強姦事件を起こした事を本人は知らない!?24人の人格があるビリーミリガンの人生とは?
2021年12月2日 更新

強姦事件を起こした事を本人は知らない!?24人の人格があるビリーミリガンの人生とは?

1977年のアメリカ。オハイオ州立大学のキャンパス内で、3人の女性に対する強姦や強盗の容疑で逮捕されたビリー・ミリガン(以降ビリー)に接見した弁護士は、驚きの告白を受けます。基本人格であるビリーは眠っていて、表面に出ているのは他の人格だという物でした。ビリーには基本人格を含めて24人の人格があり、強姦事件を起こしたのも別の人格だったのです。今回はビリーミリガンの生い立ちや人生についてご紹介します。

564 view

24人のビリー・ミリガン

24人のビリー・ミリガン〔新版〕 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) | ダニエル・キイス, 堀内 静子 |本 | 通販 | Amazon (2319960)

元々の人格のビリーは、実父が自殺した後、母親が再婚した義父から虐待(性的虐待を含む)を受けて育ちました。
その虐待は縄で吊るされるなどの激しい暴力から、肛門への挿入までを含むレイプにまで及んでいます。
日常的に義父から虐待を受けていたビリーは、次々に人格が分裂していきました。
あまりの辛さに心が耐えられず、自己逃避をしたのではないかと推測されます。
別人格が表面化している間のビリーは意識がありません。
空白の時間に記憶のない事が起こったとすれば、とても怖い事ですよね。
ビリーはそんな苦しみから逃れようと、17歳の時にビルの屋上から投身自殺をしようとしました。
そして自殺直前のビリーを別人格(レイゲン)が止めて、以降ビリーは眠らされる事になります。

ビリー・ミリガンの人格紹介

友達の陰 - No: 22352429|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2319967)

ビリーの分裂した人格をご紹介します。

主要人格と人格の中のリーダー的存在

ビリー・ミリガン / ウィリアム・スタンリー・ミリガン Billy Milligan / William Stanley Milligan 26歳 男
:核となる主人格。
茶色の髪で青い目。身長6フィート、体重190ポンド。
他の人格の存在を知らない。
知らぬ間に時が経っている事に苦しめられ、それを苦に飛び降り自殺を図った。
だが(レイゲンが止めたため)生きていることにより精神不安定に陥る。
捕まった後に監獄で手違いにより何度か現れた際には自殺未遂を引き起こしている。
他人格達からは口々に「ビリーは目覚めたら自殺するから起こしてはいけない」と言われている。
義父が原因で極度の男性恐怖症(レイゲンにより発覚、見ることすら出来ないほどに恐怖心を抱いている)。
医師などを見ると「父さんに殺されちゃうよ!」と錯乱してしまう。
統合人格 Teacher(後述)によれば、ビリー自身も生まれた人格の一つ。
虐待された記憶の管理者であるらしい。
Teacher 誕生後は「ビリーU」(分裂したビリー)と呼ばれることになる。

アーサー Arthur 22歳 男
:上流階級のイギリス人。本人によると金縁眼鏡をかけている。
他の人格たち全員の存在を最初に発見した人格。
合理主義者で感情の起伏が薄い。
両手の指先同士を合わせる癖があり、流暢なアラビア語を読み書きできる。
独学で物理学と化学を学び、医学書を研究している。
人当たりが良く知識もあるが、自らスポットに立とうとはしない。
徹底的な保守派で自分を資本主義者だとみなしているが、無神論者と公言している。
危険の無い場所では彼が人格たちのリーダーとなる。
知的な話しぶりと真似して話せる物ではない上流階級イギリス訛りによって半信半疑であった判事らに解離性同一症者であることを確信させた重要な人物の一人。
かなり頭脳明晰ではあるが、IQテストを「失礼だ」と拒否している。
レイゲン・ヴァダスコヴィニチ Ragen Vadascovinich 23歳 男
:憎悪の管理者。
彼の名前は "Rage Again" (再度の憎悪)からとられた。ユーゴスラヴィア人。
本人によると、たくましい腕を持ち、髪は黒、垂れさがった口ひげを生やしている。体重210ポンド。
色覚異常であり、スケッチは白黒で行う。
ビリーが自殺しようとしたのを止めたのは彼である。
銃と弾薬の権威で、空手の達人、運動神経がズバ抜けてよく、途方もない怪力の持ち主でアドレナリンの分泌を操ることが可能。
アーサーと対をなす人格で、刑務所を含め危険な場所では彼が人格たちのリーダーとなる。
そのため街のならず者たちとの交流も深く、状況によっては暴力による解決を認めている。
スラブ訛りの強い英語を話す。
セルビア・クロアチア語を読み書き話すことが出来る。
共産主義者だがアーサー同様に無神論者。
他の人格たちの保護者的存在であり、一般に女性と子供を守る。

役割を持って表面に出てくる人格

義父の縄から抜け出すためや、辛い時に苦痛を引き受けるためなどで現れた人格で、必要な時に出てきます。
アレン Allen 18歳 男
:愛想が良い性格で、口先がうまく外部の人間との交渉を担当する。
本人によると身長はウィリアムと同じだが、体重は少ない(165ポンド)。髪を右側で分けている。
唯一煙草を吸い、右利き。
不可知論者で「この世で人生を最大限に楽しむ」という態度をとっている。
ドラムを叩いたり、肖像画を描く。
ビリーの母と親密。IQ120。
トミー Tommy 16歳 男
:喧嘩っ早い縄抜けの名人。
ビリーが義父から虐待を受け、縄で縛られた際に誕生した人格。
本人によると、髪はマディ・ブロンドで目はアンバー・ブラウン。
風景画を描き、電気の知識に長けている。
サキソフォンを吹く。
ダニー Danny 14歳 男
:いつも怯えている内気な少年。
本人によると、肩までの金髪に青い目で、小柄で痩せている。
義父から自分の墓を掘らされ、生き埋めにされた経験のせいで屋外を恐れている。
静物画が得意。
デイヴィッド David 8歳 男
:苦痛の管理者。
他の人格が受けた苦痛を負う役で何もわからずただ泣く。
他の人格から愛されている。IQ80。
きわめて過敏で知覚力が鋭いが、集中期間が短い。
アレンの書いた絵ではおかっぱ頭の幼い少年の姿。本人によると、暗赤色がかった茶色の髪、青い目。身体は小さい。
クリスティーン Christene 3歳 女
:イギリス人の少女。
肩までの金髪、青い目をしているらしい。
隅の子供。由来は学校で隅に立たされるので、そう呼ばれるようになった。
失読症だが読むことも活字体で書くこともできる。
ビリーの中で最初に誕生した人格(実父がビリーの目の前で自殺未遂をした際に誕生)。
花や 蝶の絵を描いて色を塗るのを好む。
クリストファー Christopher 13歳 男
:クリスティーンの兄。
髪はクリステンに似た茶色っぽい金髪だが、前髪は 彼のほうが短い。
従順だが不安を抱えている。
コックニー訛りがある。
ハーモニカを吹く。
アダラナ Adalana 19歳 女
:孤独で内向的。
本人によると、長い黒髪が筋になって垂れている。
眼振があり、茶色の目がときどき左右に動くので「踊る目」を持っていると言われる。
レズビアン。詩を書く。
花屋でアルバイトをした事がある。
強姦事件に関与したため後にスポットを追われる。
他人格をスポットから外す力があるという。
他の人格のために家事を行っている。

好ましくない物としてアーサーに隔離された人格

フィル / フィリップ Phil / Philip 20歳 男
:乱暴者。
本人によると、縮れた茶色の髪、はしばみ色の目、鉤鼻。
強いブルックリン訛りで俗悪な言葉を話す。
犯罪を犯している(強姦事件の張本人)。
彼が「フィル」と名乗ったと被害者が報告したために、警察やメディアに知られている10人以外の人格が存在しているという手がかりとなった。
ケヴィン Kevin 20歳 男
立案者。
本人によると、金髪にグリーンの目。
犯罪を好む男。素人臭い犯罪者。書くのが好き。
薬局強盗事件を起こし逮捕され、刑務所に服役する。
その後強盗事件の張本人となる。
ウォルター Walter 22歳 男
:オーストラリア人。
本人によると口ひげを生やしている。
生まれながらの大型獣の猟師と思っている。
方向感覚が抜群で方向を知るために利用される事もある。
エイプリル April 19歳 女
:あばずれ。
本人によると黒髪、茶色の目。
ボストン訛りがある。
縫い物をして、家事に協力する。
義父に対する復讐心が凶暴性のレベルで強い。
他の人格は彼女を異常だと思っている。
サミュエル Samuel 18歳 男
:彷徨えるユダヤ人。
本人によると、黒い縮れ毛で顎ひげを生やし、目は茶色。
正統派ユダヤ教徒。
全人格で唯一の神を信じる人格。
彫刻家で、木を彫る。
マーク Mark 16歳 男
:働き者だが自主性がない。
他の人格に命令されなければ何もしない。
何もすることがなければ、壁を見つめている。
ときどき「ゾンビ」と呼ばれている。
スティーヴ Steve 21歳 男
:極端に自己中心的。
つねに人をかつぐ。
人々の真似をして喋る。
常に人を嘲る。
上記から嘲笑的な物真似をするためにまわりの者の怒りを招き、他の人格たちにしばしば迷惑をかける。
多重人格という診断を断じて受け入れない。
リー Lee 20歳 男
:悪ふざけを好む。
本人によると、褐色の髪ではしばみ色の目。
コメディアンで道化師。
上記から彼の悪ふざけのために、刑務所や最重警備病院で喧嘩が起こり、他の人格たちが独房に入れられた事がある。
人生にも自分の行動の結果にも関心を持たない。
ジェイスン(ジェイソン) Jason 13歳 男
:“安全弁”。
ヒステリックに反応し癇癪を起こすためにしばしば罰を与えられる。
不快な記憶を引き受ける役。
上記から他の人格たちは不愉快な出来事を忘れ、結果としてその記憶を喪失する。
ボビー / ロバート Bobby / Robert 17歳 男
:夢想家。
自信が無く現実的な行動力に欠けている。
世の中をよりよい場所にしようと夢見ているが、野心も知的関心もない。
ショーン Shawn 4歳 男
:耳が不自由。
知恵遅れとみなされることが多い。
頭の中のバイブレーションを感じようと蜂に似た音を出す。
ビリーの中で2番目に誕生した人格(ビリーが幼い頃に花瓶を落として割ってしまい、母に叱られそうになった際に誕生)。
マーティン Martin 19歳 男
:自慢屋で気取り屋で見栄っ張り。
本人によると、金髪に灰色の目。
俗者のニューヨークっ子。
努力しないでいろいろなものを欲しがる
ティモシー / ティミー Timothy / Timmy 15歳 男
花屋につとめた。だがゲイの店長に関係を迫られ心を閉ざしてしまった。

治療によって統合した人格

教師 Teacher 26歳 男
裁判で無罪が確定した後、アセンズ精神衛生センターの治療によって誕生した統合人格。
聡明で、感受性が強く、すばらしいユーモアがある人物で「わたしはひとつに統合されたビリーです」と言い、ほかの人格たちを「わたしがつくったアンドロイド」と呼ぶ。
統合前の全人格の記憶をほぼ完全に覚えている。
しかし、周囲・マスコミに追い込まれる中で安定して Teacher が意識を支配するには長い年月がかかった。解放後のビリーである。
注意すべきは「統合」と言っても教師が他の人格を制御できるようになっただけで他の人格と完全に融合したわけではない。
アセンズ精神衛生センターでTeacherが実体化する以前は、脳内の精霊のような存在としてアーサーに知識を与えたり、レイゲンにアドレナリンを制御する方法などを教えていた。
ちなみに彼の出現と協力によって、本書の執筆が可能になった。

事件は好ましくない人格によって起きた

誰もいない道 - No: 22031938|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2319979)

強姦事件を起こしたのは、アダラナというレズビアンの人格と、フィル(フィリップ)という人格です。
ビリーの中には人格が混在していて、スポットという場所に立った人格が表面意識を持つのでした。
比較的安全な場所ではアーサーがスポットを管理し、刑務所など安全でない場所の時には、強く他の人格の保護者でもあるレイゲンがスポットに就く管理をしています。
でもケビンによる薬局強盗事件で1年半の服役を終え出所して以降は、混乱し人格の管理が出来なくなってしまっていて、好ましくない人物も現れてしまったのでした。
そんな時に、3件の強姦強盗事件を起こしてしまいます。
まずキャンパスで現れたアダラナが女性を誘い、次に入れ替わったフィル(フィリップ)が女性を強姦してしまったのでした。
その後以前にも強盗事件を起こしたケビンが現れて、女性を銀行に連れて行き小切手を現金化して奪うと言う手口でで続けて3件も起こしてしまったのです。

演技では出来ない、科学では説明のつかない人格の証明

実話 - 人格によってIQや訛りまで変わる多重人格者の真実とは | ビリー・ミリガン: 24の人格を持つ男 | Netflix Japan

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

震撼!人食い殺人鬼・アルバート・フィッシュの生い立ちと被害者家族に送った手紙がヤバイ!

震撼!人食い殺人鬼・アルバート・フィッシュの生い立ちと被害者家族に送った手紙がヤバイ!

アルバート・フィッシュの言葉“I like children, they are tasty.”(子供が好きなのさ、彼らはうまかったよ)。人食い連続殺人鬼アルバート・フィッシュのヤバイ事実をまとめます。生い立ち・性癖、そして被害者家族に送った手紙の内容に驚愕します!
あおい@ | 839 view
シリアルキラー!ヘンリー・リー・ルーカスを虐待し続けた母親との関係が驚愕で最悪の真相

シリアルキラー!ヘンリー・リー・ルーカスを虐待し続けた母親との関係が驚愕で最悪の真相

アメリカを震撼させたシリアルキラーの一人のヘンリー・リー・ルーカスが犯行に及んだとされる期間は1960年~1983年。長きにわたり繰り返された殺人。この殺人鬼が生まれた背景に毒親の存在がありました。ここではシリアルキラー、ヘンリー・リー・ルーカスと母親・ヴィオラとの関係に注目しまとめていきます。
あおい@ | 659 view
身近すぎて恐ろしすぎる、毒入りコーラ事件の全貌

身近すぎて恐ろしすぎる、毒入りコーラ事件の全貌

青酸コーラ無差別殺人事件(一般的には毒入りコーラ事件と呼ばれています)は、1977年1月に起こった凶悪事件です。東京都港区の公衆電話ボックスなどに置かれていた青酸入りコーラを飲んだ高校生ら2人が死亡、その後も1か月半近くに渡って、同類の事件が続きました。結果的に事件は解決しないまま時効となりました。
五百井飛鳥 | 2,417 view
全米を震撼させた「チャールズ・マンソン」事件の2つの悲劇とカルト集団の実態の真相

全米を震撼させた「チャールズ・マンソン」事件の2つの悲劇とカルト集団の実態の真相

チャールズ・マンソン事件はアメリカの有名監督の妻で女優が妊娠中に殺害され、アメリカ中がその残虐さに言葉を失ったことでも有名な事件です。カルト集団が首領のチャールズ・マンソンに洗脳され、殺人集団と化してしまった真相をまとめていきます。そして彼の死で動いたミュージシャンとは?
あおい@ | 891 view
米・シリアルキラーのゾディアック事件の暗号文が51年越しに解読されたと再び注目

米・シリアルキラーのゾディアック事件の暗号文が51年越しに解読されたと再び注目

アメリカで1960年代に実際に起こった連続殺人事件「ゾディアック事件」。亀梨和也さん主演・日本テレビのドラマ「レッドアイズ監視捜査班」でその事件が登場して話題になりましたが、2020年には暗号文が解読されたことで話題になりました。ここではシリアルキラーの「ゾディアック事件」についてまとめていきます。
あおい@ | 2,326 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト