「かぐや姫」、「風」、一時活動休止状態を経て、ソロ活動を続ける伊勢正三のこれまでを振り返ってみました。
2017年3月23日 更新

「かぐや姫」、「風」、一時活動休止状態を経て、ソロ活動を続ける伊勢正三のこれまでを振り返ってみました。

高校時代の先輩でもある南こうせつの結成した「かぐや姫」に加入し。「かぐや姫」解散の2か月前から、元「猫」の大久保一久とフォークデュオ「風」を結成し、発表した「22才の別れ」も大ヒットした伊勢正三。ソロ活動を続けながら、ユニットでもライブ活動をしている伊勢正三これまでをふりかえってみました。

1,596 view

伊勢正三のかぐや姫時代

アニメ主題歌「海のトリトン」

伊勢正三、通称「正やん」は、大分県立大分舞鶴高等学校時代に、コーラス部の先輩だった南こうせつに誘われて、バンドを結成しました。
その後千葉工業大学工学部に進学しますが、一足先に上京していた南こうせつに誘われて、1971年第2期の「かぐや姫」に加入します。山田パンダと3人の「かぐや姫」の誕生です。デビュー曲は「青春」でした。
1972年には、アニメ「海のトリトン」の主題歌を須藤リカとかぐや姫が歌い、初期はオープニングで、途中からはエンディングとして4人の歌う実写映像が流れました。

海のトリトン 初期 OP

若かりし頃の「かぐや姫」の姿を見ることができます。

「神田川」の大ヒット

1973年のアルバム「かぐや姫さあど」の収録曲である「神田川」が、ラジオの深夜放送リスナーからの支持でシングルカットされて発売され、大ヒットします。NHKの紅白歌合戦への出場打診がありましたが、商標名が入っているため歌詞を変更してほしいというNHKの依頼を断ったため、出場を辞退することになりました。NHK側の依頼は、「クレパス」を「クレヨン」にしてくれというものでした。発売から19年後の1992年の紅白歌合戦で、ソロで出場した南こうせつが、オリジナルのまま歌うことができました。
「神田川」のジャケット

「神田川」のジャケット

この頃から、伊勢正三と山田パンダは、ヒゲがトレードマークのようになっています。

メンバー全員の曲作り

1974年のアルバム「三階建ての詩」では、メンバー全員に印税が入るようにという南こうせつの提案により、伊勢正三と山田パンダの2人も曲作りをすることになりました。
伊勢正三が作詞した曲は「南風知らん顔」と「この季節が変われば」の2曲、作詞・作曲した曲は「22才の別れ」と「なごり雪」の2曲が入っています。
「赤ちょうちん」のジャケット

「赤ちょうちん」のジャケット

「赤ちょうちん」のリリースは、ヒットしたものの、本人たちの意向とは違うものでした。
大ヒットして映画化もされた「神田川」の次のシングルに、南こうせつは「22才の別れ」か「なごり雪」を考えていましたが、映画化が決まっていたためにレコード会社が「赤ちょうちん」をリリースしてしまいます。その後も同じく映画化のために「妹」がリリースされるなど、本人たちの意向が無視されることが続きました。

「かぐや姫」の解散

1975年、東京神田共立講堂での解散コンサートを最後に、「かぐや姫」は解散します。南こうせつと山田パンダはソロとして、伊勢正三は元「猫」の大久保一久と「風」を結成しそれぞれの活動を開始します。
最後のアルバム「かぐや姫フォーエバー」

最後のアルバム「かぐや姫フォーエバー」

「かぐや姫」最後のアルバムは2枚組の「かぐや姫フォーエバー」でした。

伊勢正三の「風」時代

「かぐや姫」は1975年4月までの活動でしたが、同年2月に「風」を結成し、活動を開始します。デビュー曲は「かぐや姫」のアルバム「三階建ての詩」に収録された「22才の別れ」でした。同じく「三階建ての詩」に収録された「なごり雪」は、イルカに歌わせたいという要望があり、イルカに提供しました。
自然に浮かんだという「なごり雪」とは違い、「22才の別れ」は売れる曲を意識して作ったといいます。最初に作った曲が、2曲とも大ヒットとなりました。
「22才の別れ」のジャケット

「22才の別れ」のジャケット

「なごり雪」は自分の好きな世界、「22才の別れ」はヒットを意識して作った曲ということです。
「22才の別れ」が大ヒットした「風」ですが、その他にも「海岸通」や「あの唄はもう唄わないのですか」などの曲があります。1977年には日本武道館でのコンサートも開催しました。

「22才の別れ」の動画

二十二才の別れ

「かぐや姫」でのレコーディングの際に、一度別の曲を録音したものの納得がいかず、1日待ってもらうことでできたそうです。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

卒業の季節には誰もが歌った名曲、イルカが歌い大ヒットした「なごり雪」。

卒業の季節には誰もが歌った名曲、イルカが歌い大ヒットした「なごり雪」。

イルカが歌い大ヒットした「なごり雪」。卒業の季節には誰もが口ずさみ、イルカというアーティストを一躍有名にした曲です。かぐや姫時代の伊勢正三が作詞作曲し、大林宣彦監督により映画化もされた名曲「なごり雪」を振り返ります。
ybanzawa | 3,735 view
伊勢正三がデビュー45周年!自身初のオールタイムベスト盤をリリース!かぐや姫、風、ソロでの名曲が4枚組CDに!

伊勢正三がデビュー45周年!自身初のオールタイムベスト盤をリリース!かぐや姫、風、ソロでの名曲が4枚組CDに!

伊勢正三がデビュー45周年を記念して『ISE SHOZO ALL TIME BEST~Then & Now~』を発売した。往年の名曲以外にも、現在進行形の"伊勢正三"を聴いてもらいたいという新曲やREMIX、アーカイブ&最新LIVE音源などが収録されている。
元かぐや姫の伊勢正三、キャリア45周年記念で初のオールタイムベストアルバムの発売が決定!

元かぐや姫の伊勢正三、キャリア45周年記念で初のオールタイムベストアルバムの発売が決定!

70年代のスーパーフォークグループ「かぐや姫」加入から45年のキャリアを誇り、今も第一線で活躍を続ける伊勢正三の45周年を記念して自身初『ALL TIME BEST~Then & Now』が11月9日に発売することが決定。
【週刊 20世紀Walker】Vol24号 「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第3弾は「伊藤つかさ」

【週刊 20世紀Walker】Vol24号 「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第3弾は「伊藤つかさ」

さあ~【週刊 20世紀Walker】の新企画!その名も「編集長・山本圭亮と助手・富田葵の昭和ヒットパレード!毎週1アーティストをチョイスして編集長と助手のオススメを1曲ずつお送りする至ってシンプルな企画。一部では企画の内容より二人のやり取りが面白いとの怪情報も~w
一体誰の声・・・?有名歌手のカセットテープやCDに入り込んだ【怪音】特集

一体誰の声・・・?有名歌手のカセットテープやCDに入り込んだ【怪音】特集

カセットテープの時代から妙な、不気味な声や音が入っているとされ、いわくつきのオカルトな楽曲がありました。その“招かれざる怪音”を3つ選んでみました。かぐや姫、のりピーこと酒井法子、オフコースの怪音を並木モッズのイラストと共に振り返ります。
並木モッズ | 3,306 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト