ボクらの前に突如として現れ、風のように去っていった『ハヤブサ』を忘れるな
2019年7月13日 更新

ボクらの前に突如として現れ、風のように去っていった『ハヤブサ』を忘れるな

それは突然の悲報でした。2016年3月3日当時47歳という若さで「くも膜下出血」によってハヤブサが旅立ったことがマスコミ経由で告げられると、多くのプロレスファンをはじめ選手、スタッフが愕然とし人目も気にせず悲しみを露わにしました。今回はハヤブサの活躍する姿を思い出すことで、「日本人にはこんなに素晴らしいレスラーがいたんだ」と改めて誇りに思ってもらえれば嬉しいです。

6,791 view

キミはハヤブサを憶えているか?

ここで簡単に「ハヤブサ」の略歴について振り返ってみましょう。

【プロフィール】

◆本 名 : 江崎 英治(えざき えいじ)

◆誕生日 : 1968年11月29日 (享年47歳) ※2016年3月3日没

◆出身地 : 熊本県八代市

◆学 歴 : 熊本商科大学 中退

◆得意技 : ファイアーバード・スプラッシュ

◆デビュー: 1991年5月5日
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B5%E4%B8%8D%E6%AD%BB%E9%B3%A5%E4%BC%9D%E8%AA%AC-%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%82%E6%88%A6%E3%81%AE%E8%B6%B3%E8%B7%A1-DVD-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B5/dp/B01EKS34FK/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B5+%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9&qid=1562712256&s=gateway&sr=8-2 (2122183)

【経 歴】

ハヤブサがプロレスの世界に足を踏み入れたのは、大学時代に「プロレス同好会」へ入ったのが最初でした。大学は2年で中退したにも関わらず、学生プロレスは4年間やり遂げたというほどプロレスに情熱を注いでいました。1991年に同好会の同期である現在の「ミスター雁之助」と一緒に「大仁田厚」率いる「FMW」の入門試験を受けて2人揃って合格する。昼間はアルバイト、夜に練習をして4畳1間の寮と呼ぶにはあまりに狭い部屋に2人で寝泊まりしていた。新弟子時代から「センスと素質はピカイチで他の追随を許さなかった。」と大仁田厚は当時を振り返る。
1993年10月にメキシコへ武者修行へ出て、1994年4月に一旦帰国し一瞬にして世間に存在感を知らしめることになり、1995年5月5日大仁田厚が引退後は「新生FMW]の牽引役となっていく。

ハヤブサ見参

1994年4月に一旦帰国したのは当時沸々と熱を帯びて、その人気が弾けるキッカケとなった『第1回スーパーJカップ』への出場が決まったからでした。

【遂にメジャーデビュー】

1994年4月16日、フルハウスの両国国技館に颯爽と現れたハヤブサ。挨拶代わりにゴング前入場したばかりの「獣神サンダーライガー」に対しトペ・コンヒーロをお見舞いしたのは印象的でしたね。
また対戦相手が脂がのり切ったジュニアヘビーの雄である「獣神サンダーライガー」だったのが良かったのかもしれません。ライガーはハヤブサが繰り出す技を全て受け切り、ハヤブサから白星を奪ったがハヤブサの伸びしろを肌で感じる1人となり、ハヤブサの存在を認めることになりました。

Hayabusa vs Jushin "Thunder" Liger

【ハヤブサ激闘史】

【VS 大仁田厚】

1995年5月5日、神奈川県川崎市「川崎球場」で開催されてきたFMWの年に1度のビッグイベントで大仁田厚の引退興行が行われた。ハヤブサはその相手を務め初の「電流爆破マッチ」に臨むこととなる。この試合を最後に一旦大仁田厚が進めてきたデスマッチ路線から、ストロングスタイル路線へと団体は大きく舵を切ることになります。ここから本当に意味でハヤブサの戦いの歴史が始まることとなります。

大仁田 vs ハヤブサ 2

【VS グラジエーター】

ストロングスタイル路線を歩み始めたハヤブサは元々ジュニアヘビーのカテゴリーであったが、苛酷な肉体改造によりヘビー級への転向を果たす。そうなると相手も超ヘビー級のパワーファイターが中心となるため、怪我が絶えなくなる。1996年12月に大仁田厚の電撃的復帰により、大仁田は古巣である「全日本プロレス」へハヤブサの出場許可を「ジャイアント馬場」に直訴し、1997年よりハヤブサの活躍の場は広がって行くことになります。御大「ジャイアント馬場」からもレスラーとしての実力を認められ「小橋建太」とも手を合わせ、小橋の代名詞である「胸板チョップ」や「ラリアット」を受け改めてヘビー級の強さを思い知ることになります。

ハヤブサ vs グラジエーター 後楽園ホール3

突如襲い掛かった悲劇

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • のぶさん 2019/7/14 07:52

    ハヤブサは、当時ガチガチの新日本ファンだった俺がインディーのレスラーも良いかもと思わせたレスラーでした。
    以降、大怪我をされた後もいつかはリングに復帰して欲しいなと思っていた先に逝去なされてしまい、残念な思いをしました。
    橋本真也選手に続いて好きな選手が亡くなられてしまい、プロレスから離れる一因となりました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

成人まで育てた子どもを亡くした芸能人、自殺・事故・病気

成人まで育てた子どもを亡くした芸能人、自殺・事故・病気

人生で最も辛い事は、子どもを亡くすとこと。芸能人の中にも事故や病気による子どもの死。事件や自殺により、子が死を遂げてしまったなど。辛い体験をしている人がいる。成人まで育てた子を亡くした親たちの悲しみや立ち直りを紹介する。
【訃報】“暴走戦士”の異名で日米のプロレス界で活躍した「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん死去。

【訃報】“暴走戦士”の異名で日米のプロレス界で活躍した「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん死去。

アメリカ出身の元プロレスラーで、タッグチーム「ザ・ロード・ウォリアーズ」として活躍したアニマル・ウォリアーさんが、9月22日に亡くなっていたことが明らかとなりました。60歳でした。
隣人速報 | 1,444 view
アントニオ猪木がリングデビュー60周年!ビームスがPOPUPコーナー『猪木ジャパン!』を開催中!!

アントニオ猪木がリングデビュー60周年!ビームスがPOPUPコーナー『猪木ジャパン!』を開催中!!

東京・新宿の「ビームス ジャパン」4階“トーキョー カルチャー by ビームス“にて、アントニオ猪木のリングデビュー60周年を記念したポップアップコーナー『猪木ジャパン!』を現在開催中です。
隣人速報 | 269 view
【訃報】馬場、猪木らと対決したWWE殿堂者、ボブ・アームストロングさん死去。

【訃報】馬場、猪木らと対決したWWE殿堂者、ボブ・アームストロングさん死去。

60年代から80年代にかけて活躍し、来日時にはジャイアント馬場、アントニオ猪木らと対戦したプロレスラー、ボブ・アームストロングさんが、骨がんのため8月27日に亡くなっていたことが明らかとなりました。80歳でした。
隣人速報 | 468 view
【訃報】初代タイガーマスクと抗争を繰り広げた!「初代ブラック・タイガー」マーク・ロコさん死去。

【訃報】初代タイガーマスクと抗争を繰り広げた!「初代ブラック・タイガー」マーク・ロコさん死去。

覆面レスラー・初代タイガーマスクのライバルとして、80年代に新日本プロレスで抗争を繰り広げた「初代ブラック・タイガー」ことマーク・ロコさんが、7月30日に亡くなっていたことが明らかとなりました。69歳でした。
隣人速報 | 1,813 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト