卒業の季節には誰もが歌った名曲、イルカが歌い大ヒットした「なごり雪」。
2017年2月1日 更新

卒業の季節には誰もが歌った名曲、イルカが歌い大ヒットした「なごり雪」。

イルカが歌い大ヒットした「なごり雪」。卒業の季節には誰もが口ずさみ、イルカというアーティストを一躍有名にした曲です。かぐや姫時代の伊勢正三が作詞作曲し、大林宣彦監督により映画化もされた名曲「なごり雪」を振り返ります。

4,045 view

「なごり雪」とは

「なごり雪」(なごりゆき)は、伊勢正三が作詞・作曲したかぐや姫の楽曲。
1974年3月12日、かぐや姫のアルバム『三階建の詩』の収録曲として発表された。オリコンアルバムチャート1位、年間5位。
歌詞の中では東京の駅が舞台となっているが、伊勢本人は出身地である大分県津久見市の津久見駅をモチーフにしたと語っている。
1970年に結成されたかぐや姫は、1年の活動後に解散しましたが、1971年に南こうせつの高校の後輩伊勢正三と、カレッジフォークのグループシュリークスを脱退した山田パンダの3人で再結成されました。
1971年の再デビュー曲は「青春」で、1972年にはテレビアニメ「海のトリトン」の主題歌も歌いました。

「神田川」のヒット

1973年に発売したシングル「神田川」が、ラジオの深夜放送のリスナーに支持され、大ヒットします。東宝により映画化もされ、かぐや姫は一躍有名になります。
1974年発売のアルバム「三階建の詩」では、南こうせつの提案で、3人が対等に活躍しようということになり、伊勢正三が作詞作曲した2曲も収録されました。
かぐや姫のアルバム「三階建の詩」

かぐや姫のアルバム「三階建の詩」

このアルバムには「赤ちょうちん」、伊勢正三が作詞作曲した「22才の別れ」、「なごり雪」などが収録されていました。
南こうせつは「神田川」の次のシングルは「22才の別れ」か「なごり雪」と考えていましたが、映画化が決まっていたため、レコード会社が一方的に「赤ちょうちん」を決めてしまい、その後も映画化のために「妹」が発売されるなど、かぐや姫の意思が無視されてしまう状況が続きました。

かぐや姫の解散

1975年東京の神田共立講堂での解散コンサートを最後にかぐや姫は解散します。南こうせつと山田パンダはソロで活動することとなり、伊勢正三は「風」を結成してそれぞれ音楽活動を続けることになりました。
風のデビュー曲として、伊勢正三は「22才の別れ」を歌うことにしました。
風のデビュー曲「22才の別れ」

風のデビュー曲「22才の別れ」

かぐや姫の解散後に風を結成した伊勢正三は、デビュー曲を「22才の別れ」にしました。

イルカへの楽曲提供

イルカは当初、山田パンダも在籍したシュリークスに参加していましたが、山田パンダらが脱退したために、後に夫となる神部和夫との、男女2人のグループになってしまいました。イルカはソロ活動をすることになり、夫の神部和夫はイルカのプロデューサーとして、「なごり雪」をイルカに歌わせたいと働きかけ、イルカの「なごり雪」が実現しました。
「なごり雪」をカバーしたイルカ

「なごり雪」をカバーしたイルカ

ソロとしてのデビュー曲は伊勢正三が作詞作曲した「あの頃のぼくは」でした。
かぐや姫の名曲「なごり雪」を、今の自分が歌うことに迷いがあったイルカは、あまり練習をしていませんでしたが、伊勢正三から「なごり雪が好きなら歌えばいい、好きなように歌えばいい」という言葉で、歌うことにします。そして、イルカの「なごり雪」が誕生しました。

「なごり雪」イルカ

伊勢正三の「なごり雪」とはまた違う、イルカの「なごり雪」が広く知られるようになりました。

「なごり雪」のイメージ

「なごり雪」を聞いて感じるのは、3月の別れの季節、進学や就職などの様々な理由で離ればなれになってしまう寂しさやせつなさなどがあります。
明日のことなど考えずに、ただ仲間たちといることが楽しかった日々、大人にならなければいけないせつなさなどもあるかもしれません。
伊勢正三の中では、駅のホームのイメージは悲しさと繋がっていると語っています。居心地のいい自宅から、厳しい進学校の寄宿舎に戻らなければならない寂しさ、悲しさが「なごり雪」の原点のようです。
僕の歌は完ぺきな私小説というのではない。体験というか要素はいろいろちりばめているけれど、ストーリーや登場人物にモデルがあるわけでもない。

 だけど、僕にとって、駅のホームというのは、すごく悲しいものだった。そこは僕の体験に基づいている。

 僕は一人っ子で、ぬくぬくと育てられた。ところが、高校は、親に勧められて自宅から遠い学校へ越境入学した。それが灰色の人生の始まり。進学校だったから、1時限前に0(ゼロ)時限授業があるわ、7時限授業の後に8時限授業はあるわ、修学旅行は無いわ、みたいな学校で、しかもそこの寄宿舎に入れられた。だから、毎日家に帰りたくてしかたがなかった。毎週、週末には家に帰るけれど、翌日には学校に戻らなくちゃいけない。

 そこに「駅のホーム」がある。それが思い出に結び付いている。
映画で臼杵駅の外観として使われた上臼杵駅

映画で臼杵駅の外観として使われた上臼杵駅

地方のローカル線によくあるような、懐かしさを感じます。

「なごり雪」と「22才の別れ」

51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

伊勢正三がデビュー45周年!自身初のオールタイムベスト盤をリリース!かぐや姫、風、ソロでの名曲が4枚組CDに!

伊勢正三がデビュー45周年!自身初のオールタイムベスト盤をリリース!かぐや姫、風、ソロでの名曲が4枚組CDに!

伊勢正三がデビュー45周年を記念して『ISE SHOZO ALL TIME BEST~Then & Now~』を発売した。往年の名曲以外にも、現在進行形の"伊勢正三"を聴いてもらいたいという新曲やREMIX、アーカイブ&最新LIVE音源などが収録されている。
「かぐや姫」、「風」、一時活動休止状態を経て、ソロ活動を続ける伊勢正三のこれまでを振り返ってみました。

「かぐや姫」、「風」、一時活動休止状態を経て、ソロ活動を続ける伊勢正三のこれまでを振り返ってみました。

高校時代の先輩でもある南こうせつの結成した「かぐや姫」に加入し。「かぐや姫」解散の2か月前から、元「猫」の大久保一久とフォークデュオ「風」を結成し、発表した「22才の別れ」も大ヒットした伊勢正三。ソロ活動を続けながら、ユニットでもライブ活動をしている伊勢正三これまでをふりかえってみました。
ybanzawa | 1,945 view
元かぐや姫の伊勢正三、キャリア45周年記念で初のオールタイムベストアルバムの発売が決定!

元かぐや姫の伊勢正三、キャリア45周年記念で初のオールタイムベストアルバムの発売が決定!

70年代のスーパーフォークグループ「かぐや姫」加入から45年のキャリアを誇り、今も第一線で活躍を続ける伊勢正三の45周年を記念して自身初『ALL TIME BEST~Then & Now』が11月9日に発売することが決定。
デビュー45周年のイルカ、小田和正と「言葉にできない」をデュエット!「なごり雪」を南こうせつ、伊勢正三とセッション!!

デビュー45周年のイルカ、小田和正と「言葉にできない」をデュエット!「なごり雪」を南こうせつ、伊勢正三とセッション!!

デビュー45周年の歌手・イルカと放送開始から25年を迎えたニッポン放送「イルカのミュージックハーモニー」が、それを記念して東京国際フォーラムでコンサートを開催。小田和正とオフコースの楽曲「言葉にできない」をデュエットした。
red | 1,066 view
1973年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1973年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1973年といえば日本の音楽業界はフォークソング・ブーム真っただ中。かといってフォークソングばかりが売れていた訳ではありません。日本の音楽史上類を見ない出来事が起こった年でもあるんです。売上枚数で見る1973年のベスト10を発表します!
obladioblada | 489 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト