シリーズ過激度NO.1「女囚さそり・けもの部屋」
2017年1月25日 更新

シリーズ過激度NO.1「女囚さそり・けもの部屋」

大人気シリーズ「女囚さそり」の第3弾「女囚さそり・けもの部屋」は、1973年に公開されました。今回の「けもの部屋」は、冒頭からもうショッキングシーンの連続です。過激さでいえばシリーズ最高です。過激ではありますが、さそりの笑顔や涙が観られる筆者のお気に入り作品でもあります。殺された女の恨みも背負い、さそりが静かに復讐していく「けもの部屋」を懐かしく振り返ります。

33,430 view

映画「女囚さそり・けもの部屋」とは?

キャッチコピー「さそりは死んだ…だが!そんな噂を打ち消...

キャッチコピー「さそりは死んだ…だが!そんな噂を打ち消すように恨み女の殺しの牙が、また一人、地獄へ送った」

『女囚さそり/けもの部屋』(じょしゅうさそり/けものべや)は、1973年(昭和48年)7月29日公開の日本映画である。東映製作。女囚さそりシリーズの第三作目である。
手首に腕をぶら下げたまま逃走!今回も衝撃シーンから始ま...

手首に腕をぶら下げたまま逃走!今回も衝撃シーンから始まります!

ナミの手首にぶら下がっているのは大きいストラップでも、クラッチバックでもありません!人の腕です!
出典 けん
「けもの部屋」は、大人気シリーズになった「女囚さそり」の第3弾です。
全作観ていますが、「けもの部屋」は過激度ナンバーワン!過激さ以外にももちろん見どころはたくさんありますが、シリーズ1、2と極端にセリフが少ない主人公・松島ナミでしたが、今回は結構喋り、泣いたり笑ったりもします。表情豊かまではいきませんが・・・。

おさらい!「女囚さそり」

シリーズ1作目のタイトルは「女囚701号さそり」

シリーズ1作目のタイトルは「女囚701号さそり」

恋人に裏切られた挙句、冤罪によって収監された女囚701号こと「松島ナミ(さそり)」を主人公とした映画シリーズ。収監された刑務所内での看守や女囚による陰惨な私刑(リンチ)や陵辱、刑事による暴力に超人的な精神力と忍耐力で耐え、「怨み」を蓄積していき、最終的には自分を陥れた男達へと復讐を遂げる、といったストーリー。さそりを陥れる男達は刑事や代議士、看守など権力に属する者がほとんどであり、その内容から暴力、陵辱、嫌がらせなど、凄惨かつショッキングなシーンが多い。
伊藤俊也が監督となって製作された第1作から第3作までの3作品は、ガラス張りの床下からのショット、回転する室内セットによる場面転換、暗転などの画面構成が特徴となっている。

★梶芽衣子主演のオリジナル版「女囚さそり」は第4シリーズまで

「女囚さそり 701号怨み節」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT (1782940)

女囚701号/さそり(1972年8月25日公開)
監督:伊藤俊也
女囚さそり 第41雑居房(1972年12月30日公開)
監督:伊藤俊也 
女囚さそり けもの部屋(1973年7月29日公開)
監督:伊藤俊也 
女囚さそり 701号怨み節(1973年12月29日公開)
監督:長谷部安春
ちなみに2代目ナミは多岐川由美でした

ちなみに2代目ナミは多岐川由美でした

★原作は篠原とおるの人気コミック

 (1782924)

★主人公の「さそり」こと松島ナミ

漫画のナミ!めちゃくちゃクールビューティー♡

漫画のナミ!めちゃくちゃクールビューティー♡

主演の梶芽衣子もステキです♡

主演の梶芽衣子もステキです♡

主題歌は梶芽衣子が歌う「恨み節」

「怨み節」 梶芽衣子

79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【女囚さそり・第41雑居房】梶芽衣子の目力と白石加代子の狂女っぷりから目が離せない!

【女囚さそり・第41雑居房】梶芽衣子の目力と白石加代子の狂女っぷりから目が離せない!

「女囚さそり第41雑居房」は「女囚さそり」シリーズ第2弾として1972年に公開されました。「女囚さそりシリーズ」の特徴は残酷・残虐で、女囚が乱暴され、「いいの?」と戸惑うくらいキャストがバンバン死んで行きます。そして何より主役のさそりが喋らない映画でした。このシリーズ第2弾である「第41雑居房」ではなんと二言しか喋りません。しかしなんの違和感もありません。さそりは目で、行動ですべて決着をつけるのです。筆者個人的にシリーズ最強!の「女囚さそり第41雑居房」を懐かしく振り返ります。
けん | 26,372 view
誰もが恐れた「ノストラダムスの大予言」を通して、20世紀のオカルトブームを振り返る

誰もが恐れた「ノストラダムスの大予言」を通して、20世紀のオカルトブームを振り返る

1999年7の月に恐怖の大王がやってくる。 ミドルエッジ世代の皆さんは、この有名なノストラダムスの予言を恐れていた方も多いのではないでしょうか。 今回は、世紀末を賑わせた終末論・オカルトブームについて振り返ります。
1972~1973年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1972~1973年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1972~1973年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 1,850 view
誰もが同棲に憧れたという1972年。きっかけは勿論「同棲時代」。由美かおるの初ヌードは必見です!

誰もが同棲に憧れたという1972年。きっかけは勿論「同棲時代」。由美かおるの初ヌードは必見です!

1972年から73年にかけて大ブームとなった同棲。きっかけは漫画の「同棲時代」でした。輪をかけたのが梶芽衣子と沢田研二によるテレビドラマ化。更に由美かおるの初ヌードでも知られる映画化。どれもこれも美しすぎです!
obladioblada | 4,066 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト