日本最強マイラーはやはりこの馬!タイキシャトル
2016年11月25日 更新

日本最強マイラーはやはりこの馬!タイキシャトル

2016年はマイル戦線を無敗で駆け抜けたモーリスが年度代表馬に選ばれた。 日本競馬史上最強のマイラーは?という問いに対し、真っ先に思い浮かぶのが 1998年の年度代表馬、タイキシャトルである。 タイキシャトルを知らない若い世代はロードカナロアやモーリスを 短距離最強と思いがちだが、本当の最強はこのタイキシャトルである。

4,697 view
タイキシャトル

タイキシャトル

デヴィルズバッグを父に持つタイキシャトルは外国産馬として短距離を中心に活躍をした。
13戦11勝2着1回3着1回とほぼ完ぺきな成績を残しており
当時の短距離界では圧倒的な存在だった。

遅咲きのデビューと初黒星

タイキシャトルのデビューは3歳の4月と遅いデビューで
春の重賞競走には出走することすらもかわなかった。
それでもデビューから3連勝でオープン勝利。
しかしながら、4戦目の菩提樹ステークスで2着敗退。
この2着が歴史的敗戦になるとはまだ誰も気づかないのであった。
引退レースまで、世界で唯一タイキシャトルに勝った馬、テ...

引退レースまで、世界で唯一タイキシャトルに勝った馬、テンザンストーム

2階級制覇

秋になりタイキシャトルはユニコーンステークス、スワンステークスと
重賞を連勝する。そして挑んだG1レース、マイルチャンピオンシップを勝利し
続くスプリンターズステークスもあっさり勝利する。
マイル、スプリントのG1を連勝したのは、史上初であり
タイキシャトルは一気に短距離界の王者に昇りつめた。
タイキシャトル 97年マイルCS 世界への第一歩: TURF☆DUST (1613346)

レース結果詳細 → http://db.netkeiba.com/race/199706050611/ 《 チャンネルTOP 》https://www.youtube.com/channel/UCVJ0GzG4l9Y-ASu5OODyZww 《 再生リスト一覧 》https://www.youtube.com/c...

連勝街道は続く

4歳になったタイキシャトルは休み明け初戦、京王杯スプリングカップを
難なく勝利すると、迎えたG1安田記念、海外遠征を視野に入れているタイキシャトルに
とって、負けられない一戦でもあった。
当日は雨降る不良馬場の中、タイキシャトルは力強く抜け出し、勝利。
連勝を6に伸ばし、最高の形で海外遠征を行うのであった。
【最強ヒストリー】 タイキシャトル 第5話 | 【おウマの玉手箱】 | スポーツナビ+ (1613348)

1998年 6月14日(日) 3回東京8日 天候: 雨 馬場状態:不良 11R 第48回 安田記念 タイキシャトル 3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1600m 17頭立 1 タイキシャトル 2 オリエンタルエクスプレス 3 ヒロデクロス 4 ロイヤルスズカ 5 アライドフォーシズ 6 イシ...

歴史的勝利

夏場にフランスに遠征したタイキシャトルは、目標を
フランスのマイルG1ジャックルマロワ賞に照準を合わせる。
レース当日に今まで見せたことが無いようなイレコミを見せるものの
海外の馬場、直線コースを苦にすることなく、勝利。
一週前にシーキングザパールが海外G1を制覇しており
2週続けて日本馬が欧州のG1を制覇するという快挙を成し遂げた。

JRA顕彰馬「タイキシャトル」

圧勝、そしてまさかの敗戦

海外G1を制覇したタイキシャトルは海外を転戦するプランもあったが
帰国し、去年も制覇したマイルチャンピオンシップに出走し
5馬身差の大楽勝を演じる。このレースがタイキシャトルは本当に強いと
思わせる1番のレースだろう。
しかしながら、引退レースとして出走したスプリンターズステークスは
3着と敗れ、連勝をストップするとともに初めて連も外してしまう結果となった。

1998年11月22日(日) 6回京都6日 第15回 マイルチャンピオンシップ(GI) サラ系4歳以上 1600m 芝・右 外 (国際)(指定) オープン 定量 天候:曇 芝:良 1番人気 9番タイキシャトル(岡部幸雄) 2番人気 4番シーキングザパール(河内洋) 3番人気 2番シンコウスプレンダ(横山典弘) レ...

1998年12月20日(日) 5回中山6日 第32回 スプリンターズステークス(GI) サラ系4歳以上 1200m 芝・右 外 (国際)(指定) オープン 定量 天候:晴 芝:良 1番人気 13番タイキシャトル(岡部幸雄) 2番人気 3番シーキングザパール(武豊) 3番人気 8番ワシントンカラー(柴田善臣) レー...

種牡馬として

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

クラシックの有力候補として常に人気を背負い続けてきた馬・メジロライアン。あと一歩というところでなかなかGIに手が届かない彼を応援するファンの数は同期のスターホース・メジロマックイーンより多かったかもしれません。今回はそんな記録よりも記憶に残る馬・メジロライアンをご紹介します。
concorde | 241 view
日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

騙馬とは、気性が荒く人間の言うことを聞かないため去勢手術をされた牡馬のことを言います。レガシーワールドもそんな騙馬の1頭です。彼もまた気性が荒く、騎手を振り落としてしまうほどヤンチャでした。しかし、騙馬になってその才能が一気に開花します。今回はそんな暴れん坊・レガシーワールドをご紹介します。
concorde | 264 view
3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

みなさんはオフサイドトラップという馬を覚えているでしょうか?8歳まで現役を続け、その間に3度の屈腱炎を克服し、不死鳥のようによみがえった馬でした。しかも8歳で重賞初勝利を挙げ、重賞連勝の勢いでGI・天皇賞(秋)まで制します。今回はそんな不屈の闘志を持ったGI馬・オフサイドトラップをご紹介します。
concorde | 245 view
秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ

秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ

1993年、クラシック戦線に突如現れたシンデレラガール。彼女は瞬く間に階段を駆け上がり頂点へと昇り詰めました。彼女の名はベガ。桜花賞とオークスを制し、牝馬クラシック2冠に輝いた名牝です。その競走生活はわずか1年半と短いものでしたが、競走馬としてだけでなく繁殖牝馬としてもそのポテンシャルは計り知れないものでした。今回はベガをご紹介します。
concorde | 304 view
遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラは6歳の秋、府中の杜で満開に咲き乱れました。同じトニービンを父に持つ同期のウイニングチケットほどのスター性はありませんでしたが、後方一気のその末脚に魅了された人は多かったのではないでしょうか。今回はそんなサクラチトセオーをご紹介します。
concorde | 142 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト