【アメリカン・ビューティー】第72回(2000年度)アカデミー賞を振り返る!【ケヴィン・スペイシー】
2021年5月10日 更新

【アメリカン・ビューティー】第72回(2000年度)アカデミー賞を振り返る!【ケヴィン・スペイシー】

2000年と言えば、PlayStation 2が発売された年。 シドニーオリンピックや九州・沖縄サミットが開催された、20世紀最後の年であった。そんな2000年のアカデミー賞を振り返ってみよう。

260 view

第72回アカデミー賞

第72回アカデミー賞は2000年3月26日に行われたアカデミー賞発表・授賞式である。

結果は、サム・メンデスがアメリカの抱える闇を描いた『アメリカン・ビューティー』が、作品賞、監督賞、主演男優賞を含む5部門を受賞した。

本年のアカデミー賞では、授賞式の18日前に55体のオスカー像が盗まれた。授賞式前に52体がロサンゼルス市内の食料品店のゴミ箱で見つかったが、アカデミーはすでに別のオスカーを用意した後だった。

作品賞『アメリカン・ビューティー』(American Beauty)

アメリカ郊外の町に住む中流家庭の中年男・レスターが、ある日娘の親友アンジェラに一目惚れしてしまい、そこから家族が破綻していく様をシニカルに描いた作品。そのような映画に「アメリカの美」という題名をつけることは、アメリカ社会に対して皮肉的な意味を込めている。

「アメリカン・ビューティー」とはバラの品種の一つで、色は真紅。発祥の地はアメリカ合衆国である。映画の中でこのバラは様々な意味をもたせてある。

例えば「豊かな家庭の象徴」としてレスターの妻キャロラインが自宅の庭に赤いバラを栽培していたり、「官能の象徴」としてレスターの妄想の中でアンジェラと共に赤いバラの花弁が登場したりする。
アメリカン・ビューティー

アメリカン・ビューティー

作品賞のその他の候補作は以下の通り。

インサイダー
グリーンマイル
サイダーハウス・ルール
シックス・センス

監督賞:サム・メンデス『アメリカン・ビューティー』

監督賞も『アメリカン・ビューティー』からの受賞。

サム・メンデスは、イギリス人の演出家・映画監督。今作が監督デビュー作であったが、このアカデミー監督賞のほか、ゴールデングローブ賞 監督賞も獲得する大ヒットとなった。2000年にはイギリス王室より大英帝国勲章を与えられた。

2012年には『007』シリーズ第23作『007 スカイフォール』が、イギリス歴代興業1位を記録するヒットとなる。
サム・メンデス(Sam Mendes)

サム・メンデス(Sam Mendes)

他の監督賞ノミネートと作品は以下の通り。

マイケル・マン(インサイダー)
ラッセ・ハルストレム(サイダーハウス・ルール)
M・ナイト・シャマラン(シックス・センス)
スパイク・ジョーンズ(マルコヴィッチの穴)

主演男優賞:ケヴィン・スペイシー 『アメリカン・ビューティー』

主演男優賞も『アメリカン・ビューティー』からの受賞となった。

ケヴィン・スペイシーは娘の同級生に恋する中年男性レスター・バーナム役を演じての受賞。1995年の『ユージュアル・サスペクツ』に続き、2回目のオスカー受賞だが、主演男優賞はこれが初めて。

スペイシーといえば、2006年公開の『スーパーマン リターンズ』で、かつてジーン・ハックマンが演じた悪役レックス・ルーサーを演じたが、ハックマンと見まがうほどの出来栄えで、批評家や観衆に大いに評価された。
ケヴィン・スペイシー(Kevin Spacey)

ケヴィン・スペイシー(Kevin Spacey)

主演男優賞のノミネートは以下の通り。

ラッセル・クロウ(インサイダー)
ショーン・ペン(ギター弾きの恋)
デンゼル・ワシントン(ザ・ハリケーン)
リチャード・ファーンズワース(ストレイト・ストーリー)

主演女優賞:ヒラリー・スワンク『ボーイズ・ドント・クライ』

『ボーイズ・ドント・クライ』は、ブランドン・ティーナとして知られる、ネブラスカ州で殺害された実在の人物の人生を描いた作品。

ヒラリー・スワンクは、ブランドン・ティーナ役を演じて受賞した。ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)のほか、インディペンデント・スピリット賞やニューヨーク映画批評家協会賞などで数々の主演女優賞を獲得した。
ヒラリー・スワンク(Hilary Swank)

ヒラリー・スワンク(Hilary Swank)

他に主演女優賞にノミネートされた方は以下の通り。

ジュリアン・ムーア(ことの終わり)
アネット・ベニング(アメリカン・ビューティー)
メリル・ストリープ(ミュージック・オブ・ハート)
ジャネット・マクティア(Tumbleweeds)

助演男優賞:マイケル・ケイン『サイダーハウス・ルール』

『サイダーハウス・ルール』は、ジョン・アーヴィングの同名小説を映画化したもので、脚本はアーヴィング自らが書いている。さらにアーヴィングは駅員として出演もしている。

マイケル・ケインは、主人公の父親のような存在である医師ウィルバー・ラーチ役で出演。1986年の『ハンナとその姉妹』に続き、2度目のアカデミー助演男優賞受賞となった。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ブレイブハート】第68回(1996年度)アカデミー賞を振り返る!【ニコラス・ケイジ】

【ブレイブハート】第68回(1996年度)アカデミー賞を振り返る!【ニコラス・ケイジ】

1996年と言えば原爆ドームが世界遺産に登録された年。 イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ皇太子妃夫妻が離婚して話題になった年でもあった。そんな1996年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 105 view
【プラトーン】第59回(1987年度)アカデミー賞を振り返る!【ポール・ニューマン】

【プラトーン】第59回(1987年度)アカデミー賞を振り返る!【ポール・ニューマン】

1987年と言えば、最初の携帯電話が発売された年。 国鉄が分割・民営化され、JRグループ7社が発足するなど新しい時代への転換期とも言える年であった。そんな1987年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 393 view
【タイタニック】第70回(1998年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

【タイタニック】第70回(1998年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

1998年と言えば、 長野オリンピックが開催された年。Googleが設立されたり、Windows98が発売したりと、インターネットの普及が加速していく年でもあった。そんな1998年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 171 view
【恋におちたシェイクスピア】第71回(1999年度)アカデミー賞を振り返る!【ロベルト・ベニーニ】

【恋におちたシェイクスピア】第71回(1999年度)アカデミー賞を振り返る!【ロベルト・ベニーニ】

1999年と言えば、DVDレコーダーが発売された年。 ノストラダムスの大予言や2000年問題などの不安も抱きつつ、ミレニアムを迎える前の最後の年として盛り上がった年であった。そんな1999年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 54 view
【フォレスト・ガンプ/一期一会】第67回(1995年度)アカデミー賞を振り返る!【トム・ハンクス】

【フォレスト・ガンプ/一期一会】第67回(1995年度)アカデミー賞を振り返る!【トム・ハンクス】

1995年と言えば、 阪神・淡路大震災が起こった年。 地下鉄サリン事件が起こり、世間の人を震撼させた年でもあった。そんな1995年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 213 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト