【虹色商品から見る世界とニッポン】出典:VOW5(1993年発行)
2018年1月13日 更新

【虹色商品から見る世界とニッポン】出典:VOW5(1993年発行)

1980年代前半に宝島社の雑誌にコーナーが登場し、そのあまりのバカバカしさが一部に受けて1987年8月にそのコーナーが独立して単行本となった「VOW」。今回は1993年に発行された「VOW5」のネタから、意外なアイテムを2つご紹介します。

499 view

今回は、こちらの書籍を参考にさせていただきました。

VOW5(バウファイブ)―続まちのヘンなもの大カタログ 現代下世話大全 (宝島COLLECTION) | 宝島編集部 |本 | 通販 | Amazon

255(中古品のみですので価格変動、売り切れの場合あり。)
Amazonで宝島編集部のVOW5(バウファイブ)―続まちのヘンなもの大カタログ 現代下世話大全 (宝島COLLECTION)。アマゾンならポイント還元本が多数。宝島編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またVOW5(バウファイブ)―続まちのヘンなもの大カタログ 現代下世話大全 (宝島COLLECTION)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

今回は、「虹色商品特集」から2点ご紹介します。

「虹色商品」などという言葉はもともとありませんが、まるで空に虹がかかったのを偶然見るかのごとく、「おお!?」と思わせる商品宣伝のチラシのことだと思います。
インターネットのない時代、商品を知らせるのは「チラシ」が主でした。そのチラシに心を傾けるあまり「なんだこれ?」という商品もあまたあったのでしょう。
今回は、そのような魂のこもった「チラシ」などから2点ご紹介します。

ブルガリアヨーグルトで行くオーストラリア旅行??。

中身は完全なオーストラリア旅行なんですが・・・。

中身は完全なオーストラリア旅行なんですが・・・。

出典 宝島社発行「VOW5」55ページより引用。
「abロード」自体が懐かし過ぎます。
今でもあるんですかね。abロード。
オーストラリア旅行の広告で、明治乳業グループ(と思われる。)明治トラベルという会社が広告を出したのですが、写真はオーストラリアのものにすればいいものを、よりによって親会社(と思われる。)の明治乳業が出しているブルガリアヨーグルトの写真を載せるというハチャメチャぶり。
写真だけ見たらどう見てもブルガリア旅行です。オーストラリアとは何の関係もないどころか、あまりにも距離が離れている2国をまとめちゃったところが、よりおかしさを増します。
リクルートは、2006年9月発売号を最後に雑誌『エイビーロード』を休刊すると共に、1997年より運営していたウェブサイト『エイビーロードネット』を『エイビーロード』に名称変更し、一本化することになった。
確か全盛期はものすごいぶ厚さの雑誌だったのを覚えています。
200円だか300円だか忘れましたが、それくらいのお金で、海外旅行情報満載で、それだけで海外に行った気になれる雑誌でした。
エイビーロード別冊(ヤフーオークションより)。

エイビーロード別冊(ヤフーオークションより)。

こちらは特集だからなのか、定価980円と高いですが、情報が712件!!。
これはもう、見ているだけで心は常夏のビーチに行けますね。
ネットでは今必要な情報だけを見ることが出来ますが、検索したものだけしかネットは引っ掛かりません。
雑誌でペラペラめくって、「空想旅行」ができるという点では、雑誌にかなうものはないかもしれません。いい時代だったのかな・・・。

CMもあった。

1080P abロードで行ってきます。1987

1987年のCMのようです。バブルな感じがいいですね。
「エイビーロードで行って~来ま~す」というフレーズが、印象に残っています。

何気に「ブルガリアヨーグルト」もロングセラー商品ですね。

現在でも定番の商品、ブルガリアヨーグルト。

現在でも定番の商品、ブルガリアヨーグルト。

ついでに「明治ブルガリアヨーグルト」の歴史を調べてみました。

こちらのサイトによると、なんと1970年の大阪万博で、明治の社員さんが「ブルガリア館」で、出展されていた本場のヨーグルトを試食したことから始まったそうです。
そしてわずか1年後の1971年に、日本最初のプレーンヨーグルトとして「明治プレーンヨーグルト」という名前で発売。
そして、1973年にブルガリア国の許可を得て、「明治ブルガリアヨーグルト」と名称変更をして、現在に至るようです。
今や様々なプレーンヨーグルトがありますが、その元祖はなんと1971年だったんですね。
日本にプレーンヨーグルトが1970年までなかったということに驚きで、さらに明治ブルガリアヨーグルトが1973年から現在まで続いているというのも驚きました。

ニッポンと言えば剣道!・・・いや、???。

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【燃いぜ!!】熱き誤植の果て【VOW5から誤植ネタ】

【燃いぜ!!】熱き誤植の果て【VOW5から誤植ネタ】

1993年に発行された宝島社発行「VOW5」。ここには、「燃いぜ!」という、VOWファンには後世まで語り継がれている誤植をはじめ、ウキウキするようなネタがつまっています。そこからご紹介します。
ジバニャンLOVE | 2,650 view
街はゴルゴでいっぱい!縮みゆく赤鬼ルスカも登場【VOW7】1995年発行のネタより。

街はゴルゴでいっぱい!縮みゆく赤鬼ルスカも登場【VOW7】1995年発行のネタより。

巷にあふれる「誤植」などを詰め込んで紹介している、宝島社発行「VOW」。その中から今回は、1995年に発行された「VOW7」から、ご紹介します。
1996年【VOW PLUS!3】にみる芸能人広告!ワープロの資格広告で片桐はいりが四角を取ってハイリましょう!

1996年【VOW PLUS!3】にみる芸能人広告!ワープロの資格広告で片桐はいりが四角を取ってハイリましょう!

1996年に発行された、宝島社発行「VOW PLUS!3」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、1990年代に活躍しながらVOWネタにされてしまった有名人のネタをご紹介します。
イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

1995年に発行された、宝島社発行「VOW7」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、1990年代に活躍しながらVOWネタにされてしまった珍名さんたちをピックアップしてご紹介します。
【誤植の宝庫】柳ジョージなのか所ジョージなのかどっちのジョージだか分からないテレビ欄【VOW3より】

【誤植の宝庫】柳ジョージなのか所ジョージなのかどっちのジョージだか分からないテレビ欄【VOW3より】

1991年に発行された、宝島社発行「VOW3」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、懐かしそうなものをピックアップしてご紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト