2巻作家の誕生と昇華 〜漫画「ふぁいてぃんぐスイーパー」
2016年3月16日 更新

2巻作家の誕生と昇華 〜漫画「ふぁいてぃんぐスイーパー」

85年に週刊少年サンデーに連載された、中津賢也の初連載「ふぁいてぃんぐスイーパー」。同作は中津氏にとってたいへん大きな作品になったと思われます。一緒に振り返ってみましょう^^

1,968 view
 (1597830)

「ふぁいてぃんぐスイーパー」第1巻の表紙

新人中津賢也のデビュー、連載デビュー作

中津賢也は82年に「小学館新人コミック大賞」の第11回にて少年部門入選を果たしました。その後、84年に週刊少年サンデー(41、42号)に前後編読み切り「にゅうたあHERO」が掲載されデビュー、そして、翌85年の連載漫画デビューが今作「ふぁいてぃんぐスイーパー」です。実は82年に入選となった作品も「ふぁいてぃんぐ清掃人」。同作は中津氏の公になった初作品であり、初の連載作品でもあるわけです。

新人中津氏の「成長」

手塚(治虫)のような「神様」でもそうでしたが、連載、とくに週刊連載ともなれば連載開始のときの画柄は連載が進むに連れ熟れて変化していくのが常です。まして「新人」中津氏の場合、85年12号から30号までと13週の連載でしたが、かなり劇的に画の調子が変わったと見られます。
一部連載開始時と終盤の画柄両方を挙げながら、登場人物とおハナシをご紹介していきます。

登場人物とストーリー

主人公、総司と ヒロイン香奈

wada y (1603487)

左:高内総司
どんな難問でも人物でも“掃除”してしまう、私設拝天狗清掃局のエース「ふぁいてぃんぐスイーパー(闘う掃除人)」。
高内総司(=校内掃除)なんてネーミングセンスが当時を偲ばせますねえ、、さいきん一周廻ってこういうセンスもアリになってます?f^^;
箒などの一見掃除用具が、銃だったりワイヤー銃だったり三節棍だったり爆弾だったり、武器にも使えたりする。
また、人物の排除など以外に、同局は本当の掃除も引き受けるよう。
超人的な強さと体力を誇るが(まあそもそもギャグ漫画なので鉄骨が落ちてきても死ななかったりするのだが、、^^;)、
掃除の方もきちんとしたプロの技術を持っているらしい。
出典 wada y
wada y (1603502)

上の同じ人物(第1話)が、最終回前になると、このようにすっかり違う画柄に、、^^;

第1話、総司は、私立大乱高等学校の校長教頭から不良グループの総番、北沢香奈の“そうじ”を依頼されます。
出典 wada y
wada y (1603507)

北沢香奈

(実は女性には手を挙げないという)総司は、気が進まぬと“掃除”にかからないで油を売っていると、逆に香奈の手下に倒されてしまいます。香奈らのアジトで目を覚まし、彼女と初めて顔を合わす総司。
そこに人質を取って香奈に一人で出向くように指示した、香奈らグループを狙う近隣男子校グループからの呼び出し状が。
総司は香奈を寝過ごさせ、代わりに出向いて一人で相手グループを倒してリーダーを捕まえます。
駆けつけて、このリーダーを簡単に倒した香奈は、総司と対決。しかし敗れてしまいます。
寝姿の写真もカタにして、香奈をふぁいてぃんぐスイーパーの仲間にする総司。
まんざらでもない香奈とお熱いことなラストシーンで第1話は終わります。
出典 wada y
wada y (1603526)

香奈も終盤ではこのように、、またずいぶん違いますね^^;

拝天狗清掃局に加わった香奈ですが、総司以外にも局にはふぁいてぃんぐスイーパーたち(同僚)がいます。
出典 wada y

拝天狗清掃局の面々

wada y (1603537)

上:阿久田亜摘
 見かけによらず剛腕。空手八段

右:滝野奉基
 「ふだんはどうということのないやつだが」、、そのハナシで一話あるので、後ほど^^

その左:市川新太郎左衛門(じさま)
 歳の割にはめっぽう強い
出典 wada y
wada y (1603545)

ちなみに、彼らも終盤ではこんな感じに、、

そう、奉基は危険に陥ると狼男に変身するんですね^^;
出典 wada y
wada y (1603547)

、、すごい顔ですが^^;

拝天狗清掃局の局長(ボス)
すごい顔のほか、とくに作中詳細は出ません、、

人間離れしたキャラクターをなんに説明もなしにとうぜんのように放り込んでくるのも、
中津ギャグ漫画の特徴ですね^^;
出典 wada y
wada y (1603552)

高内一聖
総司の兄。総司を含めた皆と折りが合わず拝天狗清掃局を飛び出し、アッパレ清掃社というグループをつくって拝天狗の邪魔を図ったが、総司に敗れる。
総司曰く「女のことなら一聖が得意」という女好き。
出典 wada y
wada y (1603567)

内田隆
以前、問題を起こして長野支社に異動していた(とばされてた)が、東京本社に戻る。
高いところが好きで、つい登ってしまう。
本人曰く「なぜおまえは危険をおかしてまでビルにのぼるのかと問われれば、/私は「だって趣味なんだもーん」と答えるだろう。」

ご覧の通りのおっさんだが、亜摘は内田に秋波を送るが靡かない。
奉基はその亜摘に惚れていて、
実は当の内田は、、「おれが好きなのは総司一人だ!!」と、ややこしい相関図f^^;
出典 wada y
wada y (1604439)

、、と。
連載の回を重ねて画柄が熟れてきた、と紹介してきましたが、、

第1回の扉は、こんな感じの画柄なんですよねえ、、単行本化であとから描いた扉絵なのかなあ、、たんに中津氏はムラがあるだけなのか?^^;
出典 wada y

最終話

といった具合に順次新たな敵とともに、新キャラクターが登場したり、おハナシは進みますが、
最終話!
は、3週をかけたおハナシになっています。
子どものころ親同士で決めた結婚の約束のため、財閥の御曹司が香奈を誘拐します。
そこはさすがに最強総司、さくっと香奈を奪還しますが、全面抗争に発展。拝天狗の社屋も破壊されてしまいます。
まあ最後には自分らを轢き殺そうとする車を、総司が素手で力勝ち、ひっくり返して倒してしまいます。敵方が「き、きさま!!/人間か—っ!?」と叫ぶように、やりたいほうだいですなーf^^;
最後は負傷の総司を甲斐々々しく世話させられる香奈のお二人お熱いことで幕切れとなります。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 8,972 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,062 view
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト