣軍司令官

プラトス (声:古川登志夫)
アトランティス第二皇子。地球派遣軍副司令。ゴルゴスの死後は司令官。非常に誇り高く正々堂々と闘うことを信条としている。

ラ・メール (声:小山茉美)
アトランティス親衛隊隊員。プラトスとは幼馴染で、想いを寄せる。

ザルゴン (声:渡部猛)
アトランティス帝王。3万年前に力の源・オリハルコンを失ったために永眠している。冷酷な人物で、部下はおろか妻子を失うことも厭わない。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 385 view
ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 2,621 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 4,249 view
「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

アニメ『マイロ・マーフィーの法則』が、ディズニー・チャンネルで4月16日(日)から放送開始。同アニメでは「マーフィーの法則」で知られているマーフィーの子孫が主人公として登場する。
red | 688 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト