『美少女AV女優』の歩み(総勢45名)秋元ともみ・小林ひとみ・かわいさとみ・美穂由紀・白石ひとみ・伊藤真紀・星野ひかる・朝岡実嶺ほか
2016年11月18日 更新

『美少女AV女優』の歩み(総勢45名)秋元ともみ・小林ひとみ・かわいさとみ・美穂由紀・白石ひとみ・伊藤真紀・星野ひかる・朝岡実嶺ほか

ビニ本の女王で初代のAV単体女優の『竹下ゆかり』や「渡瀬ミク」から始まり、小林ひとみ、美穂由紀、斉藤唯、白石ひとみや伊藤真紀、朝岡実嶺など昭和のトップクラスの美少女AV女優を中心に総勢40名以上の正統派の美少女AV女優の歴史を振り返っていきましょう。

843,567 view

『竹下ゆかり』(1984年・宇宙企画) 初代の単体女優。初めてテレビ出演した伝説のAV女優でもある。

竹下ゆかり 初代の単体女優。初めてテレビ出演したAV女...

竹下ゆかり 初代の単体女優。初めてテレビ出演したAV女優でもある。

18歳の時、沖縄から上京し歌舞伎町のファッションヘルス店で働き始める。VIP 制作の『ビデオスキャンダル 1 個室アイドル戦争・いかせてあげる』の1コーナーに歌舞伎町のファッションヘルス店『イル・エル』で、源氏名のエルザ嬢として出演し、次作『性風俗の桃尻娘たち ビデオスキャンダル2』で竹下ゆかりと改名、この撮影を担当したAV監督の高槻彰にスカウトされ、『私を女優にして下さい。「何でもやります。」』(宇宙企画)で本格的なデビューとなった。

後に映画、テレビにも進出、ビニ本、裏本も存在しており、とくに本人の本意ではない形で出演したビニ本では多大な人気を誇った。また、初めてテレビ出演したAV女優でもある。

AVというメディアが社会に浸透し始めた時期に、2万本を超える大セールスを記録した『ミス本番 裕美子19歳』を制作した宇宙企画が次にヒットさせた作品が『私を女優にして下さい。「何でもやります。」』であり、アダルトビデオがモデルの可愛さ、清潔感を売りにする分野を確立をした初代の単体女優である。
「三択の女王」といえば「竹下景子」!「ビニ本の女王」と...

「三択の女王」といえば「竹下景子」!「ビニ本の女王」といえば「竹下ゆかり」!昭和の常識ですね。

竹下ゆかりは『私を女優にして下さい。「何でもやります。...

竹下ゆかりは『私を女優にして下さい。「何でもやります。」』(宇宙企画)で本格的なデビューとなった。

竹下ゆかりのテレビ出演

ドラマ
毎度おさわがせします1(TBS、1985年1月8日~3月26日)第9回
毎度おさわがせします2(TBS、1985年12月10日~1986年3月25日)第2回
混浴露天風呂連続殺人 女子大生秘湯ツアー連続殺人!(テレビ朝日、1985年11月23日)
OL三人旅シリーズ1 湯けむり殺人事件(フジテレビ、1986年5月9日)

バラエティー
オールナイトフジ(フジテレビ、1983年~1991年)
おとなの子守唄(サンテレビジョン、1985年)テレビ第1期のアシスタント
ミッドナイトin六本木(テレビ朝日、1985年)
竹下ゆかりはアダルトビデオがモデルの可愛さ、清潔感を売...

竹下ゆかりはアダルトビデオがモデルの可愛さ、清潔感を売りにする分野を確立をした初代の単体女優である。

AV専門誌、『オレンジ通信』(東京三世社)の1985年度認定モデルの読者人気投票で1位、同じくAV専門誌、『Vide pal』(東京三世社)の1985年度ベスト・ビデオ・ギャルズの読者選考で1位、『VIDEO PRESS』(ダイアプレス)の、1985年度第5回ビデオクィーン大賞受賞。

竹下ゆかりは、当時、空前絶後な人気を誇った伝説のAV女優。

渡瀬ミク(1984年・サクセス) 根強い人気を持つ伝説の正統派美少女女優

渡瀬ミク(1984年・サクセス) 根強い人気を持つ伝説の女優

渡瀬ミク(1984年・サクセス) 根強い人気を持つ伝説の女優

アダルトビデオ出演以前に裏本のモデルをしていたことでも知られる。東京都出身。1983年、ホテトル嬢をしていたところをスカウトされて裏本に出演。

当時の裏本モデルの水準を超える愛らしい容貌とプロポーションを合わせ持ち、『イブの囁き』(1983年12月)、『マリア』(1984年2月)、『少女ケイト』(1984年6月)といった出演作はハードな描写もあいまって高い人気を集めた。

裏本の人気を受けて1984年9月に「マリア」名義でサクセスビデオからAVデビュー。同年11月には渡瀬ミクとして宇宙企画から本格デビューし、10本余りのAVに出演した。

また1985年にはにっかつの成人映画『普通の女の子 性愛日記』で主演を果たしている。1987年に引退したが、人気は根強く、2001年には宇宙企画時代の主要作がDVD化されている。
正統派美少女だから伝説になった。『マリア』(1984年...

正統派美少女だから伝説になった。『マリア』(1984年2月)、『少女ケイト』(1984年6月)

正統派美少女だから裏本の女王になった。『マリア』(19...

正統派美少女だから裏本の女王になった。『マリア』(1984年2月)、『少女ケイト』(1984年6月)

渡瀬ミク(1984年・サクセス) 正統派美少女なのに伝...

渡瀬ミク(1984年・サクセス) 正統派美少女なのに伝説の裏本女優でもある。

渡瀬ミク(1984年・サクセス) 根強い人気を持つ伝説の女優

渡瀬ミク(1984年・サクセス) 根強い人気を持つ伝説の女優

出典 erojii.net

滝川真子(1984年11月30日、宇宙企画) 数多くの男性雑誌にグラビアが掲載され、『TV海賊チャンネル』などのテレビ番組にも出演した

滝川真子(1984年11月30日、宇宙企画) 数多くの...

滝川真子(1984年11月30日、宇宙企画) 数多くの男性雑誌にグラビアが掲載され、『TV海賊チャンネル』などのテレビ番組にも出演した

1982年頃より「小川理恵」の芸名でグラビアを中心に活動、美保純の写真集『美保純と二人の女友達』(1983年、東京三世社)にゲストの一人として掲載される。

その後にっかつキャンペーンガール「おさそいシスターズ」に応募したのをきっかけに、1984年9月ににっかつロマンポルノ『痴漢保健室』でスクリーンデビュー、1980年代中期のにっかつを代表する女優の一人として活躍した。1984年11月には宇宙企画から美少女路線の『恥じらいグラフィティ』でAVデビューし、AVでも10本以上の作品に出演した。

当時の人気は非常に高く、数多くの男性雑誌にグラビアが掲載されたほか、『TV海賊チャンネル』などのテレビ番組にも出演した(1984年10月-1985年9月)。

1985年にはレコードも発売し、1987年には山本晋也監督の演出で浅草ロック座にも出演した。また裏本にも出ていた。
1988年2月に引退を宣言。映画・アダルト業界からも姿を消した。
滝川真子さんには、こっちでお世話になった人も多いでしょ...

滝川真子さんには、こっちでお世話になった人も多いでしょう(裏本)

滝川真子(1984年11月30日、宇宙企画)

滝川真子(1984年11月30日、宇宙企画)

滝川真子(1984年11月30日、宇宙企画)

滝川真子(1984年11月30日、宇宙企画)

秋元ともみ(1986年・宇宙企画)

秋元ともみ(1986年・宇宙企画)

秋元ともみ(1986年・宇宙企画)

北海道旭川市生まれ、東京都小平市を経て、千葉県松戸市で育つ。高校在学中の1985年、原宿でスカウトされ、ファッションモデルとして活動する。

1986年1月、全日本ビデオソフト協会主催による「ビデオクィーンコンテスト」で審査員特別賞を受賞し、同年4月に宇宙企画より『卒業します』でAVデビュー。

宇宙企画との間で当時のAV業界では異例だった専属契約を結び 、同時期に専属女優となった麻生澪、早川愛美とともに、同社がAVアイドル路線、いわゆる「宇宙少女」路線へと踏み出すきっかけを作った。

セーラー服3部作
デビュー作、2作目『青空に星いっぱい』、3作目『少女神話』の初期3作、通称『セーラー服3部作(卒業3部作)』では、いずれも宇宙少女路線を主導したさいとうまことが監督を務めた。

各作品はいずれもさいとうが思い描く『ちょっと悲しげな少女像』(さいとう)の演出に重点が置かれ、当時主流の「本番生撮り」路線とは一線を画したアイドル路線のビデオとして仕上げられた。
秋元ともみ(1986年・宇宙企画)

秋元ともみ(1986年・宇宙企画)

秋元ともみ(1986年・宇宙企画)

秋元ともみ(1986年・宇宙企画)

小林ひとみ(1986年・VIP) 伝説の正統派美人AV女優。

小林ひとみ(1986年・VIP) 「AV女優」という呼...

小林ひとみ(1986年・VIP) 「AV女優」という呼称が一般化したのは小林ひとみが出てからであるとも言われている。

1986年5月に、松本かおりの芸名で『ときめき・かおり19歳』というタイトルの写真集とイメージビデオを同時発売し芸能界デビュー。

さらに同月、芸名を小林ひとみに変えて、『禁じられた関係』でアダルトビデオにデビュー。(ビデオデビュー直前の時期に、群馬テレビでのアダルト系番組に出演した事もあり、番組内では上半身のヌードも披露した事もある。)

アダルトビデオをサブカルチャーの一ジャンルとして確立させた功労者であり、「AV女優」という呼称が一般化したのは小林ひとみが出てからであるとも言われている。

1989年に事務所社長と結婚し休業宣言し、1991年ストリップで復帰、浅草ロック座を皮切りに全国公演を行うなどしていた。アダルトビデオにも断続的に出演を続けていたが、1998年には本格復帰、年齢からくる容色の衰えはさほど見られず、熟女女優として人気を博した。

2003年12月、『小林ひとみ FINAL』(上下巻)を最後にアダルトビデオから引退宣言した[1]。同時期、『週刊ポスト』誌上で年齢を2つサバ読みしていて、1963年生まれと告白したが、公式プロフィールは変更されていない。

また、あくまでアダルトビデオを引退しただけで、裸のイメージ作品を発売したり、ドラマ「特命係長 只野仁」でベッドシーンを演ずるなどの活躍をした。
小林ひとみ(1986年・VIP)はアダルトビデオをサブ...

小林ひとみ(1986年・VIP)はアダルトビデオをサブカルチャーの一ジャンルとして確立させた功労者

小林ひとみ(1986年・VIP)

小林ひとみ(1986年・VIP)

小林ひとみ(1986年・VIP)

小林ひとみ(1986年・VIP)

高樹陽子(1986年・宇宙企画) アダルトビデオの創生期に数多く出演を果たした人気AV女優の1人。

高樹陽子(1986年・宇宙企画)

高樹陽子(1986年・宇宙企画)

1986年に『旅情』でAVデビュー。ロマンポルノの終焉期ににっかつロマンポルノの作品にも出演をした。またアダルトビデオの創生期に数多く出演を果たした人気AV女優の1人でもあった。1989年にアダルトビデオから引退している。またDVD化も動画化もあまりされていないAV女優の1人である。
高樹陽子は1986年に『旅情』でAVデビュー。

高樹陽子は1986年に『旅情』でAVデビュー。

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画) オリコンのビデオ部門のヒットチャートでAVとしては初めてトップ10にランクインした。

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)

1986年、「北原美穂」として『オトメクラブ』(白夜書房)7月号に水着グラビアが掲載され、9月号ではヌードを含む巻頭特集が組まれる。同年、「北原美枝」と改名し、写真集『花・図・鑑』が発売された。
1987年、『ベッピン』(英知出版)4月号で「かわいさとみ」として再デビュー。

同年9月には、宇宙企画から単体デビューAV『ぼくの太陽』が発売される。かわいさとみ唯一のカラミのシーンが収録された本作は、ソフトな内容にもかかわらず、16,000本という爆発的なセールスを記録し、オリコンのビデオ部門のヒットチャートでAVとしては初めてトップ10にランクインした。北原美枝時代に撮影されたAV『ブルーアイランドの風』も、デビュー作のヒットを受け、「かわいさとみ」名義で発売された。

以後はグラビアや、『オールナイトフジ』などテレビの深夜番組での活動が中心となり、宇宙企画から発売された2作目、3作目のビデオもヌードシーンが収録されるにとどまった。

また、モモコクラブ桃組の一員の「伊藤美穂」(1780番)として活動した時期もある。
かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)はグラビ...

かわいさとみ(1987年8月23日、宇宙企画)はグラビアでも抜群の人気を誇り、『オールナイトフジ』などテレビの深夜番組での活動が中心となる。

美穂由紀(1987年・クリスタル映像) 1980年代末を代表するAV女優で、AVアイドルとして絶大な人気を集めた。愛称は「(AV界の)ミポリン」。

美穂由紀(1987年・クリスタル映像) 1980年代末...

美穂由紀(1987年・クリスタル映像) 1980年代末を代表するAV女優で、AVアイドルとして絶大な人気を集めた。愛称は「(AV界の)ミポリン」。

中学生時代に『Lemon』(学習研究社)に読者モデルとして掲載されたことがある。また高校生時代には、映画『新宿純愛物語』ヒロイン役オーディションに応募、最終選考に残るなど、元々は女優指向が強かった。
1987年7月、『セーラー服の女ともだち』(「美樹由紀」名義、クリスタル映像)でAVデビュー。翌月、同時撮影の単体主演作『うしろ好きの私』(クリスタル映像)も発売。3作品に出演の後、一時AV業界から引退。AV活動後期からAV引退後は、一般のVシネマやビデオドラマ、映画に女優として出演していた。

1988年7月、写真集『南色の風』で業界復帰。
1991年8月、『解禁』(ステラ)でAVを完全引退。
美穂由紀は英知出版の『デラべっぴん』『Beppin』『...

美穂由紀は英知出版の『デラべっぴん』『Beppin』『ビデオボーイ』などの雑誌のグラビアモデルとしても人気があった。

美穂由紀(1987年・クリスタル映像) 1980年代末...

美穂由紀(1987年・クリスタル映像) 1980年代末を代表するAV女優で、AVアイドルとして絶大な人気を集めた。

ビデオが80年代に急速に普及するわけですよね。
美穂由紀(1987年・クリスタル映像) 1980年代末...

美穂由紀(1987年・クリスタル映像) 1980年代末を代表するAV女優で、AVアイドルとして絶大な人気を集めた。

学校の帰りに皆と一緒によく、『デラべっぴん』『Beppin』『ビデオボーイ』を立ち読みして、レンタルビデオ屋に行きましたね。
美穂由紀はデビュー当初、メディアでは中山美穂に似ている...

美穂由紀はデビュー当初、メディアでは中山美穂に似ているAV女優として扱われており、ファンも愛称として「ミポリン」と呼んでいて、この愛称が定着した。

斉藤唯(1987年・ビップ) 80年代後半を代表するアイドルAV女優の1人である。

215 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

ネットサービス「マシェバラ」と「実話ナックルズ」とのコラボレーション企画「実話ナックルズ神グラビアオーディション」が参加者を募集中です。今回のテーマは「神パーツ」。神パーツをお持ちの方は是非参戦を!
隣人速報 | 11,913 view
『芸能人AV』列伝(元アイドル・女優・グラドルを29名セレクト)

『芸能人AV』列伝(元アイドル・女優・グラドルを29名セレクト)

1970年代から現在までで、人気のアイドル・歌手・女優・グラビアアイドルからAV女優へ転身した芸能人を振り返ってみましょう。芸能人AVは非常に人気のあるジャンルになっております。世間に大きな衝撃を与えた転身劇が盛りだくさんです。
ガンモ | 608,160 view
【オレンジ通信】読者が選ぶAVアイドル受賞者の、エロいヌード画像でAVの歴史を振り返る。

【オレンジ通信】読者が選ぶAVアイドル受賞者の、エロいヌード画像でAVの歴史を振り返る。

フルーツ系雑誌の元祖『オレンジ通信』が読者投票で選ぶ『AVアイドルBEST 10』のNo.1受賞者を1985年~振り返ってみましょう。受賞者:「竹下ゆかり」「秋元ともみ」「立原友香」「斉藤唯」「樹まり子」「桜樹ルイ」「朝岡実嶺」「白石ひとみ」「憂木瞳」「氷高小夜」「北原梨奈」「麻生早苗」「矢沢ようこ」「若菜瀬奈」「森下くるみ」「聖さやか」「長瀬愛」「及川奈央」「春奈まい」「夏目ナナ」「南波杏」「紅音ほたる」「松野ゆい」
ヌードの巨匠・加納典明!加藤紗里の「アートヌード」を激写!

ヌードの巨匠・加納典明!加藤紗里の「アートヌード」を激写!

ヌード写真と言えば加納典明!今度は2016年にブレイクした加藤紗里を激写する。加藤紗里初の写真集『加藤紗里×加納典明 加藤紗里写真集』を6月20日に発売。エロい写真が堪能できそうだ。加納のこれまでの仕事も振り返る。
星野ひかるが忘れられない!美少女AV女優を画像でもう一度!

星野ひかるが忘れられない!美少女AV女優を画像でもう一度!

AV史上最も愛された美少女アイドルとして語り継がれている「星野ひかる」。アイドル並みのルックスと未発達な感じの残るプロポーションで、当時のAV女優の中ではまさに別格でした。デビュー作から全ての作品が爆発的に売れまくった彼女の軌跡を画像とともに振り返ります。
鼻から牛乳 | 192,073 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト