映画「Stand by Me」で脚光を浴びた【リヴァー・フェニックス】を振り返る
2018年1月12日 更新

映画「Stand by Me」で脚光を浴びた【リヴァー・フェニックス】を振り返る

それぞれ心に傷を持った4人の少年が、列車の轢死体があるという噂を聞き死体探しの旅に出る物語。同じように心揺れ動く時の真っ只中にいたあの頃、少年たちの姿に多いに共感したものです。そんな「Stand by Me」と、本作で注目を浴びた俳優リヴァー・フェニックスを振り返ります。

14,156 view

「Stand by Me」とは

スタンドバイミーの一場面

スタンドバイミーの一場面

スティーブン・キングの短編小説「死体」をロブ・ライナー監督が映画化したノスタルジックな青春ドラマ。オレゴン州の小さな田舎町キャッスルロック。それぞれに家庭の問題を抱える4人の少年たちが、町から30キロばかり離れたところに列車の轢死体が放置されているという噂を聞き、死体探しの旅に出る。出演はリバー・フェニックス、ウィル・ウィートン、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル。

Stand by Me 予告編 - YouTube

出典 youtu.be
作家のゴードン・ラチャンスは「弁護士クリストファー・チェンバーズ刺殺される」という新聞記事を目にする。クリス(クリストファー・チェンバーズ)はゴーディ(ゴードン・ラチャンス)の少年時代の親友であり、少年時代の事を思い返す。
1950年のオレゴン州。12歳の夏である。ゴーディとクリス以外にもテディとバーンが仲が良く4人はいつも一緒に遊んでいた。木の上に立てた秘密小屋に集まってタバコを吹かしたり、ふざけながらトランプをしたり…。ある日、バーンがある不良グループの妙な噂を耳にする。3日前から行方不明になっているブラワーという少年が電車に跳ねられて死体となり、30キロ先の森で野ざらしになっているとの話だ。4人は「死体を見つければ有名になれる」と思い死体探しの旅に出る事になる。
不良グループも後に車で死体を探しに行き、死体の現場でゴーディ達と鉢合わせるがこの時点では、ボスのエースの耳には入ってないので動いては居ない。この不良グループにはクリスとバーンの兄も存在しているのでグループ同士が会えば、少年達はいじめられたり、怯えたりしていた。死体現場で鉢合わせた二組。
果たして、死体をめぐった争いはどうなるのか…。ゴーディ達は死体を見つけて有名になれるのか…。

スタンドバイミー 懐かし【STAND BY ME TV版】 - YouTube

出典 youtu.be
まさに少年時代!あの頃は、ひたすら共感する気持ちで胸がいっぱいでしたが、今見るとまた違った感情が沸いてきますね。もう二度と戻れない、あの頃に対する郷愁感がじんわり広がってきます。

ベン・E・キングが歌う同名主題歌も、この映画のヒットによりリバイバル・ヒットしましたね。ノスタルジックな雰囲気が映画とピッタリです。

Stand By Me • Ben E. King - YouTube

出典 youtu.be
リヴァー・フェニックスは、リーダー格のクリス役を演じました。憂いを帯びた表情や存在感のある演技で、人々にその印象を濃く残したのでした。

リヴァー・フェニックスとは

リヴァーの本名はリヴァー・ジュード・ボトム。父のジョンと母のアーリンは共に60年代末に大流行したフラワーチルドレンで、各地のヒッピー・コミューンを渡り歩いている途中に、オレゴン州マドラスの農場でリヴァーを産みました。1970年8月23日誕生。リヴァーという名はヘルマン・ヘッセの小説「シッダールタ」に登場する”命の河”から、ミドルネームはビートルズの曲から名付けられたと言われています。両親は共に既成の価値観にNOを唱え、家族や仕事も捨てて放浪生活を選んだアウトサイダー。その生き方は彼の人生にも大きな影響を与えていきます。
両親が宗教団体「神の子供たち」(現在のファミリー・インターナショナル)の活動家だったことで、幼少の頃は南アメリカの各地を転々とする生活で、5歳のときにはベネズエラのカラカスで妹とともに舞台に立って歌うなどということもあった。
 (1560046)

出典 i0.wp.com
1977年に帰国し、カリフォルニア州のロサンゼルスに移る。灰から甦るフェニックスのように、自分たちの新しい人生への再生の意味を込め、家族で本姓自体をフェニックス(Phoenix)に改めた。
貧しい家庭に育ち、妹と共に、路上でパフォーマンスをして生活費を稼いでいた。『スタンド・バイ・ミー』で有名になってから、フェニックス家は車を買うことができたという。
幼少期は特異な環境で育ったようです。そのことで彼は悩み、あの哀愁あふれる雰囲気を漂わせることになったのかもしれません。

主な出演作品は

モスキート・コースト

モスキート・コースト

モスキート・コースト

長男役を演じたリバー・フェニックス

長男役を演じたリバー・フェニックス

1986年制作のアメリカ映画。文明を捨て、自然の中で生きようとする独裁的な男の生き方を描いた作品。
リヴァーは長男役を演じ、ハリソン・フォードと親子役を演じたことも話題となりました。
当時16歳ですか...!イケメンですね!
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ジャック・ニコルソンが映画復帰か、「ありがとう、トニ・エルドマン」リメイク版に主演!

ジャック・ニコルソンが映画復帰か、「ありがとう、トニ・エルドマン」リメイク版に主演!

引退説が浮上していた名優ジャック・ニコルソンが、ドイツ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」のハリウッド・リメイク版に主演することが明らかになった。ニコルソンの映画復帰か、期待が高まる。
red | 780 view
ガブリエル・アンウォーのタンゴが艶やかな映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』

ガブリエル・アンウォーのタンゴが艶やかな映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』

日本で1993年に公開された映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』。盲目の元軍人を演じたアル・パチーノは、まったく瞳を動かさない演技を行い、自身唯一のアカデミー主演男優賞を受賞している。ガブリエル・アンウォーとのタンゴも名シーンとされている。
ひで語録 | 6,301 view
映画『カリートの道』 元麻薬王が新たな人生を画策するも悪の道から抜け出せず、死す!

映画『カリートの道』 元麻薬王が新たな人生を画策するも悪の道から抜け出せず、死す!

1993年に公開されたアメリカ映画『カリートの道』。本作で『スカーフェイス』以来、10年ぶりにコンビを組んだ監督ブライアン・デ・パルマと主演アル・パチーノ。”元麻薬王”を演じたアル・パチーノは、焦燥感と希望がまみれた圧巻の演技を見せてくれた。
ひで語録 | 1,809 view
リヴァー・フェニックス主演「旅立ちの時(Running On Empty)」(1988年)とリヴァー・フェニックスの生涯。

リヴァー・フェニックス主演「旅立ちの時(Running On Empty)」(1988年)とリヴァー・フェニックスの生涯。

映画「スタンド・バイ・ミー」で脚光を浴びた名優リヴァー・フェニックス。なかでも「旅立ちの時」は成長した彼の演技が堪能出来る作品でした。映画「旅立ちの時」と、若くして亡くなった才能あふれるハリウッドスター、リヴァーフェニックスを振り返ります。
青春の握り拳 | 16,973 view
罪を被せた犯人を捜すために警察の追い手から逃げる!アクション映画『逃亡者』

罪を被せた犯人を捜すために警察の追い手から逃げる!アクション映画『逃亡者』

アメリカで人気があったドラマ「逃亡者」をハリソン・フォード主演で映画化しました。逃走シーンはかなりの迫力があります。
星ゾラ | 1,339 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト