RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(8)
2017年12月21日 更新

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(8)

今回は「Z-MSV」で設定されている機体が中心となります。無論引き続き「Z計画」上の機体が多いのですがそもそもこの計画自体の始まりも終わりもあいまいなのでこれと言ってはっきりは断言できませんが・・・

11,001 view

はじめに

前回までのおさらい

先ずは前回までのガンダム系MSの発展のざっとしたおさらいをしておきましょう。というのはグリプス戦役と第一次ジオン抗争の間の期間が短く、ZZガンダムとその時期のMSはZガンダムのシリーズで登場した機体とかなり被っていて混乱が生じないようにザクッとまとめた表がありますのでそれをまず見ていきましょう。
ガンダムの進化と変遷(1)

ガンダムの進化と変遷(1)

神話となりし最強のMS「ガンダム」進化の系譜
P36
出典 TJ MOOK 「ガンダム」白書 宝島社刊
ガンダムの進化と変遷(2)

ガンダムの進化と変遷(2)

神話となりし最強のMS「ガンダム」進化の系譜
P37
出典 TJ MOOK 「ガンダム」白書 宝島社刊
この図が実に分かりやすいと思います。(勝手に引用させてもらっちゃってゴメンナサイ!)
実はこの資料集もとても解りやすく解説してあり、僕も愛用させてもらっている1冊です。
RX-78からνガンダム果てはVガンダムまでの流れが良く判りますね。文章でいくら説明しても
この図だけで1目見てもらう方が理解しやすいでしょう。

Amazon | 「ガンダム」白書 (TJMOOK) | 通販

972
Amazon配送商品なら「ガンダム」白書 (TJMOOK)が通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

近藤和久版『機動戦士Ζガンダム』(コミックボンボン)

RX-178V-3

ガンダムMK-Ⅱ3号機

ガンダムMK-Ⅱ3号機

出典 機動戦士Zガンダム メディアワークス
ご存知!ガンダムMK-Ⅱですね。カミーユ・ビダンが搭乗していたのがこの機体です。1号機から2号機と改修されさらに1歩改良したのがこの機体です。近藤版機動戦士Zガンダムでは彩色されている画像がありませんでしたのでモノクロとなっていますがカラーリングは皆さんご存知の通りだと思います。ティターンズがこの後の4号機の事故も含めて開発を中止したというのが公式設定とされていますが近藤版ではティターンズでクワトロ・バジーナが百式改を運用していることから考えてもその後のガンダムタイプの第2世代MSの開発を続けていたと考えてよさそうだと思います。

RX-178V-2

ガンダムMK-Ⅱ2号機

ガンダムMK-Ⅱ2号機

画像が一部欠けています。(特にシールドの部分)
出典 機動戦士Zガンダム メディアワークス
大河原と藤田による準備稿が提出され、これらは『Ζガンダム』製作決定の報に合わせてバンダイの模型情報等で公開される事となる。放送前年の模型見本市でも、新商材である『Ζガンダム』をアピールするために準備稿をベースとしたフルスクラッチモデルが参考出品という形で展示された。このモデルは模型情報誌上でも製作を担当したプロモデラー・小田雅弘が製作記事を書く形で紹介され、多くのファンの目に触れている。また、近藤和久がコミックボンボンで連載した漫画版『Ζガンダム』において、準備稿のうちの2案(うち1案は、上記のモデル化されたもの)がガンダムMk-IIの1号機および2号機として登場した。
以上のような経緯から生まれた近藤版MK-Ⅱはアニメ版とデザインが異なる部分があり30年以上も過ぎているのにまだ新しい想いでコミック版が楽しめます。特にこの近藤版機動戦士Zガンダムはストーリーそのものからして公式設定とかけ離れていて読んでいてワクワクさせてくれるものでした。

RX-178V-1

ガンダムMK-Ⅱ1号機

ガンダムMK-Ⅱ1号機

出典 機動戦士Zガンダム メディアワークス
この機体が初めてのMK-Ⅱです。2号機や3号機と違う装備が各所に見られますね。AE社が解析のため持って行った機体がこの機体のはずです。この辺のくだりはこのコミックでは説明されていませんでしたが、公式設定ではこの機体がAE社へ、2号機は3号機のパーツ取りのためアーガマに持ち込まれたことになっています。但し、これだとコミック版ではMK-Ⅱ~メタス~百式~Zガンダムという流れが全然別物になってしまいますが・・・ちなみに北爪 宏幸氏の機動戦士Zガンダム DefineではAE社に持ち込まれたのは3号機でカミーユは1号機で実践投入されるとなっています。

近藤和久版『サイドストーリー・オブ・ガンダム・ゼータ』(電撃コミックス)

RX-100

49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(9)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(9)

今回も「Z-MSV」で設定されている機体が中心となります。そしていよいよZガンダムの登場となります。無論引き続き「Z計画」上の機体が多いのですが・・・
yakushakowai | 8,919 view
≪売野雅勇氏インタビュー・前編≫1980~90年代の音楽を彩った作詞家に聞く!ガンダムはじめアニソンの世界観、アイドルブームとバンドブーム!!

≪売野雅勇氏インタビュー・前編≫1980~90年代の音楽を彩った作詞家に聞く!ガンダムはじめアニソンの世界観、アイドルブームとバンドブーム!!

中森明菜やチェッカーズ、矢沢永吉、中谷美紀with坂本龍一など、80~90年代ヒット曲の作詞を数多く手掛けられた売野雅勇氏。そんな無数のヒット曲を生み出した売野氏にミド編が突撃インタビュー!前編では、アニソンの世界観構築の手法やアイドルブームとバンドブームなどについてお話を伺った。
大河原邦男氏デザイン!モデルキット『Figure-rise Mechanics ハロ』が発売決定!!

大河原邦男氏デザイン!モデルキット『Figure-rise Mechanics ハロ』が発売決定!!

株式会社BANDAI SPIRITSは、メカニックデザイナー大河原邦男氏デザインのメカが詰め込まれたプラスチックモデルキット『Figure-rise Mechanics ハロ』(1,944円・税込)を、2018年12月に発売することを決定しました。
隣人速報 | 107 view
『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 6,022 view
サンライズ初のオリジナル作品「無敵超人ザンボット3」がついにブルーレイBOXとなって登場!!

サンライズ初のオリジナル作品「無敵超人ザンボット3」がついにブルーレイBOXとなって登場!!

70年代後半に放送された、サンライズ初のオリジナルロボットアニメ「無敵超人ザンボット3」が「無敵超人ザンボット3 Blu-ray BOX」として、初めてブルーレイが発売されることが決定しました。発売予定日は12月4日。
隣人速報 | 2,434 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト