【なつかしの大映ドラマ】小泉今日子の連続ドラマ初主演「少女に何が起ったか」
2017年1月31日 更新

【なつかしの大映ドラマ】小泉今日子の連続ドラマ初主演「少女に何が起ったか」

物語が突拍子もなさすぎて、突っ込みどころ満載の大映テレビ制作のドラマ。観ていてばかばかしいと思いながらも、いつの間にか夢中になって観ていました。「少女に何が起ったか」を観て、ピアノを弾いてみたい!と思った人は少なくないはずです。

8,735 view
1985年1月から3月にかけて放映されたTBS系列大映テレビ制作のテレビドラマ(大映ドラマ)。

小泉今日子さんはそれまで単発ドラマの主演はあったが、このドラマが初めての連続ドラマ主演。

少女に何が起ったか

[画像]少女に何が起ったか 少女に何が起ったか  - 原寸画像検索 (1508633)

出典 gensun.org

主な登場人物

野川雪:小泉今日子

大津光三:辰巳琢郎  東音楽大学の助教授でピアニスト。

東美津子:賀来千香子  久之と貴恵の長女

東信之:柳沢慎吾  久之と貴恵の長男で美津子の兄

東節子:辺見マリ  雪雄の次女で東音楽大学理事長。

東雪雄:松村達雄  東家の当主で、東音楽大学の学長

東久之:長門裕之  信之と美津子の父

野川文子:市毛良枝  雪の母。

東雪彦:風間杜夫  雪雄の長男で雪の父。

東貴恵:岸田今日子  雪雄の長女で信之と美津子の母

川村良之刑事:石立鉄男

謎の男(鈴木検事):宇津井健(特別出演)
少女に何が起ったかの画像 - 原寸画像検索 (1508685)

宇津井健さんは「特別出演」

当時は、毎回出ているのに特別出演ってなんでだろう?と思っていました。
出典 gensun.org
宇津井以外のキャストについては、エンディングロールで「出演」(出演俳優)のテロップが出た後に小泉以下順番に氏名が表記されていたが、宇津井に関しては当時大映テレビに籍を置いていたことやこれまで同会社製作ドラマに主役クラスで数多く出演したという功績もあり、エンディングロールで最後に登場する監督の前の順番で「特別出演 宇津井健」という形で氏名表記がなされていた

ストーリー

Yahoo!ブログ - 画像表示 (1509023)

父を知らず、北海道稚内市で母と暮らしていた野川 雪は、母の死の直後に訪れた謎の男から、亡き父は有名なピアニスト、東幸彦。そして祖父は東(あずま)音楽大学学長の東雪雄と聞かされる。使用人だった母との結婚を認めず、父を勘当したという祖父に対し「両親に謝罪し結婚を認める」「自分を東家の人間と認める」を要求すべく、東京の東家に乗り込んでゆく。
戸籍の父親の欄は空白、他にも証拠なしとして周囲から嘲られ、罵られるが、学長の取り計らいで親子関係が判明するまで、当時の母同様に東家の使用人として働く事になった。同時に東音楽大学へ特待生として入学。同じ大学へ通う東家の娘、美津子と取り巻きのお嬢様学生、東家の人間、深夜0時になると現れる刑事などに悩まされながらも、雪はピアノ科助教授、大津の指導と特待生達の友情の中でピアノの腕を上達させていく。
その一方、東音楽大学内での裏口入学問題の捜査が静かに進んでいた。
大げさすぎる演技は大映ドラマの特徴ですが、効果音の使い方もダイナミックでした。

最終回の内容

ピアノコンクールの当日、コンクールに着るドレスのない特待生グループに匿名の人からドレスが届きます。
このドレスを送ったのは、実は謎の男こと鈴木検事でした。
「このロングドレス気に入ったか?」
(「検事さんが私達に贈って下さったのですか?」という雪の問いに対し)
「ああ。君や特待生の皆さんには色々迷惑をかけた。そのお詫びのしるしだ。(雪をチラッと見て…)しかし、良く似合う!。いや、似合って良かった!」
川村刑事(石立鉄男)は毎晩深夜0時になると雪の前に出没し、「おい!薄汚ねぇシンデレラ!」と罵ってきました。久之の味方になる等、知人でもある節子の依頼で陰謀に荷担している様に見せていましたが、その真意は久之に接近し、密かに収賄の証拠を収集することにあったのです。
最終回で鈴木検事(宇津井健)と共に久之を逮捕に追い込んだ末、雪に真実を打ち明け、それまでの行いを謝罪し「とっても可愛いシンデレラ」と明るい笑顔を見せるのです。
 (1509662)

審査結果は、雪の優勝。名前も「東 雪」に。学長が事務局と交渉して野川姓から東姓に変えるよう要求した結果、本物の「東 雪」として表彰を受ける。特待生達も大喜び。素晴らしいシーンだ。

過剰演出の大映ドラマ

小泉今日子の台詞のシーンは台詞ごとにカットを変えていて落ち着きのなさがやたら気になった記憶がある。小泉今日子を追い出すために石立鉄男が小泉今日子の顔中の分解写真を撮るシーンの陰湿さが話題に。「この薄汚ねぇシンデレラ」「紙のピアノは沈まない」という名台詞も。演出家がやたら過剰な演技を小泉今日子に要求したといういかにも大映テレビ作品らしいエピソードも後年語られている。
数ある大映ドラマの中でも、これでもかといわんばかりに様々な要素が取り入れられた作品。
はっきりいって、このオーバーリアクションには、当時みんなが洗脳されたかのように魅せられていたはず。
大映ドラマには必ず毎回出てくる決め台詞のようなものがあるが、
この作品では、石立鉄夫さんの「薄汚ねえシンデレラ!」。

小泉今日子さんが猛特訓する課題曲の、ショパンの練習曲第12番ハ短調Op.10-12「革命」。
この曲を聴くと、ショパンではなく、ピアノを演奏する小泉さんの映像が出てくるほど、強烈な印象を残している。
エンディングテーマは東京JAPの摩天楼ブルースだった。

少女に何が起ったか② - YouTube

真夜中の取り調べで、たった1時間しかないピアノの練習時間が使えない。

そんな時、謎の男が「おれについてこい」と。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • みい 2019/5/8 20:36

    当時静岡県に住んでいましたが、県内の業者がドラマに協力したことを知り驚いています。
    こんなことなら、もっとエレクトーンやピアノのレッスンをまじめにやっておけばよかったと後悔しています。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

いろいろぶっ飛びすぎて理解不能だったドラマ「少女に何が起こったか」は何が起こっていたのか(ネタバレ注意)

いろいろぶっ飛びすぎて理解不能だったドラマ「少女に何が起こったか」は何が起こっていたのか(ネタバレ注意)

突っ込みどころ満載の大映テレビドラマの中でも特に意味不明な展開と、小泉今日子の衝撃的な棒演技で伝説となっている「少女に何が起こったか」。少女だけでなくオッサン達にもあの時一体何が起こっていたのだろうか。
tomakay | 22,639 view
松村雄基さんの人気の影の介護生活とは?今でも独身、過去の熱愛報道、そして現在の驚きの姿。

松村雄基さんの人気の影の介護生活とは?今でも独身、過去の熱愛報道、そして現在の驚きの姿。

1980年代、そのクールで硬派なイメージで人気俳優だった松村雄基さん。2019年のラグビーW杯は日本開催のこともあって日本中でラグビーが話題になる一方、TBS系ドラマでラグビーを題材にした「スクール☆ウォーズ」も注目され、中でも松村雄基さんは今、どうしてる?と噂になっていたところ、2019年10月23日のフジテレビ「世界の何だコレ?』の番組で松村雄基さんが出演していました!今でも独身、でも過去の熱愛報道は気になるところです。現在の姿や活動もあわせてご紹介します。
あおい@ | 11,180 view
「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

『バラデューク』は、1985年7月にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアーケードゲームです。そのブキミなグラフィックスは、当時のゲームセンターで異彩を放っていました。難易度も高く、ハードな内容はマニア向けだったと言えるでしょう。そんな特異なシューティングゲームをご紹介します。
こういち | 1,850 view
成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

17歳でデビューした少女マンガ家、成田美名子。その絵の美しさで評価が高い彼女ですが、物語に込められたメッセージ性も大きな魅力だと思います。作品の中から1985年連載開始の『CIPHER(サイファ)』、スピンオフの『ALEXANDRITE(アレクサンドライト)』を紹介します。
こういち | 314 view
ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

1985年、劇場公開作向け映画第3作目にあたる本作は、ちょうど夏休み前の企画映画によって子ども・大人に十分楽しまれるような脚色が盛り込まれました。「ルパンの声役はやっぱり山田康雄!」という声が現代でも多いですが、本作はまさにその山田・ルパン本家の魅力が満載しています! 今回は本作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』に彩られた〝壮絶なロマンと演出と構成〟をはじめ、「ここはぜひチェックしておきたい!」という場面を徹底的にご紹介していきます。ぜひ最後までおつき合い下さい!
天川裕司 | 1,032 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト