ロンドン郊外で起きた殺人事件に、推理好きの老婦人ミス・マープルが挑む映画「クリスタル殺人事件」
2016年10月11日 更新

ロンドン郊外で起きた殺人事件に、推理好きの老婦人ミス・マープルが挑む映画「クリスタル殺人事件」

ミス・マープルの住む、ロンドン郊外の町セント・メアリー・ミードで起きた殺人事件。推理好きで、これまでに何件もの難事件を解決してきたミス・マープルの推理が、事件を解決することができるか?アガサ・クリスティーのミス・マープルシリーズからの映画化「クリスタル殺人事件」を振り返ります。

3,553 view

映画「クリスタル殺人事件」とは

ロンドン郊外の静かな町を舞台に起こった殺人事件をアガサ・クリスティがポアロ探偵と共に創造したミス・ジューン・マープルが解くサスペンス映画。製作はジョン・ブラボーンとリチャード・グッドウィン、監督は『007/黄金銃を持つ男』のガイ・ハミルトン。クリスティの原作(『鏡は横にひび割れて』/早川書房刊)を基にジョナサン・ホールズとバリー・サンドラーが脚色。
アガサ・クリスティ作品の中の名探偵ポアロと並ぶ名キャラクター、ミス・マープルが事件の謎を解いていきます。

映画「クリスタル殺人事件」のあらすじ

ロンドン郊外の町セント・メアリー・ミード

セント・メアリー・ミードの教会では、探偵映画が上映されていましたが、クライマックスを迎えた時、機械の故障で途切れてしまいました。「もう犯人は分かったから、これ以上見る必要はない」と立ち上がった老婦人、ミス・ジェーン・マープルは、推理好きで有名な、町の人気者です。
いつもは静かなセント・メアリー・ミードの町は、映画の撮影のため、とても賑わっていました。

パーティーでの殺人事件

映画「スコットランドの女王メアリー」の撮影のために、監督のジェーソン・ラッド、その妻でしばらくスクリーンから遠ざかっていた名女優マリーナ・グレッグなどの撮影隊が、ゴシントン荘に長期滞在していました。
マリーナがホステスとなり、村人たちを招待して盛大なパーティーが開かれることになり、ミス・マープルも出席するはずでしたが、転んで足を痛めたために、やむなく帰宅することになってしまいました。
パーティーのホステスを務めるマリーナ

パーティーのホステスを務めるマリーナ

ミス・マープルは帰ることになってしまいましたが、多くの招待客が訪れ、盛大にパーティーは始まりました。
出典 ameblo.jp
町中あげての歓迎ムードの中、以前からマリーナのファンだったという、町の婦人会の女性ヘザー・バブコックは、感激して一方的にマリーナに話しかけていました。プロデューサーのマーティ・N・フィンとその妻でマリーナとは犬猿の仲の女優ローラ・ブルースターも到着し、マリーナのいる2階へやってきました。ローラの顔を見て、マリーナは一瞬顔をこわばらせますが、その直後突然ヘザーが倒れ、亡くなってしまいました。

名探偵ミス・マープル登場

パーティーを手伝っていた、家政婦チェリーからミス・マープルにも事件の話は伝わりました。事件の捜査のために、ミス・マープルの甥でスコットランド・ヤードの警部クラドックが派遣され、ミス・マープルも一緒に事件解決に乗り出します。
クラドックから、ヘザーの死因は、カクテルに入れられた毒物のためで、そのカクテルはマリーナが飲むはずのものだったという情報がミス・マープルに伝えられ、ヘザーはマリーナの身代わりに殺されたという仮説が立てられます。
パーティーを手伝うチェリー

パーティーを手伝うチェリー

パーティーを手伝っていたため、チェリーは事件当時の会場の様子をよく知っていました。
出典 ameblo.jp
捜査は難航しましたが、映画の撮影もまた難航していました。マリーナとローラの対立もあり、マリーナの精神状態は不安定になっていきます。
マリーナは最初の結婚の時に、先天的な障害を持つ子を産み、そのショックで精神を病んだために仕事を休んでいました。この映画は女優として復帰するチャンスでした。
ローラは以前恋人だったラッドを奪ったマリーナを憎んで、殺そうとする事件を起こしていました。そして、ラッドの秘書エラは以前からラッドを愛していて、マリーナの存在を疎ましく思っています。
マリーナと面会したクラドックは、マリーナに匿名の脅迫状が送られていたことを知ります。

第2の事件

撮影現場で、エラがマリーナに出したコーヒーに、毒が入っているとマリーナが騒ぎだし、調べてみるとコーヒーには砒素が入れられていました。
その夜、ラッドの秘書エラが、青酸カリで殺されてしまいます。エラは、犯人を突き止めようと、容疑者全員に「カクテルに毒を入れているのを見た」と電話していたのでした。
ミス・マープルは、「マリーナの顔が一瞬氷のように変わった」という言葉を考えていました。その時ヘザーは何を語っていたのか、ミス・マープルは調査を始めます。
事件当時の様子をチェリーに聞く、ミス・マープルと甥のク...

事件当時の様子をチェリーに聞く、ミス・マープルと甥のクラドック警部

ミス・マープルはローラが現れた時、被害者のヘザーはマリーナに熱心に話をしていたという様子を聞き、ヘザーは何を話していたのかが事件の鍵になっていると感じます。
出典 ameblo.jp
ヘザーは、以前からマリーナのファンで、戦時中に慰問に来たマリーナの舞台に感激し、舞台裏でマリーナのサインをもらい、感激のあまりマリーナにキスしたことを話していました。その時ヘザーは風疹に罹っていましたが、舞台見たさに無理をして出かけていました。
一方のマリーナは、妊娠中に風疹に罹ったことが原因で、障害のある子を産んでいましたが、自分がどこで風疹をうつされたのか分からずにいました。

事件の真相

ミス・マープルは、ヘザーの語った話と、マリーナの出産の話に着目します。風疹に罹っていながら無理して舞台を観に行き、マリーナにキスしたヘザー、風疹にかかり障害のある子を産んだマリーナ。
マリーナに風疹をうつしたのがヘザーだったとしたら、マリーナの身代わりでヘザーが殺されたという仮説は、間違っているのではないかと、ミス・マープルの推理は進んでいきます。
マリーナに会いに出かけたミス・マープル

マリーナに会いに出かけたミス・マープル

ミス・マープルは、マリーナと話をするためにゴシントン荘に出かけていき、クラドック警部も合流します。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

”銀幕の女王”と呼ばれたエリザベス・テイラーのよもやま話

”銀幕の女王”と呼ばれたエリザベス・テイラーのよもやま話

1940年代後半から50・60年代はハリウッド映画の黄金期でもあり、この時代の銀幕を飾った映画女優達は、星の数ほどあれど、何人かのレジェンド達が君臨していた。クールビューティからモナコ公妃になったグレース・ケリー、実生活も権力スキャンダルの衝撃があったセックスシンボルのマリリン・モンロー、美人ではあるが個性的な顔立ちでファニーフェイスと呼ばれたオードリー・ヘップバーン、ヨーロッパでも活躍が著しく、一時は女優生命を擲ってまで愛を求めたイングリッド・バーグマン、線の細さがどこか親しみや共感を呼びやすい美意識の象徴となったエリザベス・テイラー等等、他人には真似のできない魅力溢れる才能の持ち主達が群雄割拠していた。
ミステリーの女王原作「地中海殺人事件」 名探偵ポアロが真相を暴く!推理物好きには堪らない一作です

ミステリーの女王原作「地中海殺人事件」 名探偵ポアロが真相を暴く!推理物好きには堪らない一作です

名作映画と名高い「地中海殺人事件」。ミステリー作家アガサ・クリスティ原作の本作は、とある小島のリゾート地が舞台です。そこで起こる奇妙な殺人事件の真相に、名探偵ポアロが迫っていく展開が見ものです。
ひで語録 | 4,370 view
殺された人物は皆に恨まれていた!!私立探偵ポアロは犯人を見つけることが出来るのか?!映画『ナイル殺人事件』

殺された人物は皆に恨まれていた!!私立探偵ポアロは犯人を見つけることが出来るのか?!映画『ナイル殺人事件』

アガサ・クリスティ 映画化作品シリーズ《オリエント急行殺人事件》に続いて、次は《ナイル殺人事件》。エジプト旅行で殺人事件が起こります。
星ゾラ | 4,497 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト