街はゴルゴでいっぱい!縮みゆく赤鬼ルスカも登場【VOW7】1995年発行のネタより。
2018年1月20日 更新

街はゴルゴでいっぱい!縮みゆく赤鬼ルスカも登場【VOW7】1995年発行のネタより。

巷にあふれる「誤植」などを詰め込んで紹介している、宝島社発行「VOW」。その中から今回は、1995年に発行された「VOW7」から、ご紹介します。

690 view

今回は、こちらの書籍を参考にさせていただきました。

VOW7

VOW7

出典 宝島社発行「VOW7」表紙。

いきなり「新妻からの依頼」??。

新妻からの依頼??。

新妻からの依頼??。

出典 「VOW7」1ページより引用。
表紙を開くといきなり「祭りはやめること 新妻 いらい」という看板。
まったく意味がわかりません。
新潟県の駅のフェンスの外に掲げられています。
新潟 新妻 で調べてみましたが、見つかりませんでした。

街はゴルゴであふれていた!!。

ゴルゴ その1

「VOW7」22ページより引用。 (1966891)

出典 「VOW7」22ページより引用。
事務用品や家具をリフォームして販売している会社のようですが、なぜか看板がゴルゴ。
「VOW7」22ページより引用。 (1966894)

出典 「VOW7」22ページより引用。
ハードボイルドな事務用品屋さんですね!!。

ゴルゴ その2

「VOW7」23ページより引用。 (1966904)

出典 「VOW7」23ページより引用。
防犯のイメージキャラクターにゴルゴ。
銃ではなく手錠を持っているところがちょっと治安を守ってくれそうで安心。

ゴルゴ 3

「VOW7」23ページより引用。 (1966913)

出典 「VOW7」23ページより引用。
包帯の巻き方の説明のモデルとして登場してくれたのは、なんとゴルゴ!。
ニコリともせずキッと前をにらんだままモデルになってくれているところがたまりません。

縮みゆく赤鬼ルスカ。

ウィレム・ルスカ(Willem Ruska、1940年8月29日 - 2015年2月14日)は、オランダの柔道家、プロレスラー。アムステルダム生まれ。1972年ミュンヘンオリンピック柔道男子無差別級、重量級金メダリスト。オリンピック同一大会で2階級を制覇した唯一の柔道家。身長190cm、体重110kg。柔道現役時代からプロレス参戦の間のみならず、トレーニングを怠らなかったため、50歳代で再びリングに立った際にも往年の肉体を維持していた。典型的な北欧人(スカンジナビアン)形質で長身にうすいプラチナブロンド、透けるような白い肌で熱戦になると白人独特の赤い肌になったためにマスコミから“オランダの赤鬼”などと称されたが、これは日本国内だけである(鬼=a devilに肯定的ニュアンスはほぼないが、本人はアカオニという日本での通称を理解しており、後年には気に入っていたことを語っている)。ニックネームは "Wim" Ruska。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

1995年に発行された、宝島社発行「VOW7」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、1990年代に活躍しながらVOWネタにされてしまった珍名さんたちをピックアップしてご紹介します。
すべての歌に懺悔なし!!りえちゃんもたまったもんじゃない【VOW7】より。

すべての歌に懺悔なし!!りえちゃんもたまったもんじゃない【VOW7】より。

1995年に発行された宝島社「VOW7」。VOWシリーズはもちろんどの巻も面白いのですが、この「VOW7」あたりまでは、それ以降に比べてさらにパンチの効いたVOWネタが豊富です。桑田佳祐のメッセージソングも被害にあっています。
ジバニャンLOVE | 1,959 view
名だたる有名歌手もコテンパンに【VOW7の有名人誤植シリーズ】

名だたる有名歌手もコテンパンに【VOW7の有名人誤植シリーズ】

1995年に発行された、宝島社発行「VOW7」。この号の特徴は、有名人に関する新聞記事などに祭られた誤植が多く掲載されていることが挙げられます。「VOW7」からご紹介します。
ジバニャンLOVE | 4,966 view
【虹色商品から見る世界とニッポン】出典:VOW5(1993年発行)

【虹色商品から見る世界とニッポン】出典:VOW5(1993年発行)

1980年代前半に宝島社の雑誌にコーナーが登場し、そのあまりのバカバカしさが一部に受けて1987年8月にそのコーナーが独立して単行本となった「VOW」。今回は1993年に発行された「VOW5」のネタから、意外なアイテムを2つご紹介します。
1996年【VOW PLUS!3】にみる芸能人広告!ワープロの資格広告で片桐はいりが四角を取ってハイリましょう!

1996年【VOW PLUS!3】にみる芸能人広告!ワープロの資格広告で片桐はいりが四角を取ってハイリましょう!

1996年に発行された、宝島社発行「VOW PLUS!3」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、1990年代に活躍しながらVOWネタにされてしまった有名人のネタをご紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト